男の子の名前で古風で春らしいカッコいい名前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

男の子 の 名前 は 古風 な物がカッコイイと思っている方もいるでしょう。

実際に、古風な名前の方が目に新しいとする意見もあるようですね。

そんな男の子の名前で古風な雰囲気な物をの季節の関連で集めてみました。

春の季節に生まれる男の子に、古風な名前を付けたいと考えている人などにおすすめです。

例えば、春には菜の花が見ごろですがそこから古風な男の子の名前を考える事も出来るのです。

まだ生まれて来る男の子の名前に関しては、よく考えてなかった方なども参考になるかも知れません。


スポンサーリンク

男の子の名前で古風で春らしいカッコいい名前

春をイメージさせやすい古風な男の子の名前

どうせ付けるなら春をイメージさせやすい名前が良い。

そんな場合に、春をイメージさせやすい古風な男の子の名前を説明します。

春日<かすが>・国春<くにはる>

常春<つねはる>・春<はる>

春彰<はるあき>・春順<はるかず>

春助<はるすけ>・春立<はるたつ>

春武<はるたけ>・春虎<はるとら>

春信<はるのぶ>・春彦<はるひこ>

春尚<はるひさ>・春文<はるふみ>

春光<はるみつ>・春矢<はるや>

春之<はるゆき>・春瑠<はる>

元春<もとはる>


春の草花の要素を取り入れた男の子の古風な名前

春の草花としては、椿・芹・桜・菜の花・蓮などが挙げられます。

このような草花の要素を取り入れた男の子の古風な名前を説明します。

椿の要素を取り入れた古風な男の子の名前

椿<つばき>・椿生<つばき>

芹の要素を取り入れた古風な男の子の名前

井芹<いせり>・芹夫<せりお>

芹男<せりお>・芹太<せりた>

芹弥<せりや>

桜の要素を取り入れた古風な男の子の名前

明桜<あきお>・桜一<おういち>

桜河<おうが>・桜芽<おうが>

桜希<おうき>・桜志<おうし>

桜詩<おうし>・桜時<おうじ>

桜介<おうすけ>・桜助<おうすけ>

桜正<おうせい>・桜生<おうせい>

桜太<おうた>・桜真<ろうま>

桜也<おうや>・桜葉<おうよう>

桜李<おうり>・桜里人<おりと>

桜凛<おうりん>・黒桜<くろう>

桜久<さく>・桜太郎<さくたろう>

紫桜<しおう>・周桜<すおう>

舞桜<まお>・優桜<ゆうさく>

羅桜<らおう>・璃桜<りおう>

龍桜<りゅうおう>・礼桜<れお>

菜の花の要素を取り入れた古風な男の子の名前

花菜気<かなき>・鈴菜<すずな>

聖菜<せいな>・菜音<なおと>

菜太<さいた>・菜知<なち>

菜摘<なつむ>・菜奈保<ななほ>

菜郎<なろう>・春菜<はるな>

晴菜<はるな>・半菜<はんな>

日菜<ひな>・舞菜<まいな>

真菜<まな>・美菜<みな>

結菜<ゆいな>・伶菜<れいな>


春の気候を感じさせる男の子の古風な名前

冬の寒さが早く終わって欲しいと望んでいた方にとって、訪れた春の気候は嬉しい物ではないでしょうか。

そんな春の気候を感じさせる男の子の古風な名前を説明します。

明陽<あきひ>・麻陽<あさひ>

陽炎<かげろう>・一陽<かずはる>

君陽<きみはる>・旭陽<あさひ>

公陽<こうよう>・雫陽<しずや>

翔陽<しょうや>・大陽<だいや>

竹陽<たけあき>・信陽<のぶはる>

陽智<ひさと>・陽月<ひづき>

陽斗<ひなと>・陽多<ひなた>

陽日<ひび>・陽吉<ひよし>

風陽<ふよう>・夕陽<ゆうひ>

陽樹<ようき>・陽作<ようさく>

陽介<ようすけ>・陽蔵<ようぞう>

陽之介<ようのすけ>・陽兵<ようへい>

陽矢<ようや>・陽李<より>

龍陽<りゅうひ>


春の季語の要素を取り入れた古風な男の子の名前

春の季語としては、弥生・清明・花などが挙げられます。

これらの春の季語の要素を取り入れた古風な男の子の名前を説明します。

弥生の要素を取り入れた男の子の古風な名前

浅弥<あさや>・一弥<いちや>

里弥<さとや>・周弥<しゅうや>

信弥<しんや>

清明の要素を取り入れた男の子の古風な名前

一清<いちきよ>・勝清<かつきよ>

清篤<きよあつ>・清和<きよかず>

清里<きよさと>・清志<きよし>

清児<きよじ>・清茂<きよしげ>

清介<きよすけ>・清立<きよたつ>

清次<きよつぐ>・清時<きよとき>

清共<きよとも>・清友<きよとも>

清平<きよひら>

花の要素を取り入れた男の子の古風な名前

瑛花<えいか>・多花<おおか>

開花<かいか>・花月<かげつ>

花吹<かぶき>・七花<しちか>

太花<たいか>・桃花<とうか>

花一<はなかず>・花吉<はなきち>

花太<はなた>・花嵩<はなたか>

花正<はなまさ>・遥花<はるか>

文花<ふみか>・優花<ゆうか>

来花<らいか>・涼花<りゅうか>

琉花<るか>・玲花<れいか>


まとめ

初めの頃はどのような名前を子供に付けようか思い至らなくても、色々と悩んでいる内に光って見える物が考え付くかも知れません。

ただ、自分としては良い名前を見つけたと思っても、他の家族には反対される場合もあります。

ご家庭内で生まれる子供の名前はよく相談して決めると良いかも知れません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存