産後の夫婦生活はいつからOK?注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

sango-fuufuseikatu

出産という大仕事を無事に終えてひと息ついたのも束の間、夫婦の間にじわじわと忍び寄ってくるのが『産後の夫婦生活問題』です。

慣れない育児や体の不調で「夫婦生活どころではない」という妻と、「夫婦生活を再開したい」夫の間にすれ違いが生じ、酷い場合は離婚にまで発展する可能性もあるこの問題。

どんな対策を行えば良いのか、考えてみたいと思います。


スポンサーリンク

産後の夫婦生活はいつからOK? 注意点とは?

産後の体調回復には個人差がある

出産経験のある女性であればお分かりいただけるかと思いますが、産後の女性の体はとても不安定です。

まず、自然分娩であれ帝王切開であれ、出産によって母体はそれなりのダメージを受けます。体力の消耗や、分娩中の出血による貧血、ホルモンバランスの激変による不調……。

それに加えて、頻繁な授乳や慣れない赤ちゃんのお世話、夜も1時間ごとに起こされるような毎日と、出産からしばらくの間、ママは自分の顔も洗えないほど振り回されっぱなしの生活を強いられます。

一般的には、1ヵ月検診で何も異常がなければ、妊娠前と同様に夫婦生活を再開しても良いという許可が下りることが多いようです。

しかし、産後の体調回復には個人差があり、お産から1ヵ月経っても、元の体調に戻るにはまだ程遠い……という方も少なくありません。

また、分娩時に会陰が裂けてしまったり、切開を行ったりしている場合は、デリケートな部分が痛くて夫婦生活などとんでもない!というケースもあります。

それに加えて、前述のように、不慣れな育児に振り回されっ放しの新米ママにとっては、夫婦生活をする時間があるなら1分でも長く眠りたい……というのが正直なところのようです。

このように、産後、夫婦生活を再開するタイミングは人によってそれぞれのため、体調の回復や生活の落ち着き具合を見ながら、お互いにとってベストなタイミングを見極める必要があるといえます。


産後は妊娠しやすいって本当?

ところで、巷では『産後は妊娠しやすい』という噂があるようですが、この噂に医学的な根拠はありません。

たしかに、1人目を産んだ直後、すぐに2人目を妊娠する方がいるのは事実ですが、それはたまたまその方が妊娠しやすい状態だったというだけで、必ずしもすべての方が『産後=妊娠しやすい』わけではないようです。

むしろ、医学的に考えると、産後はプロラクチンの分泌によって排卵がストップするため、普通の状態よりも妊娠しづらいといえるでしょう。

プロラクチンは母乳を分泌するためのホルモンです。

授乳中は生理が止まる方が多いのは、このプロラクチンのせいです。

排卵がなければ生理も止まり、生理が止まれば妊娠することもありません。

ただし、一定期間生理がストップすることで、その間卵巣や子宮を休ませられ、結果的に卵巣機能や子宮機能が改善して生理再開後に妊娠しやすくなる、というケースはあるようです。

また、授乳中だからといって、絶対に妊娠しないというわけではないため、すぐに2人目を望まない場合はきちんと避妊をするようにしましょう。


産後の夫婦生活の注意点とは

産後の子宮や膣はデリケートな状態です。内部の状態が回復しきっていないと、夫婦生活によってばい菌が入り、子宮内膜炎や子宮頸管炎などの炎症を引き起こす危険性があります。

それらの炎症が2人目不妊の原因になってしまうケースもあるので注意が必要です。

また、産後は膣内に潤いや自浄作用をもたらすエストロゲンの分泌が減り、プロゲステロン優位となるため、夫婦生活の際に女性側が痛みを感じてしまう場合もあります。

そんな状況で無理やり夫婦生活を続けていると、炎症を起こすだけでなく、夫婦の関係にも亀裂が入ってしまいかねませんので、「まだ体調が回復していないな」と思った時は、夫婦生活の再会を先に延ばす等、互いに対して思いやりの気持ちを持つようにしたいですね。


まとめ

産後の夫婦生活はいつからOK? 注意点とは?
産後の体調回復には個人差がある
産後は妊娠しやすいって本当?
産後の夫婦生活の注意点とは

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存