男の子のお宮参りのやり方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

男の子のお宮参りのやり方は?

otokonoko-omiyamairi

お子さんが生まれて30日ほどたったらお宮参りをします。

今日は特に 男の子のお宮参り について詳しくお伝えしていこうと思います。


お宮参りとは

お宮参りとは氏神様に子どもの誕生を報告し、健やかな成長を祈願する行事です。

一般的には男の子は生後31日、32日目に、女の子は32日、33日目に行うとされているようですがあまりこだわる必要はなく生後30日前後の日の良い日、参列者の都合の良い日を選んでお参りすると良いでしょう。

お宮参りをする神社はどこでも構いませんがその子の健やかな成長を願う意味では地元の神社で参拝するのが良いかと思われます。


お宮参りの晴れ着

お宮参りでは父方の祖母がお子さんを抱っこします。(出産を穢れとする習わしがあったためで今はさほど気にする必要はありませんが、お母さん以外の方が抱っこするのが一般的です)そのお子さんの上から晴れ着をかけて抱っこしている人の後ろで結びます。

この時の晴れ着ですが、一つ身と呼ばれる背縫いの無い着物が使われます。

男の子はおめでたい柄の「のし目模様」の紺色掛着か黒羽二重の紋付が正式なものですが他にも鯉や兜、虎や鷹などの男の子らしい柄の一つ身の着物をかけることが多いです。

この着物は3歳の七五三の晴れ着に仕立て直して着せることが出来ます。

また最近ではレンタル衣装も普及していますのでそちらを選択する方も増えています。

レンタル衣装の良いところは何より買うよりもお金がかからない事。

種類が豊富で選ぶ楽しみがある事。

また、実際のお値段よりも高品質なものを手頃な価格で着せてあげることが出来るのもいいところだと思います。

その後のメンテナンスにも手がかからないのもありがたいですね。

お宮参りの後、または前に家族で記念写真を撮られる方も増え、今は写真館でレンタルできそのままお宮参りに出かけられるサービスもあるのでとても便利だと思います。

一般的には着物を着せてお宮参りすることが多いですがそうなるとお子さんを抱っこされる方、またお母さんも黒の留めそでや無地の小紋、訪問着などを着た方が良いでしょう。

最近ではそれも大変なためお子さんはベビードレスにケープ、付き添いの方もスーツでのお宮参りも増えています。

どちらの場合も当日参列する方々とお子さんの服装のバランスを考えて準備しましょう。


お宮参りの作法

お宮参りは通常のお参りをするだけでも大丈夫です。

手水舎で手と口をゆすぎ、そこでお賽銭も洗います(これはあまり知られていない事ですね)。

その後社殿でお賽銭をあげ、鈴を鳴らし「二礼 二拍手 一礼」し、お子さんの健やかな成長を願います。

お子さんを抱っこしている方を真ん中にご両親がお賽銭とお参りをします。

またお祓いを受け祝詞をあげていただく方もいらっしゃいます。

その場合「初穂料」を用意し赤白の蝶結びの熨斗袋にお子さんの名前でお礼を包みます。

相場は5000円からですが神社によってはあらかじめ金額が決まっているところもありますので申し込みの際に聞いてみるとよいでしょう。

お参りが済んだら家族で食事に行かれることが多いです。お祝いですので赤飯などをいただきます。

お子さんも1か月での長時間の外出、お母さんも産後のからだですので外食で済ませると良いでしょう。お店にお宮参りの食事です。と伝えれば食事内容やお部屋にも気を使っていただけるようです。


その他

せっかくの晴れ着、ご家族、祖父母も集まる機会ですのでぜひ記念撮影をしましょう。

お子さんを抱く方はかなり長時間抱いていることになりますので抱っこ紐などを準備して活用しても良いでしょう。

またお宮参りの後ご近所にお披露目をする習わしも昔はありました。今も地域によっては残っている習わしかもしれません。

そうでなくてもまだお披露目していない方などあればこの機会にお会いするのも良いかもしれません。

また出産の内祝いを贈るのもこの時期です。忘れることのないようにしましょう。

お宮参りにお祝いを渡すなら、相場はありませんが3000円程度を「お祝い」として渡すと良いでしょう。

また贈り物ならお子さんのおもちゃやご家族で食べられるお菓子などが良いでしょう。

お子さんにとって初めての長時間の外出になります。

おとなにとっては大したことのない外出もお子さんには大変なことでしょう。

ぐずる、むずかるなど疲れた様子の時は無理をせず引き上げるなど、お子さんの様子に気をつけて行動し良いお宮参りにしてください。


まとめ

男の子のお宮参りのやり方は?
お宮参りとは
お宮参りの晴れ着
お宮参りの作法
その他

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ