おせち料理の縁起物!それぞれの食材の意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

お正月に欠かせない おせち料理

日本の食文化の粋を集めたハレの日のご馳走です。

中華風や洋風など目新しいおせちも目にしますが、本来のおせちは素材や料理の一つ一つに縁起物としての意味があり、一年の始まりの日に幸せを願い、平安を祈る人々の想いが込められています。


スポンサーリンク

おせち料理の縁起物!それぞれの食材の意味

おせちの由来

おせちの由来は神饌という神様にお供えする食べ物です。

季節の変わり目を祝う神饌はとくに「御節供(おせちく)」と呼ばれ、これが「おせち」の語源です。現代では一年のうちでもっとも重要な行事であるお正月の料理だけを「おせち」と呼びますが、お正月だけでなく、桃の節句や端午の節句、七夕の節句、重陽の節句などに用意された神饌も、かつては「おせち」と呼ばれていました。


おせちの約束事

一人一人に据えられる膳をおせちと呼んでいた時代もありますが明治以降は重箱に詰めた料理がおせちと呼ばれるようになりました。

日本料理の盛り付けにいろいろな決まりがあるように、おせちの詰め方にもいくつかの約束事があります。

重箱は四段が正式とされ、壱(いち)の重には口取り、弐(に)の重には酢の物、参(さん)の重には海の幸や焼き物、与(よ)の重には山の幸である煮しめを詰めます。

いずれの料理も重箱には必ず奇数個を詰めます。

口取りとは黒豆、数の子、ごまめの祝い肴三種を中心にした酒の肴になるものや甘味の強いもののことです。

酢の物は匂いが移りやすいのでほかのものと一緒に詰めないようにします。三段重の場合は焼き物と煮しめを一緒に詰めます。

鶏肉と全部の食材を一緒に炒め煮にする筑前煮とは違い、煮しめは正月特有の呼び名で、素材ごとに別々に煮て味を染み込ませ盛り合わせます。

四段目は忌み数字の四を避け「与」の字をあてます。

このほかこれから福を詰められるようにとの願いを込めて五段目に空の重を添える風習もあります。

何種類もの料理を揃えられない場合でも祝い肴の三品は必ず用意します。

ごまめは一番上のいわしの頭が左になるように盛り付けます。


縁起物といわれ

壱の重

黒豆 色が黒くなるまでマメに働けるように、またしわが寄るまで長生きるようにとの語呂合わせです。

数の子 子宝と子孫繁栄を願います。

ごまめ 「五万米」とも書き豊作を願います。 いわしを田の肥料としたことから田作りともいいます。 関西ではごまめの代わりに叩きごぼうを祝い肴に数えることもあります。

ちょろぎ 「千代呂木」「長老喜」とも書き長寿を願います。 梅酢に漬けて赤く染色し黒豆に添えます。

きんとん 「金団」とも書き、黄金に模すためクチナシで黄色く染色し金運上昇を願います。

伊達巻 形が巻き物に似ていることから知識が増えるようにとの願いを込めます。

百合根 花びらが重なったような形をしていることから子孫繁栄を願います。

紅白かまぼこ 赤は慶事を白は神聖をあらわします。

昆布巻き 「よろこぶ」につながる縁起物です。

弐の重

紅白なます 大根の白とにんじんの赤で邪気を払い慶事をあらわします。

菊花かぶ 長寿のシンボルである菊のかたちに細工したかぶを紅白に染め分けて慶事をあらわします。

酢バス 穴が開いていることから「先を見通す」と縁起を担ぎます。

 「代々」にかけ、家が代々栄えるようにと願います。

参の重

養老えび 赤い色が慶事を、「つ」の字に曲がった姿が長寿をあらわします。

ブリ 冬が旬の寒ブリは名前が変わっていく出世魚で、立身出世を願います。

カツオ 「勝男」の字をあてとくに武士や男子の多い家系に好まれた縁起物です。

タイ 「めでたい」につながる縁起物です。

ハマグリ 二枚の貝がピッタリと合うのは一組しかないことから夫婦円満をあらわします。

アワビ 薄く剥いて長く伸ばし、干したものが「のし」の原型で、結納にも使われるように慶事には欠かせない縁起物です。秦の始皇帝にまつわる不老不死の伝説から長寿を願います。

与の重

八つ頭 親芋に子芋がたくさんつく姿から子孫繁栄をあらわします。

金時にんじん 鮮やかな赤い色が邪気を払います。花の後に実が成るという縁起を担いで新春を寿ぐ梅の花の形に細工します。

ごぼう 深く根を張ることから細く長く堅実な繁栄を願います。

れんこん 穴から先を見ることができるので将来の見通しがきくとされる縁起物です。

くわい 上向きに芽が出ることから「めがでる」につながり立身出世をあらわします。

手綱こんにゃく 「結ぶ」ことから良縁成就を願います。


正月の飾り切り

亀甲切り 長寿をあらわす亀になぞらえて里芋やシイタケなどを六角形に切ります。

ねじり梅 にんじんを五弁の花形に切り、花びらと花びらの間に切り込みを入れて斜めに削ぎます。

菊花かぶ かぶの形を整え、縦横に細かい切り込みを入れて薄い塩水に浸けてしんなりさせます。

矢羽根れんこん 厄を祓う矢羽根の形にれんこんを切り揃えます。

くじゃくかまぼこ かまぼこを1cm幅に切り、カーブしている側に4mm間隔で切り込みを入れ、爪楊枝など使って同じ方向に順に折り込みます。


おめでたい添え物

正月料理には裏白やゆずり葉、南天の葉、千両、万両の実が料理の仕切りや彩に使われます。

裏白 しめ飾りや鏡餅の飾りにも使われる裏が白い常緑の葉で、長寿と繁栄をあらわします。葉が一対であることから「諸向(もろむき)」とも呼ばれ夫婦円満をあらわすともいわれています。

ゆずり葉 古い葉と入れ替わるように葉が芽吹くことから順調な代替わりをあらわす縁起物です。

南天 「難を転ずる」に通じる縁起物です。

千両 万両 赤い実が邪気を払い、名前の通り金運に恵まれるようにと願います。


おわりに

人々の願いが込められたおせち料理は日本が世界に誇る伝統料理です。

語呂合わせや掛け言葉、縁起かつぎも遊び心に溢れ、昔から日本人がお正月を楽しみにしていた様子がうかがわれます。

神様と共に一年の平安を祈って食べるおせちは神聖でありがたいものですが特別に難しいものではありません。

面倒だと敬遠せず、ぜひ挑戦してみてください。

いきなり全部を手作りすることは難しいかもしれませんが祝い肴三品から始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存