産後のお腹をケアする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠中大きくなっていたお腹は、出産すると小さくなるのは当たり前なのですが、伸びた皮膚はそう簡単に元通りにはなりません。

だからといって、あせって何か無理なことをするのではなく、ゆっくりと 産後のお腹 をケアしていきませんか。

その方法について、考えてみました。


スポンサーリンク

産後のお腹をケアする方法

まずは骨盤ケアを

出産後は骨盤が大きく開くことによって骨盤の位置も下がっています。

それによって内臓も下がると、よりお腹周りがたるんでしまいます。

出産によってたるんだお腹、とりあえずお腹から引き締めたいと思いがちですが、まず大切なのは、産後ゆるんだ不安定な骨盤を元通りに戻すことです。

いきなりお腹をへこませようと考えるのは違っています。

そのために、産後すぐ、専用の産後ニッパーや骨盤矯正ベルトを使用して、骨盤周りから引き締めていきます。

そうしたことで、姿勢もよくなり、徐々にですが、お腹まわりも戻っていくのです。


保湿をしっかりと

お腹周りのたるんだ皮膚は、保湿クリームなどを使ってケアしましょう。黒ずみケアや、マッサージ効果もあります。

皮膚の黒ずみは、妊娠中の女性ホルモンの影響で出来てしまうことがありますが、時間の経過とともに消えていくとされていますので、あまり神経質になる必要もありませんが、心配ならしみやそばかすをケアするのと同じように化粧品で対処できます。

たるんだ皮膚には、引き締めクリームなども売られていますので、それを活用してみるのも良いでしょう。


産後ヨガ

産後1ヵ月を過ぎたら、簡単なエクササイズを始めましょう。ヨガなども効果があります。腹式呼吸を意識して、簡単なストレッチから始めると良いでしょう。

授乳中も背中を丸めていると、お腹まわりに肉がつきやすくなるので、あぐらをかいて背筋を伸ばし、ヒップをきゅっと引き締めるよう意識をするだけでもだいぶ違います。

まずは無理をしないところから始めて、慣れてきたら軽い腹筋運動などを取り入れていくと良いでしょう。

腹筋運動を行う際には、必ず両膝を立てて行うことをお勧めします。産後に限らず、膝を伸ばした状態で行うと無理な力がかかるなど負担が大きくなり、効率的に腹筋を鍛えることができないため、注意しましょう。


食事内容を意識する

お腹まわりが気になるから、と無理な食事制限は禁物です。

食事制限によって十分な栄養が得られないと、産後の回復が遅くなるし、ママにとってもストレスになってしまいます。

食事は、高たんぱく低カロリーのものが望ましいですが、特に母乳を与えるママは、栄養バランスも意識して食事内容を考えましょう。


まとめ

以上、いくつか方法をご紹介しましたが、全てを完璧にこなすことは難しいと思うので、自分に合う方法を選んで1つから実践してみてください。

私の場合は、まずは産後入院中から、産後専用の骨盤サポーター(骨盤ベルト)を着用し、産後1ヵ月は続けて着用していました。

産後は、赤ちゃんのお世話に時間が取られるため、クリームなどでケアするのはたまにでしたが、徐々にたるみお腹は元に戻っていきました。

産後ダイエットは、産後半年までが一番元に戻りやすいので効果的と言われていますが、普通にバランスを意識した食事をして、赤ちゃんのお世話や母乳など与えていたら通常は元に戻るものだと思います。

あくまでも個人の意見ですが、無理のないスタイルで産後のお腹のケアをしていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存