簡単に作れる白湯にはなぜデトックス効果があるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

sayu

水を沸騰させて約50℃にまで冷ましたものを「湯冷まし」と言います。

本来「白湯」とは沸かした湯のことですが、湯冷ましのことを白湯という人もいますから、現在では一般的に一度沸騰させて飲める程度まで冷ましたものを白湯ということが多いようです。


簡単に作れる白湯にはなぜデトックス効果があるのか

白湯にはなぜデトックス効果があるのか

沸騰させることで不純物がなくなり、水道水のカルキ臭も抜けるので口当たりが良くなります。

温かい湯は冷たい水に比べて体に優しく、胃腸の働きを高めるので新陳代謝が活発になり、肌荒れや便秘の予防になります。

内側から体を温めるので基礎代謝が上がり、冷え性の改善にも役立ちます。

交感神経の緊張を緩め、リラックス効果もあります。

インドの伝統医療であるアーユルヴェーダでは白湯を消化不良の改善に用いていました。

中国では風邪に対する民間療法として大量に白湯を飲む方法が知られています。

また、空腹時に飲めば食欲を抑えられる上にノンカロリーなのでダイエットにも利用できます。

今まで飲んでいたジュースや砂糖入りのコーヒーや紅茶を白湯に変えるだけで大幅なカロリーダウンになります。

カロリーがなくて温かい飲み物である点が、白湯がダイエットやデトックスに効果があると言われる所以です。

温かい飲み物は尿として排泄されやすい上、腸の動きを活性化させるので老廃物を体外への排出しやすくなります。

体を内側から温めることで、基礎代謝を高め、新陳代謝を活発にすることから、白湯は体に良いと信じられてきました。

白湯自体に薬効成分があるわけではありません。


白湯の作り方

sayu

白湯は水道水を沸騰させれば作ることができます。

鍋は水分の蒸発が多いので、ヤカンが最適です。

勢いよく蒸気が上がったら火を弱め、そのまま15分間沸騰させます。

自然に冷まして50℃になれば出来上がりです。

急ぐときは薬缶を水に浸けて冷まします。コップに白湯を注ぐと約10℃温度が下がります。

体を温めるのが目的の一つですから、35℃以下にならないように気を付けます。

昔は衛生面に問題があったので免疫力の落ちている病人や赤ちゃんには湯冷ましを与えましたが、水道水は塩素で殺菌されていますので細菌の心配はありません。

しかし、有機化学物質による水質汚染の結果、使用される塩素の量が増え、汚染物質と反応して有害物質を生成してしまいます。

その一つが発がん性のあるトリハロメタンです。

水道水に含まれるトリハロメタンは、沸騰後10分間は水に残ったままです

トリハロメタンの揮発は水が沸騰し始めて10分以上経ってから始まります。

沸騰した水は水蒸気の蒸発でトリハロメタンの濃度は増しています。

光熱費がもったいないからと、直ぐに火を止めてしまいがちですが、トリハロメタンの除去を目指すなら水は必ず15分以上沸騰させるようにします。

日本の水道水は基準値が厳しく設けられているのでほとんど心配はありませんが、水道水にはトリハロメタンの他にも有害物質が含まれている場合があります。

中には沸点が高く、沸騰させても除去できないものもあります。

それらが含まれている場合は、沸騰させることでかえって濃度を上げてしまう事になります。

水道水で白湯を作る場合は浄水器を通した方が安心です。

同じことが電子レンジで白湯を作る場合にも言えます。

白湯は沸騰させた湯を冷ましたものですから、ただ水を温めただけでは不純物の除去は出来ません。必ず沸騰するまで加熱します。

しかし、レンジで沸騰状態を10分以上維持することは難しいのでやはりヤカンで沸かすことをおすすめします。

ミネラルウォーターなら温めるだけで大丈夫です。

むしろ加熱のし過ぎはせっかくのミネラルを損なうことになります。

日本のミネラルウォーターは加熱殺菌が義務付けられているので湯冷ましにしてもそれほど影響はありませんが、外国産のミネラルウォーターは非加熱ですから、湯冷ましにしてしまうとミネラルバランスが崩れます。

デトックス効果を考えるなら、外国産のミネラルウォーターは常温で飲むのが効果的です。


白湯の飲み方

sayuwonomu

朝起きてすぐ一杯の白湯を飲むことで体が目覚め、排便を促します。

夜の間に空になった胃に優しい刺激を与え、食欲を起こさせます。

日中は飲みたい時に飲みます。入浴前に飲むと代謝が高まります。

夜寝る前に飲むと体が温まって安眠効果が期待できます。

人間は一日に体重1kgあたり0.04Lの水を必要とします。

体重50kgなら2Lです。一日のトータルで1Lほど、必要量の半分を白湯で摂るようにするといいでしょう。

純水、超純水という言葉を聞いたことはありませんか?

水を沸騰させて出た蒸気を集めた蒸留水のことで、半導体などの化学工業に欠かせないものですが、酸素を始め、ミネラル成分もほとんど含まれていまないため、飲むと呼吸困難を起こす場合があります。

人間が絶食状態にあった場合、純水1.8Lで致死量に達します

白湯はこれに近いもので、必要な水分を白湯だけで賄うのはあまりよくありません。

また、ダイエット効果を期待するなら、冷水を体温にまで上げるためにカロリーが使われるので、白湯より22℃程度の水の方がよいという説もあります。


まとめ

簡単に作れる白湯にはなぜデトックス効果があるのか
白湯にはなぜデトックス効果があるのか
白湯の作り方
白湯の飲み方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ