元旦 元日の違いは何?どうすごすの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

元旦 元日の違いは何?どうすごすの?

ganntann-gannjitu

一月一日を表す言葉として「元旦」と「元日」を、よく使うと思います。

そして、この二つは同じ意味合いで使うことが多いですよね。

でも、本当はその意味は違う物だということを、知っていましたか?

今回は、その意味の違いと、お正月の期間、また、過ごし方についてお教えします。


「元旦」と「元日」の違い

元旦の「元」の字は「一日の始まり」という意味の漢字です。また、「旦」の字は、「一」と「日」で出来ています。

この一は地平線を表していて、日は太陽と言われています。

つまり「朝」や「日の出」を意味しています。

その為「元旦」とは、「一月一日の朝」のことを指しています。

そして「元日」は「年の最初の日」を意味し、「一月一日」のことを言うのです。

「元旦は時間を表し、元日は日付を意味している」と考えれば、その違いは歴然としています。ですが、最近では元旦も元日も同じように「一月一日」を意味する言葉として使われていることが多いです。

そして、上記の理由から「元旦の朝」という言葉は誤りということが、お分かりいただけたかと思います。なぜなら「元旦」は既に「一月一日の朝」を指している言葉なので、正しくは「元日の朝」とした方が正しいのです。


お正月はいつからいつまで?

「お正月の過ごし方」について話す前に、お正月っていつからいつまでですか?始まりは、当然元日の一月一日ですよね。では、終わりはいつでしょう。

実は、正月とは「一月」の別名なのです。つまり、一月一日から一月三十一日までのことを「正月」と言うのです。

しかし、それでは「正月の行事」はいつまで行えば良いのか、少し疑問になりますよね?

例えば、年賀状はいつまで新年の挨拶を書けば良いのかなど、毎年悩むことではあります。因みに、年賀状と言うと表の宛名に消印がつかないものですが、こちらは一月七日の消印有効となる物までが、押されないそうです。八日を過ぎると消印が押されるそうですよ。

また、「正月三が日」という言葉がありますが、こちらは「一月一日から三日」までのことを言います。主に官公庁や大半の企業がこの日まで仕事を休みとしていて、この三日間は新年を祝う期間で、事実上の祝日となっています。

主にこの三日間、もしくは門松を飾っている間の「松の内」の七日間を一般的に正月と言うことが多いです。しかし、一月七日の大正月(おおしょうがつ)までを松の内としているのは主に関東地方となり、関西では一月十五日の小正月までとしているところが多いです。

これは、江戸時代に幕府が出した通達がきっかけと言われています。それまでは、関東地方も十五日までが松の内だったと言われています。

振袖火事という大火事が発生し、これをうけた幕府が早めに燃えやすい松を片付けるようにと通達を出したことがきっかけといわれています。その為、近辺の地域(関東周辺)では、その名残として七日までが正月期間としている地域が少なくないのです。

そして、以前は一月十五日が成人の日となっていたので、この日までが松の内と関西では考えられているようです。


お正月の過ごし方

それでは、地域性もありますが「正月」の期間が分かったところで、正月の行事や過ごし方を見ていきましょう。

初日の出

まず、お正月の恒例行事で最初に行うものと言えば、初日の出を見ることではないでしょうか。一年の最初の日の出と共に、年神様がやってくるという説があります。特に富士山などの山頂で迎える初日の出は「御来光」と呼びます。

おせち料理とお屠蘇

日の出と共にやってきた年神様に供える為の供物料理が「おせち料理」です。そして、神様からのおさがりをいただくのが、本来の慣わし。

また、お屠蘇(おとそ)には、新しく迎えた一年も健やかに無事に過ごせるように、邪気を払って不老長寿を祈願する薬酒です。

お雑煮

もともとお雑煮とは、酒宴の前に食べていた前菜料理でした。胃を安定させる目的があったのですが、その後お餅を入れて雑多な物を一緒に煮込むことから「雑煮」となって、地域によって具材が変わります。

お年玉

年神様が拠り所にされていると言われていた鏡玉を、その家の家長が家族に分け与えていたのが始まりと言われています。年神様は「新年の力=年魂」の象徴だと言われているので「御年魂」または「お年玉」と呼ばれるようになったのです。

年賀状

昔は、年始の挨拶は先方に出向いて行うのが慣習でしたが、その後遠距離などの理由で挨拶に行けない方には手紙を送るようになりました。そして、更に時代は流れて、最近では年賀状を来る習慣となったという説があります。

初詣

新年の頭にお参りをすると、その一年間の幸福度が増すと言われています。最近は、大きく有名な社寺にお参りをする方も増えてきましたが、本来は自分が住んでいる地域の神様に、新年のご挨拶をするものです。

また、初詣に望ましいとされる期間は、松の内の間が目安になっています。理由は年神様がいらっしゃるからです。昨年を無事に過ごせたことと、新しい一年も健やかに過ごせることを祈願するのが初詣ですので、年神様がいらっしゃる間にお参りをするのが良いと言われているのです。

書初め

小学校の冬休みの宿題に大体ありますね。その場合はお手本があるので、書く言葉は決まっている場合が多いのですが、本来は新年の抱負、または目標をそこに書くものです。書初めは「吉書」とも言います。一月二日に行うのが昔からの習慣です。

七草粥

一月七日に食べると、その年は無病息災で過ごせると言われています。お正月にたくさん食べたご馳走によって、疲れ切った胃腸を労わる為にとも最近では言われるようになりました。

正月は毎年「寝正月」だ、という人も多いと思います。

普段疲れきった体を休ませる良い機会でもあるからです。

でも、主婦や母親に休みはありませんよね。正月は神様がいらっしゃるので騒がしくしてはいけないという理由から、台所に入ってはいけないとも言われているのです。

ですから、少しぐらい主婦や母親の仕事も手抜きをしてもばちは当たりませんよ。


まとめ

元旦 元日の違いは何?どうすごすの?
「元旦」と「元日」の違い
お正月はいつからいつまで?
お正月の過ごし方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存