臨月のおりものはいつもと違う!?知っておきたい臨月のおりもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

臨月 が近づいてくると、いつ出産になるかとそわそわしてしまいますよね。

今まで以上に身体の変化が気になる時期でもあります。

些細な変化がお産の前兆かもしれません。

臨月の おりもの が普段と違ったりすることもあり、「これっておしるし?」と不安になる妊婦さんもいるかと思います。

ここでは、臨月のおりものについて詳しくご説明します。


おりものって何?

おりものとは、子宮や膣、汗腺からの分泌物が混じり合った粘性の液体のことです。

女性の多くがおりものを不快と感じていますが、おりものは女性の身体にとって必要な役割を担っています。

自浄作用

膣内を細菌が繁殖しづらい酸性度の高い環境に保ち、体内に入ってくるのを防ぎます。

受精のサポート

排卵期が近づくとおりものの量を増やし、透明でとろみがある水のような状態になります。

これによって、精子が子宮に到達するのをスムーズに行える環境を作ります。

おりものは成熟した女性なら誰でも備わっている機能です。

そのため、おりものについて知ることで、自分自身の体調の変化にも気付くことが出来ます。


臨月のおりものはどう変わる?

おりものの分泌量は、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量と深く関係しています。

エストロゲンの分泌量が増えると、おりものの分泌量も増え、匂いや色、形状に変化が出てくることがあります。

妊娠後期、臨月近くになると出産に向けて、粘り気のあるおりものが増えていきます。

これは、赤ちゃんが産道を通る際に出てきやすくするための潤滑剤の役割があります。


知っておきたい臨月のおりもの

個人差はありますが、妊娠後期に入り臨月が近づいてくると、おりものが変化する方が多くいます。

もちろん、全く変化のないまま出産される方もいますので、あまり気にしなくても大丈夫です。

おりものの量が増える、塊が出てくる

妊娠後期~臨月になってくると身体が出産の準備を始めます。

エストロゲンの分泌量が増え、おりものの量が増えるのもそのため。

おりものが潤滑油の役割を持っているため、赤ちゃんが産道をスムーズに通ることが出来ます。

ドロッとした塊のようなおりものが出てくると、出産が近付いている証し。

心の準備をしておくといいかもしれません。

おりものの色が変わる

臨月近くなるとおりものの色が変わることもあります。

無色透明だったり、卵白のような白っぽいもの、クリーム色程度の黄色がかったりしたおりものは心配ないとされています。

臨月に茶色のおりもの、または少量の血液が混じったおりものが出た場合、「おしるし」と捉えていいでしょう。

「おしるし」は出産が近いことを知らせる大事なサインです。

無理な遠出や外出は控えましょう。

おりものが黄緑っぽかったり、黄色みが強い場合は、細菌による炎症が考えられます。

放っておくと、出産時に赤ちゃんへ感染したり、産道を通りにくくなったりなどのトラブルが起きる可能性があります。

少しでもかゆみや違和感があったら、産婦人科を受診しましょう。

おりものが水っぽくなる

エストロゲンは、おりものの量だけでなく、質も変化させます。

粘度の高いねばねばとしたおりものだけでなく、水っぽくサラサラしたおりものも出ます。

ですが、ねばねばしていたおりものが急に水っぽくなったら注意が必要です。

もしかしたら破水している可能性があるかもしれません。

おりものが水っぽいと破水かどうかの見分けがつきにくいですが、破水していた場合は細菌感染の恐れもあるため、急いで病院へ行かなければなりません。

水っぽいおりものが出た場合は、病院へ相談しましょう。

おりものの臭いが強くなる

健康な女性の膣には、細菌の増殖を防いだり、体内への侵入を防ぐために、膣内を弱酸性に保ってくれる善玉菌がいます。

その善玉菌は乳酸菌の仲間なので、通常のおりものは酸っぱい臭いがします。

ですが、健康状態によっておりものの臭いも変わります。

生臭かったり、血液の臭いがしたりする場合は、注意が必要です。

少量の出血であればおしるしと考えて大丈夫ですが、量が多かったり、痛みや違和感がある場合は、すぐに医師の診断を受けましょう。


常におりものの状態を把握しておく

自分のおりものの状態を把握しておくことで、おりものの変化によって健康状態や出産のサインがわかります。

臨月は特に身体の変化が気になる時期でもあります。

違和感や痛みがあったり、不安がある方は、病院で診てもらいましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存