妊娠していないのに高温期(微熱)が続く…それって黄体依存症かも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠していないのに高温期が続く…それって黄体依存症かも!

outaiizonnsyou

生理前は身体がほてったり、微熱を感じたりすることがありますよね。

これは身体が体温を高く保って妊娠しやすい環境を作ろうとする働きによるものです。

この体温が高くなる高温期が続くと妊娠している可能性があるのですが、検査薬で調べても陰性…。なのに生理は来ない…。

そんなときは「黄体依存症」という病気を疑ってみましょう。

ここでは、「黄体依存症」について詳しくご紹介します。


高温期って何?

生理周期は低温期・高温期と2つに分けられます。

生理初日から排卵日までを低温期、排卵日から次の生理までを高温期と呼び、それを繰り返します。

低温期から高温期に切り替わるタイミングは排卵が起きた時。

排卵が起こると、身体が妊娠しやすいように体温を上げるため、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌量を増やします。

一般的に高温期の期間は14日前後。その間に妊娠しなかった場合は黄体ホルモンの分泌が減少し、生理が来ます。

生理予定日に生理が来ず、高温期が続くようなら妊娠の可能性があります。

妊娠検査薬は一般的に生理予定日の1週間後(高温期21日以降)に使うことが出来ます。


黄体依存症って何?

妊娠検査薬が陰性であっても高温期が続くようなら黄体依存症の可能性があります。

黄体依存症とは、体温を上げるために必要な「黄体ホルモン」が過剰分泌により、高温期が続いてしまう症状のこと。

別名「黄体存続症」や「ハルバン症候群」とも言われています。

黄体ホルモンの寿命は通常12~16日ほど。しかし、この黄体依存症になると通常より黄体ホルモンの寿命が長くなります。

そのため、生理前に感じる倦怠感や胸の張り、熱っぽさや頭痛などの症状が長く続いてしまいます。

また、生理の時の出血量が増えることもあります。


黄体依存症の原因は?

黄体依存症の詳しい原因はまだ解明されていないのが実状です。

主な原因の一つとしては「ホルモンバランスの乱れ」が考えられています。


黄体依存症の治療方法

先述のとおり、黄体依存症の具体的な原因はまだ分かっていません。

そのため、具体的な治療法もなく、黄体ホルモンの分泌が減って生理が来るのを待つしかありません。


黄体依存症の改善方法

具体的な治療法は見つかっていませんが、黄体ホルモンの過剰分泌はホルモンバランスの乱れによるものと考えられています。

ホルモンバランスを整えることで、黄体依存症が改善できる可能性があります。

ストレス解消

ホルモンバランスを大きく乱す原因の一つが「ストレス」です。

女性の身体はストレスの影響を受けやすく、ストレスによる不調に悩まされる方が多くいます。

仕事や家庭でストレスを感じることが多い女性は、ストレス解消を心がけましょう。

好きな趣味に没頭したり、身体を動かしたりするのも効果的ですし、友達に悩みを相談して心のもやもやをスッキリさせることもストレス解消につながります。

食生活の改善

食事は身体づくりの基礎となるもの。

ホルモンに良い影響を与える食材を摂取することで、身体を内面から整えます。

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと同様の働きをしてくれるため、積極的に摂りたい食材の一つです。

また、マグロやカツオなどの魚類に多く含まれるビタミンB6は、女性ホルモンであるエストロゲンの代謝に効果的です。

アーモンドやごまなどのナッツ類はビタミンEが豊富に含まれており、脳下垂体や卵巣に働きかけてホルモン分泌をコントロールしてくれます。

バランス良く栄養素を摂取することで、ホルモンバランスを整えながら健康的な身体づくりをすることができます。

妊活中の女性は特に、自分の生理周期を把握しておく必要があります。基礎体温をつけることで自分の生理周期が分かり、妊娠だけでなく黄体依存症などのトラブルにも早く気づくことが出来ます。

ぜひ基礎体温計で自分の基礎体温を測ってみてください。


まとめ

妊娠していないのに高温期が続く…それって黄体依存症かも!
高温期って何?
黄体依存症の原因は?
黄体依存症の治療方法
黄体依存症の改善方法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ