卵巣嚢腫って怖いのかな?妊娠への影響はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

卵巣嚢腫って怖いのかな?妊娠への影響はあるのかな?

rannsounousyu

卵巣嚢腫 とはどのような病気なのでしょうか。卵巣嚢腫には種類が有ってどのような症状なのでしょうか。

そして治療法はどのようなものなのでしょうか。

卵巣嚢腫にかかると妊娠に影響があるのでしょうか。不妊になったりもするのでしょうか。

ひとつずつ見ていきましょう。


卵巣嚢腫とは

まず卵巣は子宮の左右両側に一つずつ有って、通常は直径2~3㎝程度の大きさです。卵巣と子宮を繋ぐ役割をしているのが卵管です。この卵巣に腫れが生じた状態を卵巣腫瘍と言います。

多くは卵巣の片側に発生しますが、両側に発症する事も有ります。

卵巣腫瘍は、他の臓器に比べて非常にたくさんの種類が有りますが、検査をして診断がついてからの経過からは良性腫瘍、悪性腫瘍、境界悪性腫瘍(良性と悪性の中間的なもの)の3群に分類されます。一般的に内部に液体を含んだ嚢胞性(のうほうせい)腫瘍は診断後の経過としては良性の事が多く、充実性(じゅうじつせい)腫瘍は約75~80%程度が悪性腫瘍もしくは境界悪性腫瘍です。

その卵巣腫瘍の中での良性卵巣腫瘍、どの様な状態かと言うと卵巣の中に液体成分がたまって腫れている状態、嚢胞性腫瘍が卵巣嚢腫です。

婦人科の臓器に発生する腫瘍の中で子宮筋腫と並んで最も発生頻度が高い腫瘍の一つです。

ただほとんどは良性の腫瘍です。


卵巣嚢腫の種類は

卵巣嚢腫にはいくつか種類が有ります。

代表的なもの

漿液性嚢胞腺腫>(しょうえきせいのうほうせんしゅ)

嚢胞(のうほう)内部に黄色い透明な液体がたまる腺腫で、卵巣嚢腫の約25%を占めます。球形の手のこぶし大程の大きさで縮小しない事が特徴です。

粘液性嚢胞腺腫>(ねんえきせいのうほうせんしゅ)

嚢胞内部にネバネバした粘液がたまる腫瘍で卵巣嚢腫の約20%を占めます。この腫瘍の特徴はしばしば巨大化し、お腹の中で嚢胞が破れ、内部の粘液がお腹全体に広がる事です。この病気の状態を腹膜偽粘液腫(ふくまくぎねんえきしゅ)と呼びます。

腫瘍の一つ一つの細胞は良性腫瘍なのですが、破れる事で腹膜炎を起こし死亡する事も少なくありません。

成熟嚢胞性奇形腫>(せいじゅくせいのうほうせいきけいしゅ)

嚢胞内部に皮脂や、毛髪、歯、軟骨等を含んだ腫瘍で大きさは通常直径10㎝以下で、卵巣の両側に発生する事もあります。良性の卵巣嚢腫の中で最も頻度が高く、その半数以上を占めます。大部分は20~30代に発生します。

その為妊娠中に発見される事もよく有って、その場合は妊娠初期に手術を行います。又、嚢胞内部に皮脂、毛髪等を含んでいる為、腹部X線検査でこれらが写って発見される事も有ります。

若い年代に発症したものは良性の事が多いですが、高齢の場合は悪性に変化している事があります。

その為若い時期にこの腫瘍が発見された場合は、手術に寄る摘出か定期的な検査を受ける事がすすめられます。


卵巣嚢腫の症状とは

主な症状はお腹が貼って苦しい!症状が出る、腹部膨満感(ぼうまんかん)、下腹部痛、性器出血、便秘、お手洗いが近い症状の頻尿(ひんにょう)等様々あります。

一般的に最もよく現れる最初に現れる症状としては下腹部、特にどちらか片側の腹痛で、さらに腫瘍が増大した場合は、ウエストサイズが大きくなり、スカートやジーンズがきつくなった等の症状が出る事がよくあります。

卵巣嚢腫はそのサイズがかなり大きくなってからでないと腹部膨満感等の症状が出てきにくい病気で発見が遅れがちになります。

卵巣は横隔膜や腹壁に囲まれた空間の腹腔内の臓器で、子宮筋腫の過多月経(レバー状の塊が月経の時に出る)、子宮頸がんの際の不正性器出血(特に性交後出血)、子宮内膜がんの際の不正性器出血等の特徴的な自覚症状を欠く事も、この腫瘍の早期発見を遅らせている一つの原因になっています。

肥っただけかなと思わずおかしいなと思われたら、是非検査をお勧めします。


卵巣嚢腫の治療法は

通常良性の卵巣嚢腫が疑われ、その腫瘍のサイズが直径10㎝以内であれば腹腔鏡下(ふくくうきょうか)腫瘍摘出手術が可能です。

ただしサイズがそれ以上に大きいものや画像診断で悪性が疑われる場合には、開腹による腫瘍切除が必要となります。


卵巣嚢腫になった場合の不妊や妊娠について

卵巣嚢腫になると液状のものが卵巣に溜まるので、それを吸い取る手術をすれば妊娠は可能になります。しかしその大きさに寄っては卵巣ごと全て摘出する場合もあります。

そうなると片方の卵巣が無くなることになります。

しかし2つ有る卵巣の1つを失っても残った卵巣が正常であれば妊娠は可能です。

しかし場合によっては、残った卵巣の機能に異常が有れば不妊に繋がってしまいます。不妊でなくても妊娠しにくい状態になることは間違いないでしょう。

卵巣を取り除いた後に、卵巣を含めて子宮周囲の組織が炎症の為にくっついてしまいやすくなると、不妊に繋がる場合があります。

卵巣の部分摘出の場合には、再発の可能性もあり妊娠しにくいのです。

しかも捻転を起こしてしまうと、下腹部内の臓器全体が圧迫されたり、壊死を起こしたりするので、卵巣だけでなく卵管や子宮にも影響が出てしまいます。

そうなると卵巣嚢腫だけの治療だけでは妊娠しにくい身体になってしまうのです。

卵巣嚢腫も良性か悪性か大きさ等でも違ってきます。

しかしはっきり言える事は、卵巣嚢腫になっているのであれば、確実に卵巣嚢腫を治療してから不妊治療する事をお勧めします。

出来れば卵巣嚢腫は全摘出が良いでしょう。

もう一つの卵巣に問題が無ければ妊娠出来るのですから、不妊になってしまうと焦らずに根気よく治療していきましょう!


まとめ

卵巣嚢腫って怖いのかな?妊娠への影響はある?
卵巣嚢腫とは
卵巣嚢腫の種類は
卵巣嚢腫の症状とは
卵巣嚢腫の治療法は
卵巣嚢腫になった場合の不妊や妊娠について

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ