男の子が欲しい!産み分け成功の秘訣とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

baby

現代では、昔ほど「絶対に 男の子 (お世継ぎ)を産まなければ」というプレッシャーはなくなりましたが、やっぱり生まれてくる子供の性別は気になりますよね。

できれば希望通りの性別の赤ちゃんを授かりたい……。

そう思った時、 産み分け のメカニズムとその方法を知っておけば、きっと役に立つはずです。


男の子が欲しい!産み分け成功の秘訣とは

産み分けって本当に可能なの?

生殖医療が発達した現在でも、残念ながら100%確実な産み分け法はないとされています。

しかし、だからといって「=産み分けは不可能」というわけでもありません。

最新のデータでは、男の子の産み分け成功率が81~91%程度、女の子の産み分け成功率が70~80%とも言われています。裏を返せば、それだけの高確率で産み分けは可能なのです。

産み分け法にはいくつかの種類があります。

仕組みをきちんと理解し、正しい方法でチャレンジを続ければ、100%ではないにしても、希望通りの性別の赤ちゃんを授かることができるのです。


性別が決まるメカニズム

産み分け法を理解するには、そのメカニズムを知る必要があります。

生まれてくる子供の性別を決めるのは精子です。精子の頭部には23個の染色体が入っており、それがどのような染色体なのかによって、子供の性別が決まります。

染色体には、X染色体とY染色体の2種類があります。X染色体を持つX精子が卵子に入れば受精卵はXXとなり女の子が生まれ、Y染色体を持つY精子が受精すると、受精卵はXYとなり男の子が生まれるのです。

これが、性別が決まる仕組みです。


どうすれば産み分けできるの?

では、どうすれば希望通りの性別の赤ちゃんを授かることができるのでしょう。

1.楽しくする

通常、女性の膣は強い酸性に傾いています。

快感を得ることで女性がオルガスムスに達すると、子宮頸部から分泌されるアルカリ性の液によって、膣内がアルカリ性に傾くといわれています。

男の子を授かるためのY精子は酸性に弱く、通常の膣内ではX精子に対して不利です。

Y精子に有利な環境を作るためにも、夫婦が楽しんですることは大切な要素の一つなのです。

2.する日を見極める

排卵日が近づくと、女性の膣内はアルカリ性に傾きます。

また、X精子はY精子よりも寿命が長く、逆にY精子はX精子よりも運動量に優れています。

これらの特性を利用して、男の子を希望する場合は、排卵日の数日前から禁欲をし、排卵日当日に行うことで、Y精子が受精する確率を高めることができるといわれています。

3.産み分けグッズを使う

産み分けに役立つさまざまな薬剤・サプリメントなども開発されています。

上記に挙げた方法と併せて使用することで、産み分け成功の確率をよりUPさせる効果が期待できます。

グリーンゼリー




グリーンゼリーを使用すると、膣の中をアルカリ性にして、Y精子の活動を助けることができます。

また、グリーンゼリーはビネガーやベーキングパウダーといった食物由来の成分で出来ているので、副作用や人体に悪影響が及ぶ可能性はありません。

リンカル

リンカルPLUS+ リンカルプラス カルシウム 葉酸 日本製 リンカル

元々は先天性異常を予防するために開発された錠剤ですが、リンカルを飲んで妊娠したケースでは、高い確率で男の子が産まれたという研究データがあり、産み分けに有効なサプリとして注目を集めています。

こちらもグリーンゼリー同様、副作用などの心配はありません。

これらの薬剤や錠剤を使用する場合は、念のためかかりつけの産婦人科医に相談してから服用するようにしてください。


まとめ

男の子が欲しい!産み分け成功の秘訣とは
産み分けって本当に可能なの?
性別が決まるメカニズム
どうすれば産み分けできるの?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存