赤ちゃんの初めてのお祝い事「お七夜」って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

赤ちゃんの初めてのお祝い事「お七夜」って何?

ositiya

赤ちゃんが産まれて初めての行事って何か知っていますか?

それは「お七夜

お七夜は赤ちゃんにとって初めてのお祝い事。

せっかくだから記念に残るものにしたいですよね。

ここでは「お七夜」について詳しくご紹介します♪


お七夜って何?

お七夜とは、赤ちゃんが産まれて一週間経った生後7日目の夜に、赤ちゃんの健やかな成長を願って行うお祝いのことです。

遡ること平安時代から続く行事で、生まれた子供に名前をつけて家の神様に家族の一員として認めてもらい、守っていただけるようお願いをします。

昔は現代のように医療が発達しておらず、子供が産まれても必ずしも無事に育つとは限らなかったため、7日目を一つの大事な節目とし、お祝いしたのが始まりと言われています。

お七夜は別名「命名式」とも呼ばれ、赤ちゃんの名前を親族にお披露目する役目もあります。


お七夜はいつ?

お七夜は文字通り「7日目の夜」に行います。

現代では、生まれた日を「生後0日」としますが、お七夜は生まれた日を「1日目」とします。

そのため、生後6日目の夜が「お七夜」にあたります。


お七夜はどんなことをするの?

昔は、一族の長が取り仕切り、家族や親戚、近隣の方々を招いて盛大にお祝いしたそうですが、現代では夫婦だけ、または両家の両親を呼んで自宅で行うスタイルが主流になっています。

お七夜では、まず命名書に赤ちゃんの名前を書いて、家族にお披露目します。

その後、お祝い膳をみんなでいただき、お祝いします。

お祝い膳には、出世魚や縁起の良い食べ物が並べられることが多いです。

お七夜の内容は、地域によって形式が異なります。


命名書

お七夜では家族にお披露目するために命名書に赤ちゃんの名前を書きます。

正式な命名書の書き方は、二つ折りした半紙をさらに左右三つ折りにし、一番右に「命名」、真ん中に「父親の名前・続柄」「赤ちゃんの名前」「誕生日」、一番左に「夫婦の氏名」「命名した日」を書きます。

自宅に神棚がある方は奉納して飾ります。

今は略式の命名書がベビー用品店や文房具店などで市販されており、ベビーベッドや壁に飾っている方も多いです。

インターネットでも無料のテンプレートがありますので、そちらを利用される方も多いです。

大体の産院では初産婦は5日~1週間、帝王切開では1週間~10日前後で退院となるため、退院のお祝いも兼ねてお七夜をされる方もいます。


お祝い膳

お七夜のお祝い膳にはどういうメニューがいいのか悩みますよね。

おすすめメニューをピックアップしてみました♪

お赤飯

やはりお祝い事の定番といえば「お赤飯」ですよね!

赤色には災いを祓う力があるとされ、元々は凶事の際に厄払いとして食べていました。

時代を経て、厄が去って良い方向に向かうことが転じて、お祝い事で食されるようになったそうです。

鯛の尾頭付き

お祝い事の席では「めでたい」として縁起の良い魚として欠かせない「鯛」

日本では頭も尾もそろった完全な形の魚をつけることで、めでたい食事の象徴となっています。

紅白なます

縁起が良いとされる紅白の水引に見立てた「紅白なます」

こちらもお祝い膳の定番メニューですね♪

他にも

  • お刺身の盛り合わせ
  • 天ぷら
  • 茶碗蒸し
  • オードブル

など華やかでボリュームのあるメニューをご用意される方が多いようです。


記念の手形・足形

産まれたばかりのかわいい手形や足形を記念に残すパパやママもいます。

今は手軽に手形をとれるキットや、手形や足形をフォトスタンドにするサービスもあります。

赤ちゃんにとって初めてのお祝い事とはいえ、お七夜にあたる生後6日目はまだ母体の回復も完全とはいえない状態です。

ママの体調が回復して改めて席を設けたり、お祝い膳はケータリングしたりするなど、形式にとらわれることなく、無理のない範囲でお祝いしてあげてください。


まとめ

赤ちゃんの初めてのお祝い事「お七夜」って何?
お七夜って何?
お七夜はいつ?
お七夜はどんなことをするの?
命名書
お祝い膳
記念の手形・足形

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ