生理がこない場合の5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

生理がこない場合の5つの理由

seirigakonai-riyuu

毎月規則的にくる生理。25日~30日の周期が一般的と考えられています。

最近では 生理がこない、不順であるという若い女性が増えていると言われています。

もちろん数日遅れたり早くきたりすることもありますが、予定日よりも7日以上遅れる場合は何かしらの原因があると考えられています。

生理がこない場合の考えられる理由を紹介します。


生理がこない理由①:妊娠している

生理がこない場合、一番に思いつくのが妊娠ではないでしょうか。

妊娠すると高温期が長く続き、生理がとまります。

また、着床出血と呼ばれる生理ほどではないですが少量の出血がある場合もあります。

妊娠が考えられる場合は、市販の妊娠検査薬での検査をオススメします。今は生理予定日当日から利用できるものもありますよ。

妊娠ではない場合は以下の理由が考えられます。


生理がこない理由②:強いストレス

過度なストレスにさらされている場合は生理が遅れたり、止まったりすることもあります。

仕事や人間関係、恋愛など現代はストレスを抱えて生活している人が多いです。

排卵を調節している脳下垂体の部分は、自律神経の影響を受けやすいと言われています。ストレスは自律神経を乱すことがあり、強いストレスを受け続けると排卵の周期が乱れ生理の周期がバラバラになってしまうことがあります。

もし強いストレスを受け続けているような環境にいる場合は、どうにかストレスを発散できる場所を作ってみることが重要です。


生理がこない理由③:過度なダイエット・激しい運動

過度なダイエットや運動も生理がこない原因として考えられています。

適度なダイエットなら健康に良い効果がありますが、過度なダイエットを行うとホルモンバランスを崩す大きな原因となります。ホルモンバランスが崩れることによって自律神経も乱れてしまい生理がこないという症状につながることが考えられています。

また、激しい運動も身体に負荷やストレスをかけてしまい、排卵周期も狂いやすくなってしまいます。

程よい適度なダイエットや運動は美容や健康に良い効果がありますので、くれぐれもやりすぎには注意ですね。


生理がこない理由④:何か病気が隠れている

上記のことが当てはまらない場合、自分では?気づいていなくてもなにか大きな病気が隠れていることも考えられます。

婦人科系の病気である子宮内膜症・子宮筋腫・子宮頸がん。甲状腺系のバセドウ病や橋本病。その他に糖尿病や腎臓病など、生理が遅れたりこなくなったりする病気は様々あります。

また、飲んでいる薬の副作用で送れる可能性もあります。抗うつ薬や向精神薬を飲んでいる場合は注意してください。


生理がこない理由⑤:思春期や更年期の時期

生理がはじまって間もない場合や体が成熟していない思春期の場合は、まだ体の環境が整っていないことが考えられます。

また、50歳前後の更年期の場合もホルモンバランスが安定しておらず、生理の周期もバラバラになってしまうことがあります。

いずれの場合も他に体調が悪かったりしない場合は特に心配はいりません。


さいごに

いかがでしたか?生理がこない理由としても様々なことが考えられます。

大きな病気が隠れている場合もありますので、気になる方はすぐに産婦人科を受診してみてください。

生理不順をそのままほおっておくとホルモンバランスが崩れた状態が長く続くことになってしまいます。その結果、若年性更年期障害が起こったり、別の病気につながってしまうことも考えられています。

何もなければ安心できますし、病気がある場合は早期発見早期治療につながります。

普段の生活習慣を見直す良い機会にもなりますね。


まとめ

生理がこない場合の5つの理由
生理がこない理由①:妊娠している
生理がこない理由②:強いストレス
生理がこない理由③:過度なダイエット・激しい運動
生理がこない理由④:何か病気が隠れている
生理がこない理由⑤:思春期や更年期の時期
さいごに

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ