白湯の作り方と適切な温度は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

体を芯からほっこり温めてくれる「白湯」。近年はそのデトックス効果が注目を集めています。ですが、単にお湯を飲むだけでは、十分な効果を得ることはできません。ここでは白湯の正しい作り方や適切な 温度、飲み方などをご紹介したいと思います。


白湯の作り方と適切な温度は?

白湯とは

「白湯」とは、水を沸騰させてお湯にしたもののことです。一度沸騰させることで、水の中に含まれるカルキなどの不純物が取り除かれるため、口当たりが柔らかくなり、体にも優しくなります。

昔から、新生児や体が弱っている人には、水よりも白湯を飲ませた方が良いとされています。また、漢方薬などを飲む際にも、白湯と一緒に飲むことが推奨されています。

「水を沸騰させるだけなら簡単だ」と思う人もいるかもしれませんが、十分な効果を得るためには、ただ沸騰させるだけでなく、正しい手順を踏む必要があります。

正しい手順で作られた白湯にはデトックス効果があり、健康のために毎日飲んでいるという人も少なくありません。


白湯の効果

「白湯」の歴史は、インドの伝統的な医学「アーユルヴェーダ」に遡ります。

アーユルヴェーダでは、胃腸の働きを整えることが健康にとって最も重要であると考えられています。

適切な温度に作られた白湯を飲むことで、胃腸が温められ、その熱が全身に行き渡って老廃物の排出を促し、代謝が高められるとされています。

代謝が高められることによって期待できるのがダイエット効果です。

体が内側から温まることで新陳代謝が促され、むくみや便秘の解消に効果があると言われています。

また、白湯は口当たりが柔らかく水よりも飲みやすいため、前述のように、新生児や体が弱っている人にも最適な飲み物とされています。

ちなみに、新生児に与える場合は、白湯ではなく「湯冷まし」と呼ばれることが多いようです。

日頃から胃腸の不調を感じやすい人にも、白湯はおすすめです。

アーユルヴェーダの考え方にもあるように、白湯は胃腸を温める効果があるため、体の冷えからくる胃痛や下痢などを起こしやすい人にとっても、良い影響が期待できます。


白湯の作り方

「白湯」=「ただのお湯」という考え方の人の中には、コップにいれた水を電子レンジで温めたり、ポットのお湯をそのまま飲んだり……という人も少なくありません。

しかし、高いデトックス効果や健康効果を得たいと思うのであれば、白湯の起源であるアーユルヴェーダ式に、正しい手順を踏んで作ることをお勧めします。

アーユルヴェーダ式の白湯、と聞くと「難しいのでは」と思われるかもしれませんが、実際はとても簡単です。

まず、キレイなやかんに水を入れてふたを閉め、強火で熱します。

その際には、換気扇も回しておきましょう。やかんの中が沸騰したら、ふたを取って湯気が上がるようにします。

ぶくぶくと大きな泡が立つくらいの火加減に調整してください。

この状態で10~15分間お湯を沸かし続けます。

その後、適切な温度に冷ませばアーユルヴェーダ式・白湯の完成です。

普通にお湯を沸かすのに比べれば、少し手間と時間がかかりますが、慣れてしまえば簡単です。

このように正しい手順を踏んで白湯を作ることで、高いデトックス効果や健康効果を得ることができるのです。


白湯の適切な温度

「白湯」の適切な温度は50度ぐらいと言われています。

これは、マグカップに白湯を入れて、カップの表面が少し熱いと感じる程度の温度です。

この温度より高すぎても低すぎても、体にとっては負担となってしまいます。

充分な効果を得るためにも、体に取り入れやすいとされる50度前後を守るようにしましょう。

カップを触っただけでは温度が良く分からないという人には、料理用の温度計をお勧めします。

温度計を使えば正確な温度を測ることができるので、より簡単に、そして確実に、白湯を適切な温度まで冷ますことが可能です。


白湯の飲み方

1日に飲む「白湯」の量は、700~800mlが良いとされています。

これ以上の量を飲んでしまうと、かえってむくみの原因になってしまうので注意が必要です。

まずは、朝起きたらすぐに100~200ml程度の白湯を飲みます。

タイミングとしては、朝食やドリンク類を摂る前が良いとされています。

残りの白湯は、昼と夜に分けて飲みます。昼食前と昼食後に100mlずつ、夕食前と夕食後に100mlずつ、小分けにして飲む方法がお勧めです。

1度の量は少なめに抑え、1日をかけて少しずつ飲むことで、体の内側が絶えず温められ続け、高い効果を得ることができるとされています。

また、白湯を飲む時は一気に飲み干してしまうのではなく、10分ほど時間をかけて、ちびちびと飲むようにしましょう。

一気に飲んでしまうと、逆に胃腸に負担がかかってしまう場合もあるので、気をつけていただければと思います。

さまざまな健康効果が期待できる「白湯」。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存