おせち料理の意味って知ってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

おせち料理の意味って知ってますか?

oseti

お正月に食べるものといえばおせち。毎年何気なく食べていますが、おせち料理に込められた意味ってご存じですか?

おせち料理は入っている一品ずつ全てに意味があるんです。日本人として、おせちのおめでたい意味を知りながら食べると新しい一年がより良く迎えられる気がしますよね。

おせち料理の意味 を紹介します。


おせち料理ってなに?

おせち料理とは、正月に食べるお祝いの料理のことです。

「おせち」とは、本来は暦上の節句のことを指します。

その節句に作られる料理を「おせち料理」と呼んでいたのですが、現在では一年間で節句の一番目にあたるお正月の料理を表す言葉として使われています。

おせち料理は「めでたさを重ねる」という意味で、縁起をかつぐために重箱につめます。

もちろん地域や家庭によって中身は様々。

一般的には3段重か五段重で出されることが多いです。今回は三段重での中身と、それぞれの意味を紹介します。


一の重:祝い肴・口取り

一の重にはおとそを祝うための祝い肴(数の子、田作り、黒豆など)や口取り(かまぼこ、栗きんとん、昆布巻きなど)を詰めます。

数の子:卵の数が多いため、子宝や子孫繁栄を祈ります。

田作り:昔は田植えの肥料に乾燥したいわしを使っていました。そのいわしを使った田んぼが豊作だったことから五穀豊穣を祈っています。

黒豆:まめ、とは本来は元気や丈夫という意味。一年間元気に暮らせるようにという意味が含まれています。

紅白かまぼこ:かまぼこの形が初日の出の形に似ていることから用いられます。赤色は歓び・白色は神聖を意味し、紅白で用いられます。

栗きんとん:きんとんは、漢字で金団と書きます。その名のとおり、金運をよぶものです。

昆布巻き:昆布は「喜ぶ」にかかっており不老長寿とお祝いの縁起物です。昆布巻き以外にも煮しめの結び昆布にも使われています。


二の重:酢のものと焼き物

二の重には酢のもの(紅白なます、菊花かぶなど)や焼き物(エビ、鯛、ブリなど)を詰めます。

紅白なます:お祝いの水引きをかたどったものであり、おめでたい意味があります。

菊花かぶ:かぶをおめでたい菊の花に飾り切りしたものであり、長寿を願う縁起物として使われます。

えび:腰が曲がるまで長生きするという願いが込められています。

鯛:祝い事の定番の縁起物で、めでたいに通じます。

ブリ:出世魚の代表として、出世を祈願して使います。


三の重:煮物(煮しめ)

三の重には煮物が入ります。煮しめとも呼ばれます。煮しめの材料もおめでたいものばかりです。

里芋:小芋をたくさんつけることから子宝に恵まれるようにという意味が込められています。

ごぼう:地中にしっかり根を張るごぼうは細く長く幸せになるようにとおせちの中でも様々な料理に使われています。

れんこん:穴があいているのでそこから先が見通せるようにという意味です。

たけのこ:たけのこは成長が早いので、子どもがすくすく育つようにと願って使われます。

手綱こんにゃく:こんにゃくを手綱に見立てたもので、手綱の結び目が円満に通じることから縁を結ぶという縁起を担いで用いられます。

にんじん:にんじんの赤は寿をあらわします。また、縁起物とされる梅の形にかたどります。


おわりに

お正月に何気なく食べているおせち料理。

全てに意味があると知って食べるとまた違いますよね。

重箱の中のものは全てに意味が含まれています。

もちろん地域や各ご家庭によっていれるものも様々です。

ぜひその家庭ごとのおせち、楽しんでくださいね。


まとめ

おせち料理の意味って知ってますか?
おせち料理ってなに?
一の重:祝い肴・口取り
二の重:酢のものと焼き物
三の重:煮物(煮しめ)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ