冬生まれの男の子の古風な名前164選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

冬 にはどんな思い出があるでしょうか?

雪が降ってその後の処理が大変だった思い出や、冬の寒い季節こそ美味しいおでんを食べた思い出などが考えられます。

その冬の季節らしい 古風 な 男の子 の 名前 は数多くあります。

もし、男の子の名前を付ける立場であれば、どのような名前があるのかご覧になりませんか?

この男の子の名前で古風で冬らしい物を説明します。

古風で冬らしい男の子の名前には、その響きが素敵な物もあると思っています。


スポンサーリンク

冬生まれの男の子の古風な名前164選

冬の季節を思わせやすい古風な男の子の名前

歩冬<あると>・木冬<きと>

冬一<とういち>・冬瑛<とうえい>

冬沖<ふゆおき>・冬芽<とうが>

冬樹<とうき>・冬季也<とうきや>

冬護<とうご>・冬悟郎<とうごろう>

冬慈<とうじ>・冬重郎<とうじゅうろう>

冬介<とうすけ>・冬星<とうせい>

冬太<とうた>・冬馬<とうま>

冬陽<とうよう>・冬<ふゆ>

冬男<ふゆお>・冬沖<ふゆおき>

冬臣<ふゆおみ>・冬児<ふゆじ>

冬高<ふゆたか>・冬斗<ふゆと>

冬音<ふゆね>・冬之丞<ふゆのじょう>

冬紀<ふゆのり>・冬元<ふゆもと>

冬也<ふゆや>・冬耶<ふゆや>

真冬<まふゆ>・優冬<ゆうと>

善冬<よしと>・竜冬<りゅうと>


聖なる夜をイメージさせる古風な男の子の名前

聖なる夜には、イルミネーションで盛り上がる場所もありましたね。

その聖なる夜をイメージさせる古風な男の子の名前を説明します。

一聖<いちせい>・桜聖<おうせい>

大聖<おおせい>・聖夫<きよお>

聖<きよし>・聖重<きよしげ>

聖秀<きよひで>・聖真<きよま>

聖郎<きよしろう>・聖平<きよひら>

国聖<くにきよ>・兼聖<かねきよ>

賢聖<けんせい>・幸聖<こうせい>

航聖<こうせい>・俊聖<しゅんせい>

純聖<じゅんせい>・真聖<しんせい>

聖愛<せいあ>・聖音<せおん>

聖義<せいぎ>・聖吾<せいご>

聖介<せいすけ>・聖成<きよなり>

聖那<せいな>・聖奈<せな>

聖真<せいま>・聖竜<せいりゅう>

唯聖<ただきよ>・敏聖<としきよ>

知聖<ともきよ>・憲聖<のりきよ>

博聖<ひろきよ>・平聖<へいせい>

政聖<まさきよ>・充聖<みつきよ>

盛聖<もりきよ>・行聖<ゆききよ>

涼聖<りょうせい>・蓮聖<れんせい>

和聖<いちせい>


冬の雪景色を思わせる古風な男の子の名前

冬の雪景色は綺麗な場合もありますよね。

そんな冬の雪景色を思わせる古風な男の子の名前を説明します。

一雪<かずゆき>・国雪<くにゆき>

志雪<しゆき>・雪野<ゆきの>

正雪<まさゆき>・為雪<ためゆき>

哲雪<てつゆき>・智雪<ともゆき>

博雪<ひろゆき>・吹雪<ふぶき>

将雪<まさゆき>・道雪<みちゆき>

道雪<みちゆき>・雪景<ゆきかげ>

雪月<ゆづき>・雪兎<ゆきと>

雪成<ゆきなり>・雪彦<ゆきひこ>

頼雪<よりゆき>・理雪<りゆき>


クリスマスの町の華やぎを感じさせる男の子の古風な名前

クリスマスでは町が華やぐ事も少なくないですよね。そんなクリスマスの町の華やぎを感じさせる男の子の古風な名前を説明します。

一華<いちか>・栄華<えいが>

華衣<かい>・華月<かづき>

弓華<きゅうが>・銀華<ぎんが>

公華<こうが>・才華<さいが>

静華<しずか>・七華<しちか>

翔華<しょうが>・太華<たか>

太華真<たかまさ>・華<はな>

華一<はないち>・華貴<はなき>

華吉<はなきち>・華崇<はなたか>

華斗<はなと>・華成<はるなり>

華久<はなひさ>・華文<はなふみ>

華丸<はなまる>・華道<はなみち>

晴華<はるか>・遥華<はるか>

法華<ほうか>・瑞華<みずか>

桃華<ももか>・雷華<らいか>

蘭華<らんか>・良華<りょうが>

瑠華<るか>・礼華<れいが>


正月からイメージする男の子の古風な名前

冬の大きなイベントの一つとして、お正月がありますよね。

その正月からイメージする男の子の古風な名前を説明します。

有正<ありただ>・厚正<あつまさ>

景正<かげただ>・和正<かずまさ>

兼正<かねただ>・君正<きみただ>

国正<くにただ>・行正<こうせい>

純正<じゅんせい>・正一<しょういち>

正作<しょうさく>・正助<しょうすけ>

正治<せいじ>・正馬<せいま>

大正<たいしょう>・正彦<ただひこ>

為正<ためただ>・常正<つねまさ>

哲正<てつまさ>・直正<なおただ>

長正<ながまさ>・信正<のぶただ>

花正<はなまさ>・久正<ひさまさ>

博正<ひろまさ>・正男<まさお>

正数<まさかず>・正済<まさずみ>

正猶<まさなお>・正秀<まさひで>


まとめ

子供の名前は和気藹藹と決める事が出来たら良いですね。

ただ、そうしたパターンだけとは限らないのが実情です。

実際に子供に対する名付けが原因で関係が拗れてしまうパターンもあります。

出来るだけ子供に名前を付ける時は、冷静に辞退を進めた方が良いかも知れません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存