妊娠したらお茶を飲んじゃダメってホント?理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠中 は飲み物1つにしても「お腹の赤ちゃんに悪い影響はないかな?」と気になってしまいますよね。

特に、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、胎児に悪影響を及ぼすことが知られています。

一方、緑茶やほうじ茶、ウーロン茶などのいわゆる「お茶」は、飲んで問題ないかどうかいまいち分からないという方も少なくありません。

ここでは、カフェインと妊娠の関係や、妊娠中におすすめ&NGのお茶をご紹介します。


スポンサーリンク

妊娠したらお茶を飲んじゃダメってホント?理由は?

妊娠中はお茶を飲まない方がいい!?

妊娠中はアルコールやコーヒー、紅茶はもちろんのこと、お茶の類も一切口にしない方がいいのかというと、そういうわけではありません。

成分にさえ気をつけていれば、妊娠中でも安心して飲むことのできるお茶はたくさんあります。

妊娠中は避けるべき成分の代表格とも言えるのがカフェインです。カフェインというと、前出のコーヒーや紅茶に多く含まれるイメージがありますが、実はお茶の中にもカフェインを多く含むものがあります。

「お茶だからカフェインは含まれていないだろう」と思って飲んでいたら、実は相当量のカフェインが含まれていたなんてこともあるため注意が必要です。


カフェインが母体と胎児に与える影響

カフェインには、中枢神経を興奮させる作用や、利尿作用、基礎代謝を高める作用などがあります。

コーヒーや紅茶を飲むと気持ちがリラックスしたり、トイレが近くなったりするのは、カフェインの持つそうした作用のせいです。

体の機能が完成している大人の場合、適度な量であればカフェインの摂取が問題になることはありません。

しかし、未成熟な胎児の場合は、少量のカフェインであっても悪影響を受けてしまう恐れがあります。

特に、代謝の速度が遅くなる妊娠後期は、カフェインの分解・排泄に時間がかかるため、胎盤を通じて胎児に移行する量が多くなってしまいます。

カフェインは肝臓で分解されますが、胎児の肝臓はまだまだ未成熟のため、分解・排泄しきれないカフェインが体内に残ってしまい、発達の遅れなどを引き起こすリスクがあるとされています。

さらに、妊娠中に一日8杯以上のコーヒーを毎日飲み続けていると死産のリスクが高くなるという研究報告もあります。

胎児の安全と健康を考えるのであれば、カフェインの摂取は極力控えた方が賢明といえるでしょう。


ハーブティーにも注意が必要

ハーブの香りとさわやかな味わいが心と体を癒してくれるハーブティー。

カフェインが含まれていないため、一見妊娠中に飲むお茶として最適に思われがちですが、実はハーブティーの中にも、妊娠中の飲用は避けた方が良い成分を含んでいるものがあります。

中でも代表的なものをいくつかご紹介します。

ラベンダー

不眠や偏頭痛、ストレスからくる高血圧などの解消に効果がある人気のハーブですが、妊娠・授乳中の安全性が確立されていないため、摂取は控えた方が良いとされています。

カモミール

むくみの解消や、緊張・イライラ・ストレスの緩和に効果があり、ラベンダーと並んで人気の高いハーブです。

しかし、カモミールには子宮を収縮させる効果があるため、妊娠中の引用は禁忌とされています。

ジャスミンティー

独特の花の香りが心地よいジャスミンティーには、実はカフェインが含まれています。

また、カモミールと同様に、子宮を収縮させる成分も含まれているため、妊娠・授乳中は避けた方が良いでしょう。

他にも、子宮を緊張させる作用がある「セントジョーンズワート」や、子宮収縮効果を持つ「ハトムギ」「アロエ」、子宮を刺激する「サフラン」など、妊娠中には適さないハーブは、意外にもたくさんあります。

知らず知らずの内に不適切なハーブを使ったお茶を飲んでしまい、想定外の事態を引き起こさないためにも、ハーブティーを購入する際には主治医に相談をしたり、禁忌事項に詳しい専門家がいる店を選ぶようにしましょう。


妊娠中におすすめのお茶・NGのお茶

妊娠中におすすめのお茶としては、麦茶・杜仲茶・タンポポ茶などが挙げられます。

また、最近はルイボスティーやカフェインを含まないデカフェのコーヒー・紅茶なども人気を集めています。

ごぼう茶・そば茶・ローズヒップティーなどもおすすめです。

れらのお茶には、母体や胎児に悪影響を及ぼす成分が含まれていないため、妊娠中でも安心して飲むことができます。

反対に、NGのお茶としては、番茶・煎茶・玄米茶・ほうじ茶・ウーロン茶・抹茶・玉露などがあります。

特に玉露にはドリップコーヒーやエスプレッソコーヒー以上のカフェインが含まれているため注意が必要です。

一方、番茶や玄米茶のカフェイン含有量は比較的少量のため、一日に1、2杯であればそれほど神経質になる必要はありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存