オリゴ糖とはどんなもの?どんな食品に含まれているの?効果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

origotou-syokuhinn

オリゴ糖”と、聞いて思い浮かべるものは何でしょう。

オリゴ糖は、特定保健用 食品 の成分として用いられることも多く、体に良い効果がいくつもあります。

もともとは母乳から見つかったものなので、赤ちゃんや妊婦さんでも安心して摂取することができる天然の成分です。


スポンサーリンク

オリゴ糖とはどんなもの?どんな食品に含まれているの?効果は?

オリゴ糖はどんなもの?

オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖など、一番小さい糖質、単糖が数個結合したものをいいます。

オリゴ糖は小腸で吸収されてしまう消化性のものと、消化されずに大腸まで届く難消化性のものに分かれます。

難消化性のオリゴ糖は、腸内に存在する細菌、ビフィズス菌や乳酸菌の栄養素となります。

そのため、善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを良くして腸内環境を整えてくれる作用があります。

糖質の一種なので、甘みがありますが、通常の砂糖に比べ甘味が少なく、低カロリーなのが特徴です。


オリゴ糖を含む食品とそのオリゴ糖の種類は?

オリゴ糖は身近な食物の中にも入っています。

食べ物によって、入っているオリゴ糖の種類も違います。

砂糖ダイコン(ビート)・・・ラフィノース 

便秘解消などの効果が期待できます。

玉ねぎ、ゴボウ、ニンニク、バナナ・・・フラクトオリゴ糖

低カロリー甘味料として利用されています。

腸内の善玉菌の餌となり、増殖していきます。

牛乳など乳製品・・・ガラクトオリゴ糖

ミネラルの吸収を促進します。

たけのこ、トウモロコシ・・・キシロオリゴ糖

虫歯の予防に効果があります。

清酒、はちみつ・・・イソマルオリゴ糖

防腐性や熱に強いという特徴を持っています。

大豆、黄な粉、味噌、醤油など大豆製品・・・大豆オリゴ糖 

少量でビフィズス菌の増殖にも効果的。

他にもオリゴ糖の種類は多々あり、特徴にも違いがあります。


オリゴ糖の効果とは?

1. 腸内環境を整える

オリゴ糖は胃や小腸で分解されにくく、大腸まで届き、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌の餌となります。

オリゴ糖が分解され、酢酸や乳酸などの酸となると、酸性環境下では生きられない悪玉菌が減少し、善玉菌が増えるので、腸内環境を改善します。

2. 動脈硬化の予防

腸内の善玉菌が増えると、血中の善玉コレステロールが増えます。

善玉コレステロールは、腸内の余分なコレステロールや胆汁酸を吸収して排出してくれるので、血中のコレステロールや中性脂肪を低下させることで、動脈硬化の予防に効果的です。

3.血糖値を上げにくくする

砂糖の代わりにオリゴ糖を使うと、体内で消化されにくいので、食後の血糖値の上昇を抑えられる効果があります。

4.便秘の改善

オリゴ糖が分解されてできた酸は、腸を刺激し、蠕動運動を活発にします。

便の排出を促してくれるので、便秘の解消に効果があります。

5.ダイエット効果

オリゴ糖は低カロリーで、エネルギーは、ブドウ糖(1g=4kcal)の半分2kcalしかありません。普段使う砂糖をオリゴ糖に変えることで、エネルギーを減らすことができます。

6.美肌効果

悪玉菌が増えると、ニキビや吹き出物の原因となる毒素を出します。

オリゴ糖が大腸まで届いて、善玉菌を増やしてくれるので肌荒れを防いでくれる効果があります。

7.アトピー・アレルギーの改善

オリゴ糖が、ビフィズス菌の餌となり増殖させてくれるので、腸内細菌のバランスを整え、アレルギーやアトピーの原因となる腸管免疫システムを改善してくれます。

8.虫歯になりにくくする

オリゴ糖は、虫歯の元となるミュータンス菌の餌になりにくい性質をしています。

9.ミネラルの吸収促進

オリゴ糖を摂取すると、ビフィズス菌が増えます。

ビフィズス菌はカルシウムの吸収を促し、骨粗しょう症の予防や体内の骨の分解を抑える効果があります。

オリゴ糖には、健康や美容など様々な効果がありますね。

もし体のことで悩んでいることがあるのなら、オリゴ糖の含まれる食品を意識的に摂取してみてはいかがでしょうか。

野菜や果物にしか含まれていませんから、健康的な食事に繋がること間違いなしです。


まとめ

オリゴ糖とはどんなもの?どんな食品に含まれているの?効果は?
オリゴ糖はどんなもの?
オリゴ糖を含む食品とそのオリゴ糖の種類は?
オリゴ糖の効果とは?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存