産後母乳で痩せない方へ!痩せた母乳ダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

産後母乳で痩せない方へ!痩せた母乳ダイエット

flower-child

産後は母乳ダイエット が最強!妊娠中に増加していた体重は出産直後は数キロ減りますが、ふくらんだお腹の周りなどはしばらくは戻らないもの。

急激に体形を戻そうと頑張るのではなく、赤ちゃんに母乳を与えながらダイエットする母乳ダイエットが一番体にも優しいですよ。

やり方は簡単!母乳をあげるだけ。

でも、コツがありますので、その部分をまとめたいと思います。


母乳で育てると、ダイエットにもなるって本当?

産後母乳で赤ちゃんを育てると、痩せるというのはよく聞きます。

一方、授乳期間中は食欲が止まらないとも聞きますよね。

たくさん食べちゃうのに痩せる?ってそれって一体どういうこと?と大きな疑問を抱えちゃいます。

なぜ母乳がダイエットになるのかというと、母乳育児を続けると、1日に800キロカロリーから1000キロカロリーを消費するからなんです。

1000キロってかなりすごいですよ!成人女性の摂取カロリーは、体形にもよりますが、1450~1740kcalだと言われています。

それを考えると、毎日1000キロカロリーを消費するって!ちなみに、このカロリー、1時間以上ジョギングしたのと同じになるそうです。

動かないのに、これだけのカロリーを消費するなら、しっかりと痩せそうです。


母乳育児で痩せないのってなぜ?

授乳をしているのに、痩せない…って人もいます。

まずは、チェック。

完全母乳で育てていますか?

ミルクもあげている場合は、赤ちゃんはミルクでお腹いっぱいになりますので、あんまり母乳を飲んでいないという可能性があります。

また、母乳は、ある程度落ち着いて来たら、赤ちゃんが欲しがるだけ出てくるようになります。

産後間もなくは、母乳を飲ませないと張ったり詰まったりしますし、出がいい時には、次から次に母乳があふれて来て服にシミができてくるなんてこともありますよね。

しかし、そのうち間隔があいても大丈夫になって、赤ちゃんが欲しがる分だけでてくるような状態になるんです。

その頃になると、授乳しているとはいっても、ダイエットになるくらいの授乳ではなくなります。

ここで、油断して「今までたくさん食べても太らなかったから…」と産後すぐのように食べ過ぎていたら、ダイエットどころかカロリーオーバーで逆に太ってしまいますよ。


母乳の質に気を付けよう

母乳でやせるとはいっても肝心な母乳の質が悪ければ、赤ちゃんの飲みが悪くなって飲まなくなったり、母乳自体があまり作られないせいでカロリー消費につながらない恐れがあります。

質のいい母乳を出せるように気を付けたいですね。

そのためには、まず食事に気を付けることです。

脂っこいものは避け、野菜や海藻類を積極的に摂りましょう。

特に、産後すぐの母乳は、赤ちゃんの大切な生命線。必要な栄養をしっかりと送り届けるために、ママの食事内容には十分に気を付けてもらいたいと思います。

産後すぐに無理してダイエットしようとすると、栄養が偏って逆効果になります。デリケートな時期に無理なダイエットをしないようにしましょう。


まとめ

それでも、食事制限などのダイエットをしたい!と思う人は、量を減らして栄養をしっかり摂る小鉢ダイエットなんかがおすすめです。

小鉢ダイエットとはどんなものかというと、作るのはちょっと大変ですが、小鉢でたくさんのおかずを少しずつ、しかもゆっくりと噛んで食べるというものです。

当然、主菜よりも副菜が多くなりますし、母乳を出すための栄養も取りやすくなります。おかずをたくさん作るのが大変であれば、スーパーの総菜を小分けにしたものを冷凍するなどして、手を抜けるところはちゃんと手を抜いちゃいましょう。

母乳育児中は自分で思っているよりも体力が奪われています。あんまり無理せずゆっくりした気持ちでいてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ