産後の腹筋いつから大丈夫?ダイエットにオススメ産後腹筋とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

こんにちは^^

今回は、産後の腹筋についてご紹介いたします。

産後に体型が変わってしまった!

お腹がぽっこりしているから腹筋しないと!!

ダイエット始めないとー!!!

という方も多いのではないでしょうか?

実際に「腹筋」にはいろいろな効果が期待できるのでおすすめです☆

ですが「産後」ということを忘れないでくださいね?

産後は体がまだまだ本調子ではありません。いくら表面上が元気であっても、体の中・特に子宮や傷口などは完璧に治っているわけではないですよ!

では、どの期間からなら始めていいのでしょうか?

また、自然分娩と帝王切開の方ではどう違うのか?

方法や始める期間についてもご紹介いたします♪


産後の腹筋いつから大丈夫?ダイエットにもオススメな「産後腹筋」とは!?

産後の腹筋!期待できるメリットとは!?

  • ウエストのダイエット
  • 基礎代謝の上昇
  • 太りにくい体になる
  • 姿勢が良くなる
  • 腰痛・便秘予防
  • 内臓を守る働き

などが期待できる効果です!

今まで赤ちゃんが入っていたお腹は当然、赤ちゃんが生まれるとたるたるのお腹になってしまいますよね?

ダイエット効果はもちろんのこと、基礎代謝が上がることで太りにくい体にもなるので産後の腹筋はとってもおすすめです☆


産後の腹筋を始める期間について

皆さんそれぞれ出産の方法は違っていると思います。

自然分娩・帝王切開・高齢出産・難産…

それによっても始める期間は変わってきますので、確認しておきましょう!

自然分娩と難産

産後2ヶ月が目安となります。

産後1ヶ月というのは、体を休める期間になります。子宮の大きさが元に戻ろうと頑張る時期なので、この期間に腹筋を始めることはおすすめしません!

今後の体調にも影響が出てしまうので気をつけましょう。

帝王切開と高齢出産

帝王切開の場合は、傷口の関係から数日はお腹に力を入れることはできません。

産後2ヶ月はしっかりと安静にし体を休め、産後3ヶ月頃から腹筋を始めましょう!

高齢出産の場合は傷口など関係はありませんが、子宮の回復が遅れがちなので、やはり産後2ヶ月は体を休め3ヶ月頃から始めるのがおすすめです!

※産後につわりが復活した。なんてことがあった場合には、すぐに腹筋運動を中止しましょう。

子宮がしっかりと戻らないうちに、子宮に負担をかけてしまったのが原因です。

どちらの場合にも、自分の体を考え無理に始めないようにしましょう。心配な方は、医師に相談してから始めるのも1つのポイントにもなりますよ♪


おすすめの腹筋方法のご紹介

「腹筋」と一言で言うと、あの苦痛の腹筋をイメージされるかと思いますが、意外と簡単な方法で腹筋が鍛えられるのです!

負担のあまりない方法をご紹介します☆

どこでもできる腹筋方法

①おへそに力を入れる

②お腹をへこませる

③30秒キープ

室内でも外出先でも簡単にできる腹筋方法です♪

テレビを見ながらできる腹筋方法

①仰向けに寝て膝を軽く立てる

②こぶし2つ分足を開く

③首を持ち上げおへそを見るイメージ

④5秒キープ

テレビを見ながらでも、寝る前にちょっとやるだけでもOK!

5分間力を入れる腹筋方法

①仰向けに寝る

②上半身を起こしお腹に力を入れる

③5分キープ

5分と記載しましたが、無理のない範囲で全然大丈夫ですよ!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

産後の腹筋にはたくさんのメリットがあり、一般に知られている腹筋方法というイメージでなく、もっとお手軽にできる方法もあるのでおすすめです☆

産後の体型にショックを受けがちですが、食事を制限するよりも運動してダイエットし体力をつけないと、育児に支障をきたすよ!

何度も言いますが、無理のない範囲で頑張ってくださいね(^ ^)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ