アレルギーは大丈夫?離乳食を始めるときの注意点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アレルギーは大丈夫?離乳食を始めるときの注意点は?

rinyuusyoku-arerugii

初めて自分の子供に離乳食を与えるときに心配になることとはどんなことでしょうか。

「食べてくれるかしら」、「どのように進めていけばよいのかしら」、「何をあげればよいのかしら」、「アレルギーはないかしら」、……など気がかりなことはたくさんありますね。

中でも一番不安に思うのはアレルギーのことではないでしょうか。

アレルギーのことを知って毎日の赤ちゃんの離乳食を、楽しく、おいしく進めていきましょう。


初めての食べ物を与えるとき、離乳食の進め方は?

アレルギーの心配の少ないお米から始めていくのが良いでしょう。

慣れてきたらジャガイモなどイモ類、次に野菜、果物などへ進みます。

はじめは植物性のものから始め、次に豆腐など植物性のたんぱく質のもの、白身魚など動物性のたんぱく質へと種類、量を増やしながら進めていきます。


アレルギーの症状はどんなもの

食べ物の中のたんぱく質が食物アレルギーの原因となります。

何に対してアレルギー反応を起こし、どんな反応が出るかは人によって違います。

お母さんはいつも赤ちゃんの様子を気にかけていますから些細な変化に気が付くこともあるでしょう。

新しい食品を与えたことで、いつもと少しちがうなと感じたり、ご機嫌が悪かったりしたときは、かかりつけの病院で診察をしてもらいましょう。

アレルギー反応が出る場所と症状

・目:充血、かゆみ、目の周りのむくみ

・口、喉:違和感や晴れ、締め付感、かゆみ、いがいが、声がかれる

・皮膚:かゆみ、じんましん、むくみ、赤くなる、湿疹

・鼻、肺:くしゃみ、鼻水、鼻つまり、せき、ゼイゼイ、呼吸困難

・おなか:腹痛、気持ち悪さ、吐く、下痢、血便

・その他:食事やおやつの後にごろごろしている、元気がない、ぐったりする

アレルギーを心配するあまり、自分で勝手に判断して特定の食品を食べさせない、ということをしてしまうと、好き嫌いに発展したり、必要な栄養素が足りなくなったりしてしまいます。

心配なときは医師と相談し、医師の判断のもと原因物質の特定、除去をすることが必要です。


どんな食品が原因となるの?

おかゆからステップアップし、初めての食べ物を与えるときには、アレルギー症状がでるかかどうか注意する必要があります。

主なアレルギーの原因となるものとしては卵、乳製品、小麦、が知られています。

他にも大豆、そば、ピーナッツなどナッツ類、魚介類、キウイフルーツ、リンゴ、もも、ゼラチン、バナナなど多岐にわたります。

新しい食品を与えるときには一さじずつ、赤ちゃんの様子を見ながらあげましょう。

平日の午前中にあげることで、何か問題が起こったときにすぐに病院へと駆け込めますから安心です。


アレルギー反応が出た場合、離乳食はどうすればよいの?

もしアレルギー反応が出てしまい、医者に除去したほうが良いと言われたら、献立にその食品を使わないようにします。

除去したままでは必要な栄養素が取れない、ということにもつながりますから同じ栄養素を多く含む食品で代替します。

例えば、牛乳にアレルギーがあれば小魚やわかめを用いたり、アレルギー用ミルクを使ったりします。

卵にアレルギーがあれば、豆腐や魚、お肉に代替できます。

卵や大豆、小麦はマヨネーズやしょうゆ、みそなど調味料にも使われています。

現在は卵不使用のマヨネーズやキビ、そら豆などで作ったしょうゆがあります。

アレルギー対応の調味料が種類も豊富に販売されていますから安心です。

乳幼児は成長するにつれて食べられる食品が増えていきます。

半年から1年に1回程度医師に相談しつつ、食べられるようになっているか確認しましょう。

検査結果が改善されたときや間違って食べて症状が現れなかった時には除去を解消するチャンスとなるかもしれません。


まとめ

アレルギーは大丈夫?離乳食を始めるときの注意点は?
初めての食べ物を与えるとき、離乳食の進め方は?
アレルギーの症状はどんなもの
どんな食品が原因となるの?
アレルギー反応が出た場合、離乳食はどうすればよいの?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存