産後の悪露(おろ)はいつまで続く?長く続くときは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

出産という大仕事を終えて、ほっと安心したのもつかの間、産後のママを悩ませるものの1つが 悪露(おろ)です。

血や粘液など、生理の時と同じような物体が大量に排泄される悪露は、産後のママにとってうっとおしい存在です。

しかし、悪露のスムーズな排泄は、子宮の回復にとって欠かすことができない現象とも言えます。

ここでは、産後の悪露はいつまで続くのか、悪露が長引くときはどうしたら良いのかなどについて、詳しくご紹介します。


悪露とは?

赤ちゃんを産んだ後の子宮には、血液・リンパ液・粘液・卵膜の一部などが残っています。

産後の悪露(おろ)とは、子宮の収縮によってそれらが体外に排出されたものの総称です。

出産を終えると、からっぽになった子宮は元の状態に戻ろうとします。

これを子宮復古と言います。

スムーズ子宮復古によって子宮が収縮すると、出血も止まり、悪露も自然と消失していきます。


産後の悪露はいつまで続く?

個人差はありますが、一般的には産後の悪露は1ヶ月程度でおさまるケースが多いとされています。

子宮の収縮が進み出血が止まると、悪露に混じる血液の量が次第に減少し、悪露の色も薄くなってきます。

1ヶ月以上経っても悪露の量が減らない・むしろ増えてくるなどの場合は、何らかのトラブルが起きている可能性もあるため注意が必要です。


悪露の量・匂い・色は変化する

悪露の量・匂い・色は日数と共に変化していきます。

大まかな変化について、以下にご紹介します。

産後2~3日

出産を終えてすぐの悪露は量も多く、血液もたくさん混ざっているため、鮮やかな赤色をしており、生臭い匂いがします。

悪露の量が多い間は専用のナプキンをつけておく必要があります。

産後1週目

産後1週目頃になると、子宮の出血量も減り、悪露も少しずつ落ち着いてきます。

産後すぐは鮮血のように赤い色をしていたものが、徐々に茶褐色へと変化していきます。

しかし、まだこの時期の悪露には血液が多く含まれているため、匂いは生臭いままです。

この頃になると、産後すぐにつけていた大きめのナプキンから、普通の生理用ナプキンに変えられる人も少なくありません。

産後2~3週目

産後2〜3週目になると、子宮内膜の再生も進み、出血もほとんど止まります。

悪露に混じる血の量もかなり減少するので、色は茶褐色から淡い黄色のようなものに変わり、生臭い匂いも弱まります。

量自体も減少して、人によってはほとんど出ていないくらいに感じる場合もあるようです。

量が落ち着いたら、生理ナプキンからおりものシートに変えるのも良いでしょう。

産後4週目以降

産後4週目を過ぎる頃には、悪露の状態は白〜無色になり、匂いもほぼ無臭になります。

5週目を過ぎる頃には、ほとんどの人は悪露がなくなります。

もちろん、悪露が出なくなる時期にも個人差はありますが、5週目以降も悪露が出続けていたり、量が増えてくる・匂いがきつくなるなどの症状が見られる場合は、子宮内でトラブルが起きている可能性があります。


こんな症状の時は要注意

先にも述べたように、通常、悪露は産後1ヶ月前後でなくなることが多いとされています。

その期間を過ぎても悪露が続く場合は、子宮内部で出血が続いている・子宮の戻りが悪いなど、トラブルの可能性があるため注意が必要です。

また、産後1ヶ月未満であっても、悪露が増えてくる・匂いがきつくなってくる・下腹部痛がある・熱が出るなどの症状が見られる場合は、何らかの器質的な疾患が考えられるため、かかりつけ医の診断を受けるようにしましょう。


悪露が長く続くときの対処方法

医師の診察を受ける

悪露が長く続く時には、自分1人で悩みを抱え込まず、専門医の診断を受けるようにしましょう。

気になる症状が見られる場合は、産後1ヶ月目に行われる検診で、主治医や助産師などに相談してみるのも良い方法です。

基本的に悪露は生理現象の1つなので、スムーズに量や匂いがおさまってくるのであれば心配はありません。

しかし、産後数週間が経過しているのにもかかわらず逆に症状が悪化する場合は、生理現象以外の原因が考えられます。

その場合は、できるだけ早めに適切な処置を受ける必要があります。

安静にする

悪露が出ている間は、まだ体が本調子ではないと考え、できるだけ安静に過ごすことが大切です。

産後すぐは赤ちゃんのお世話も大変ですし、慣れない育児でママも無理をしがちです。しかし、出産は女性の体に大きな負担をかけるものです。

悪露が続いている時期にも関わらず無理をしてしまうと、悪露が長引いたり、体調を崩してしまったりする恐れがあります。

悪露が長く続くときの対処方法としてだけでなく、産後はできるだけ安静に過ごし、ママ自身の体の回復にも努めましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存