先進医療とは?生命保険で入っていないと困る!高額な治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

先進医療とは?生命保険で入っていないと困る!高額な治療

sennsinniryou

先進医療とは、厚生労働省(大臣)など、公的機関がある程度、効果があると認める治療方法です。

重粒子線、腹腔鏡手術早期子宮がん摘出消耗品術、多集点眼内レンズをいれる白内障の手術や再生細胞治療など、さまざまな種類がありまあす。

ガンに限った治療ではありませんがガン治療に注目をされています。


高額になる理由

先進医療は、高額になりがちです。今の医療は、物理学がリードし、治療器具も効果的になり、

例えば、癌治療。炭化イオン線(重粒子線)を利用し、癌を破滅させる施設ですが、

例えば、平成25年10月より稼働している最新鋭の施設を紹介しますと、九州国際重粒子がん治療センター(佐賀県鳥栖市)は、重粒子(炭化イオン)線ビーム放射砲でも80億円、施設全体で300億円以上の建設費となりました。

こんな所も必要な先進治療

先端医療器は、日本の技術の集合体ですが、実は、床にも秘密があります。床が強固であり、

絶対水平な』床を造作することが出来なければ、光線を(粒子)を放出することはできません。

この技術は、日本の左官職人しかできないとされています。

私たちが知らないところでも、高度最先端の技術が支えています。

まさか、床が出来なければ重粒子(炭化イオン)が放出できないとは、想像もできませんよね。

しかし、この技術がなければ、重粒子(炭化イオン)線を利用することは出来ません。

治療費は高額

今までは、先進治療は、大体300万円位じゃない?と言われていましたが、今回、治療費を九州国際重粒子がん治療センター(佐賀県鳥栖市)がホームページ上で目安を公開しています。

がん遺伝子治療12回投与で、2,911,600円+検査、診察料、固定器具費他。

高活性NK細胞治療法は、1,782,000円と公表+検査、診察料、固定器具費、宿泊費、交通費他になり、金額も高額になります。


将来的には

将来的には、サイバーナイで『うつ病』の治療を施術している(アメリカでは盛んにされている)先進治療など、価格も数十万円単位先進治療も増えてきます。

日進月歩進歩する医療と治療メカニック。全て、日本の得意分野です。ますます、進化して多様な先進医療が発展していきます。今後は、ノーベル賞受賞者の中山先生が考えたIPS細胞などの再生医療も進化して、臨床試験段階に一部が始まっています。

先進医療は、誰にためにあるか

300万円前後の先進治療。この金額を負担することは難しい問題であり、悩む方も多いのが現実です。しかし、この金額さえあれば、先進治療手術ができ、助かる命があるならばと考えると、受けてみたいとの思いも強くなります。

しかし、自己負担では、金銭的負担が出来ないなどの問題で、治療が受けらない場合は、家族や関係者に負担させてしまうケースがあり、患者は、精神的に大きな負担になります。

親族や関係者に、高額な金銭的負担を背負わせない為にも、先進医療療特約は、是非に、加入すべき特約ではないでしょうか。先進医療特約とは、自分の為だけでもなく、病人を支えてくれる家族、親族、関係者の想いの特約との考えもできます。

後悔しない為に

この先進治療特約は、自分のためだけではなく、残された家族や関係者にベストを尽くして治療を受けてもらいたいとの思いの特約でもあり、オプションです。

例えば、あの時、『金銭面で治療が出来なかった』との思いの悔いを、残こさないに。また、考えさせない為にも、高額な費用負担を回避する為にも先進医療特約は重要なオプションと考えられています。残された家族、親族、関係者にも、大きな精神的負担になります。

安心を得る為に高額な先進医を受けられる特約でありオプションです。


まとめ

先進医療とは?生命保険で入っていないと困る!高額な治療
高額になる理由
将来的には

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ