男の子の秋の季節に由来する名前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

男の子 が 秋 の季節に生まれるのを楽しみに待っている場合もあるでしょう。

ただ、子供が生まれるとなると 名前 が必要になって来ますよね。

そこで、生まれる秋の季節に由来した男の子の名前にしようと決定されたパターンも有り得ます。

よって、秋の季節のイベントと秋の時期に咲く萩・露草・百日紅・菊・桔梗等から考えられる男の子の名前を説明します。

加えて、もっと秋の季節に生まれた事が分かりやすい名前にしたい方の為に、そうした名前も案内します。


スポンサーリンク

男の子の秋の季節に由来する名前

秋の季節のイベントから考える男の子の名前

秋の季節のイベントとしては、十五夜・紅葉狩りなどが挙げられます。

十五夜の月の美しさを堪能した方や紅葉狩りで色の鮮烈さに目を奪われた方もいるのではないでしょうか。

その十五夜と紅葉狩りから考えられる男の子の名前を説明します。

十五夜から考えられる男の子の名前

伊月<いつき>・兎月<うづき>

花月<かつき>・希月<きつき>

月太<げつた>・巧月<こうげつ>

志月<しづき>・瀬月<せづき>

建月<たつ>・太月<たつき>

月<つき>・月也<つきや>

名月<なつき>・日月<ひづき>

未月<みつき>・美月<みづき>

睦月<むつき>・悠月<ゆうき>

羅月<らつき>・利月<りき>

琉月<りゅうき>・路月<ろつき>

紅葉狩りから考えられる男の子の名前

紅玲<くれい>・紅介<こうすけ>

紅星<こうせい>・紅平<こうへい>

紅明<こうめい>・大紅<たく>

太紅<たく>・紅<べに>

紅葉<もみじ>・梨紅<りく>


秋の時期に咲く萩・露草・百日紅・菊・桔梗から男の子の名前を考える

秋の時期には色々な花が咲きますよね。

毎年、それらの花を楽しみにしている方もいるでしょう。

そんな秋の時期に咲く萩・露草・百日紅・菊・桔梗から男の子の名前を考えました。

萩から考えられる男の子の名前

萩<しゅう>・萩介<しゅうすけ>

萩平<しゅうへい>・萩太<はた>

萩之海<はぎのうみ>

露草から考えられる男の子の名前

巨露<きょろ>・心露<こころ>

草<そう>・草海<そうかい>

草司<そうし>・草児<そうじ>

草慈<そうじ>・草仁<そうじん>

草介<そうすけ>・草介<そうすけ>

草太<そうた>・草地<そうち>

草次<そうつぐ>・草生<そうき>

草之<そうの>・草平<そうへい>

草路<そうろ>・白露<はくろ>

夕露<ゆうろ>・李露逸<りろい>

露伴<ろはん>

百日紅から考えられる男の子の名前

旭日<あさひ>・今日<きょう>

日光<にこ>・日色<ひいろ>

日久羅<ひぐら>・日佐人<ひさと>

日利<ひとし>・日菜<ひな>

日之太<ひのた>・日葉流<ひばる>

百男<ひゃくお>・百介<ひゃくすけ>

百太郎<ひゃくたろう>・日也来<ひやら>

日吉<ひよし>・日路<ひろ>

百<もも>・百亜<もあ>

百輔<ももすけ>・百蔵<ももぞう>

百成<ももなり>・百遥<ももはる>

百福<ももふく>

菊から考えられる男の子の名前

菊衛<きくえい>・菊衛門<きくえもん>

菊男<きくお>・菊臣<きくおみ>

菊児<きくじ>・菊次郎<きくじろう>

菊蔵<きくぞう>・菊千代<きくちよ>

菊斗<きくと>・菊之進<きくのしん>

菊之丸<きくのまる>・菊彦<きくひこ>

菊真<きくま>・菊美<きくみ>

菊矢<きくや>・菊郎<きくろう>

桔梗から考えられる男の子の名前

桔梗<ききょう>・桔太<きった>

桔平<きっぺい>・大桔<だいきち>

悠桔<ゆうき>


どの季節に生まれたのかが分かりやすい名前                 

折角、秋の季節に生まれるのだから、どの季節に生まれたのか分かりやすい名前にしたいと思っている場合もあるでしょう。

そこで、どの季節に生まれたのか分かりやすい名前を説明します。

秋定<あきさだ>・秋重<あきしげ>

秋利<あきとし>・秋虎<あきとら>

秋信<あきのぶ>・秋彦<あきひこ>

秋峰<あきみね>・秋守<あきもり>

秋安<あきやす>・秋羅<あきら>

秋良<あきら>・清秋<きよあき>

久秋<ひさあき>・秋一<しゅういち>

秋一朗<しゅういちろう>・秋介<しゅうすけ>

秋助<しゅうすけ>・秋太<しゅうた>

秋次<しゅうじ>・秋之進<しゅうのしん>

秋真<しゅうま>・秋正<あきまさ>

秋哉<しゅうや>・天秋<てんしゅう>

利秋<としあき>・文秋<ふみあき>

文秋<ぶんしゅう>・道秋<みちあき>

依秋<よりあき>・由秋<よしあき>


まとめ

将来的に生まれた赤ちゃんが大きくなった時に、貴方は秋の季節に生まれたからこうした名前を付けたんだと説明する機会もあるかも知れません。

実際に小学校の宿題などで自分の名前の由来を調べて来る場合もあります。

やはり、そうした時に堂々と説明出来る名前にしたい物です。

加えて、生まれた時に付けられた名前を一生使い続ける場合も少なくない事は、はっきりと自覚しておいた方が良いように思います。

出来れば、愛着を持って長い間使い続けられる名前を付ける事をおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存