産後の悪露ってなに!?こんな悪露が出ていたら危険信号?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

こんにちは^^

出産を経験するまで「悪露」というものを知らない方も多いのではないでしょうか。

産後 悪露 っていったい何なの?

いつまで続くの?

正しいケア方法は?

産後の悪露の量が多い気がする・塊が出てくるけど?

など、いろいろな疑問にお答えいたします!

私のように全く知らなかった方も、より深く知識をつけたい方にも両方からためになる情報を発信します♪


産後の悪露ってなに!?こんな悪露が出ていたら危険信号?

そもそも「悪露」ってなに!?

産後に起こる悪露とは、出産を経験した影響で産道が傷つき分泌物が剥がれ落ちた胎盤や子宮内膜が混じって出血することを指します。

簡単に言ってしまえば、生理みたいなものですね!

悪露も時間とともに徐々に減ってきて、いつかは無くなります。


悪露はいつまで続くものなの!?

本当に人それぞれ違うので一概には言えませんが、一般的には産後直後から1週間程度続くと言われています。

赤い血液から、茶色っぽくなり、最後は黄色いおりものに似た感じになり自然と無くなります。

1ヶ月間を経て徐々に減っていくので、1ヶ月検診が目安となり問題なければ大丈夫ですよ♪

1ヶ月はあくまでも目安の期間なので、1ヶ月経っても終わらないと悩む必要はありません!

中には1ヶ月以上出血が続く方もいらっしゃいます。


悪露のケア方法

悪露は血独特の鉄の匂いがしたり、生臭い匂いがしたりと通常の生理とは少し違う匂いがします。

産後直後の悪露は大量に出ることがあるので、産褥パットをすることをおすすめします。

退院する頃には生理用ナプキンでも補える量になっていますので、どちらを使っても大丈夫です!

こまめにナプキンを変えたり、シャワーを浴びる、ウォシュレットを使用するなどして清潔を保ちましょう。

細菌が入りやすい期間なので、トイレットペーパーでゴシゴシなどはやめましょう!!

傷口もありますので、気をつけてくださいね。


悪露で注意すべきこととは!?

なかなか血が止まらないという場合には、子宮内で胎盤が残っており、それが子宮内に付着し炎症を起こし、熱を出す場合があります。

子宮内を綺麗に掃除する手術を行ったり、最悪の場合子宮を摘出するなんてこともあるので注意しましょう!

また、時間が経っても子宮の痛みが治らない・鮮血が続く場合・血液の量が多いことが続く場合にも注意が必要です。

もしかすると、感染症を引き起こしていたり、子宮復古不全になっている場合もあるので医師に相談しましょう!


帝王切開での悪露の場合は!?

お腹を縫う前に残った分泌物を取るので、経膣分娩に比べて悪露の量は少ないと言われています。

帝王切開の場合は子宮口の開きが少ないため、経膣分娩よりも悪露が長引きがちです。

長くても2ヶ月ぐらいなので、気にしてみましょう♪


まとめ

いかがでしたでしょうか?

悪露は、産後の子宮を復活させるのにとても必要なものです。

生理と同じでナプキンを変えたり・蒸れなどうっとうしいと思いがちですが、悪露が正常に出ているのであれば体も子宮内も順調に回復している証拠なので頑張って乗り切りましょう♪

悪露が出ている時は、適度な休憩・運動、リラックスすることが大切なので、育児で時間がないかもしれませんが子供が寝ているあいだだけでもゆっくり体を休めましょう。

上記にご紹介した期間はあくまでも目安なので、気に取られないでくださいね!

あまりにも悪露の様子がおかしい場合には、すぐに医師に相談することが大切ですよ。

悪露が終わってしまえば、いつもどおりの快適な生活が待っていますよ♪

産後で育児も家事も時間に追われているかと思いますが、素敵な育児ライフをお過ごしくださいね^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ