おせち料理を食べる意味と時期って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おせち料理を食べる意味と時期って?

oseti

お正月に食べるお料理と言えば、おせち料理ですよね。お重の蓋を開ければ、海老や鯛、煮しめ、伊達巻、黒豆など色とりどりの鮮やかな料理が詰まっていて、見た目にも華やかで豪華です。

では、皆さんはおせち料理を食べる意味って知っていますか?また、その時期はいつなのでしょう。

今回は、おせち料理を食べる意味とその時期について、ご紹介します。


おせち料理を食べる意味

おせち料理を漢字で書くと「お節料理」ですね。この「節(せち)」は、季節の変わり目の日のこと「節日(せちにち)」を言うのです。

節日の中でも有名なのは、

・一月七日(人日・じんじつ)

・三月三日(上巳・じょうし)

・五月五日(端午・たんご)

・七月七日(七夕・たなばた)

・九月九日(重陽・ちょうよう)

の「五節句」です。

つまり、おせち料理とは「季節が変わる日に食べる料理」のことですが、節日の中でも元日(一月一日)は、とりわけ別格なのです。それは、新しい一年を迎えるというだけでなく、年齢が一つ増えるからでもあります。昔は今と違い、数えで年を重ねていました。つまり、夏生まれの人でもお正月が来れば一つ歳をとっていたのです。ある意味、お正月が皆の誕生日だった、というわけです。

その為、節日の中でも元日は別格とし、特にめでたい日とされていました。

そして、宮中では節日に神様にお供え物をし、宴を開く行事が行われていたのですが、その時に用意されていたのが「おせち料理」となったのです。庶民に広まったのは、江戸時代の後期でした。宮中行事を庶民の生活にも取り入れたのがきっかけで、全国に広まったとされています。

最近ではデパートやスーパーで簡単に買えるおせち料理ですが、本来は「年神様へのお供え物」だったのです。



年神様は、初日の出と共に元旦に山頂からやってきます。その為、前日の大晦日にお供えをし、年が明けて、神様からのおさがりをいただくというわけです。

だから、おせち料理は縁起の良い食べ物ばかりですし、前日の12月31日までに準備をしなくてはならないのです。


おせち料理はいつ食べるの?

先ほどの話の通り、おせち料理は年神様へのお供え物ですので、本来は「初日の出が上がってから」食べます。つまり、元旦の朝を迎えてからなら、いつでも食べて良いということになります。

しかし、大晦日の夜に年越しそばと一緒におせち料理を食べる、というご家庭も多いと思います。現在でも北海道や東北地方、新潟県や長野県の一部地域では、おせち料理は大晦日に食べる風習があるのです。

これは、「今年一年間を無事に過ごすことができ、また新しい年を迎える為のお祝い」もしくは「一歳、年を取る」という昔からの風習の考えのもと、お祝い膳として大晦日の夜に食べているのです。そして、年越しそばも一緒に食べます。

では、いつまでおせち料理を食べるのかというと、年神様にお供えを捧げてから、三日間(正月三が日)は、年神様がいらっしゃるので台所で煮炊きをして、騒がしくないようにしなくてはなりません。台所へ入ることさえもタブーという風習がある地域もあります。

その為、おせち料理は保存が効く食べ物ばかりですし、料理をしてはいけないので正月三が日の間はおせち料理を食べる、という習わしが昔からあるのです。

また、お正月に火を使うのは縁起が悪いとも言われています。これは、平安時代の後期からの風習ですが、火の神様「荒神(あらがみ)」様を怒らせない為に、お正月に火を使うのはタブーとされてきました。

そう言った意味でも、おせち料理には保存が効くものが多く、火を使わないで食べられるように準備が必要となるのです。

つまり、おせち料理を食べる期間としては、「大晦日または一月一日から一月三日までの三日間」となります。



おせち料理は祝い箸でいただく

おせち料理やお雑煮を食べる時は、「祝い箸(いわいばし)」を使うことが、昔からの風習です。

大和物産 割り箸 祝い箸 紅白 10膳

祝い箸とは、両方の先端が細くなっていて、長さは約24cmです。これは昔の単位で言うと八寸で、末広がりで縁起が良いとされています。

祝い箸の両端が細くなっている理由は、神様と人が同じ箸を使う為です。一方を神様用、その反対側を人が使います。

おせち料理は、年神様へのお供え物。それをさげて、人がいただくのです。新しい年を祝い、これから過ごす一年の恩恵を神様から授かる、という意味から年神様との食事を共にします。ですから、ひっくり返して取り箸代わりに使うのはだめですよ。

また、お祝いの席で箸が折れるのは縁起が悪いですよね。ですから、祝い箸には折れにくく丈夫な柳の木が使われています。

祝い箸は、その形や原料から「両口箸」「俵箸」「はらみ箸」「太箸(たいばし)」「柳箸」などと、呼ばれることがあります。

最近では、綺麗な箸袋に入っている祝い箸をよく見かけるようになりました。箸袋は簡単に作る事が出来るので、お正月の来客用にいくつか作っておくのも良いかもしれません。


まとめ

おせち料理を食べる意味と時期って?
おせち料理を食べる意味
おせち料理はいつ食べるの?
おせち料理は祝い箸でいただく

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存