離乳食はいつから始めたらいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

離乳食、いつから始めたらいいの?

rinyuusyoku-itukara

子育ては毎日が分からないこと不安なことの連続ですよね。

ママ、パパは「何をいつから始めたらいいの?」という疑問が尽きないことでしょう。

特に食事のことは成長に大きく影響することですから、気になっている人も多いはずです。

離乳食 についても、いつから どうやって始めればいいのだろう?と気になっている人も多いのではないでしょうか?


最初の離乳食はいつから?

実は、一口に離乳食、と言っても段階があるんです。

ママのお腹から出てきて母乳やミルクが赤ちゃんの食事ですから「飲む」という作業ばかりです。

離乳食が「食べる」ということを経験する最初の体験になります。ですから、少しずつ「食べる」ということに馴染ませてあげるイメージで慌てずに気長に取り組んでみると良いかもしれませんね。

では、その開始の時期についてですが、最近では首がすわる生後5~6か月くらいから始めるというのが一般的のようです。

「飲む」以外の食事の方法があるということを知ってもらう時期なので、思ったように食べてくれなくても落ち込んだりする必要はありませんよ。

毎日少しずつ繰り返してあげることで赤ちゃんの中にも「こういう食事の仕方がある」という学習に繋がっていきます。


どんなものでスタートしたらいいの?

お米1に対して水を10で作った十倍粥からスタートするのが良いと言われています。

十倍粥をさらにすりつぶしてからあげるようにしましょう。

1週間ほどして、野菜を茹でてすりつぶしたものをあげてみると良いでしょう。

それから更に数日して、豆腐などでたんぱく質の摂取にチャレンジしてみましょう。

まだまだ「噛む」ということは出来ないのですりつぶしてみて繊維の多いものなどは更にこしてあげるなどひと手間かけてあげるようにしましょう。

最初の一か月くらいは、一日一回からスタートして、他の時には母乳やミルクなど今までと同じ食事で補うようにします。

一か月経つあたりから様子を見ながら、一日二回の離乳食にしてみると良いでしょう。


離乳食をあげる時に気を付けることはないの?

離乳食は赤ちゃんにとって初めて母乳やミルク以外の食材を口に入れる機会でもあります。離乳食をあげる時には、慌てずにゆっくり上げることを心掛けましょう。

時間に追われたり、あるいは食べてくれたりする姿が嬉しくてついつい早くなったりたくさん上げたりしたくなりますが、しっかりと一口ずつ上げましょう。

飲み込むのを待つという事と同時にアレルギー反応などが無いか確認をしながらあげていくことが必要なのです。

たくさん一気に食べてアレルギー反応が出てしまうと体の小さな赤ちゃんにとって、とても危険です。

これまでにも離乳食を始める時期については様々な考え方や意見がありました。

そんな中で今、生後5~6か月頃を開始の時期の目安としているのは、赤ちゃんの消化器官の発達を待つ意味があるのです。アレルゲンの強い食材に対して、しっかりと消化器官が対応できる時期を待ち、少しでもリスクを抑えて安全に食事をさせましょう、という考え方が多くなったからなのです。

最近では、生後半年を過ぎたあたりから、アレルギー検査も行えるようになって、それをしてから離乳食を開始する家庭もあるようです。

それからアレルギーのことなど最初は心配だと思いますが、万が一の時のために午前中に離乳食をあげるようにすると、赤ちゃんの様子が急変しても病院に駆け込むことが出来るので、「新しい食材をあげるときには午前中」というようなルールを決めてみると少し安心できるかもしれませんね。

離乳食は、赤ちゃんの成長が目に見えて分かる楽しみです。その一方で、「上手くいかない」とママパパを悩ませる点でもあります。

「慌てなくても大丈夫」と言い聞かせながらのんびり取り組んでいきましょう。慌てなくてもママやパパたちの愛情はしっかり伝わっていると、赤ちゃんのことも自分たちのことも信じてあげましょう。


まとめ

離乳食はいつから始めたらいいの?
最初の離乳食はいつから?
どんなものでスタートしたらいいの?
離乳食をあげる時に気を付けることはないの?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ