産後のお腹のたるみはどうすればいい!?あなたのお悩み解決します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

こんにちは^^

1歳4ヶ月の息子を育てている、ママです!

妊娠中にパンパンに大きくなったお腹。

出産後は赤ちゃんも胎盤も外に出るから元に戻るでしょ♪

と思っているあなた!

それは大きな勘違いですよ!!

産後 のママが多く悩まされている問題が「お腹のたるみ」なのです。

そのまま放置しておくと、いつまで経っても元の体型に戻らないかも…

そうならないためにも、今回は産後のお腹のたるみについて「いつから」「どのようにすればいい」などご紹介いたします!

今からでも間に合いますので、ぜひ最後まで読んで参考までにしてください(^^)


産後の「お腹のたるみ」はいつからどうすればいいの!?あなたのお悩み解決します!!

産後のお腹のたるみは「いつから」始めるべき!?

ズバリ!

1〜6ヶ月の間に始めるのがベストだと言われています。

産後1ヶ月までは、悪露が出たり、帝王切開などで出産した場合には傷が癒えていないため痛みを感じる時期です。

通常分娩した場合にも、産後1ヶ月間は「産褥期」にあたりママの体を元の体に戻そうとしている期間と言えます。

ですので、体調不良の原因にもなりますし、何よりも体力が戻っていないのでこの時期のスタートはオススメしません。


産後のお腹のたるみは「どのように」したら良い!?

基本は「骨盤矯正」です!

産後6ヶ月までは骨盤がゆるい状態にあり、骨盤矯正を行なったりすることで骨盤を元の正しい位置に戻しやすくなり、引き締め効果も期待できます!

骨盤ベルトやガードルでしたら、産後1ヶ月の産褥期でも無理なく行えるのでとてもオススメです♪

ワコール Wacoal 産後ガードル (ロング丈) シェイプマミーガードル マタニティ 64 BL MGR378 産後1ヶ月頃~

産褥体操

どうしても産褥期から何か行いたいという方にオススメなのが「産褥体操」です。

寝ている体勢から腹式呼吸・胸式呼吸などを行なったり、足首を上下に動かす、お尻に力を入れてキュッと引き締めるなど「無理なく行える体操」となっております!

産褥期を終えだんだんと慣れてきたら、少しずつ負荷を与え腹筋などを意識してみるのもいいでしょう♪

骨盤体操その1

産後2ヶ月経ったら少し筋肉を使う体操を取り入れましょう!

  1. 仰向けに寝た状態で両腕を大きく広げます。膝を軽く曲げ両足をぴったりとくっつけます。
  2. この姿勢をキープしながら下半身だけを右側にゆっくりと倒す。
  3. 左側も同じく行う。

左右5回で1セットとします。

上半身を動かさないことがこの体操のポイントになります!

テレビを見ながら、赤ちゃんに添い寝中でもすぐにできるのでとってもオススメですよ♪

骨盤体操その2

1.両足を伸ばして座ります。右足を曲げて左膝の外側に置きます。

2.胸の前で両手を合わせます。ゆっくりと息を吐きながら上半身を右へとひねります。

3.その体勢をキープしつつ、腹式呼吸を5回おこなってから、ゆっくりと上半身を元に戻します。

4.左右を逆にして同じように行なう。

左右各3回で1セットとします。

「お腹のたるみをとる」「体の歪みを直す」といった2つの効果が期待できる体操なのでぜひ試して見てください!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

骨盤体操や産褥体操は道具やお金など必要ないし、空いた時間に簡単にできるのでとってもいいですね(^^)

たるんだお腹を見て最初はショックを受けると思います。

すぐにでも、痩せなくては!

と思って、ご飯を食べなかったり無理な運動をしてしまうと大切な赤ちゃんの育児にも影響が出てしまうので焦らず少しずつ痩せていくと思って始めてくださいね♪

私も育児が落ち着いて少し自分の時間が取れるようになってから始めましたが、全然間に合いましたよ^^

食事制限をしてしまうと体調不良や母乳育児に悪影響ですので本当に気を付けてくださいね♪

それでは、すてきな育児ライフを過ごせますようにお互いに頑張りましょう!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ