大阪での初詣は縁のある神社に参拝を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

今回は 大阪 で 初詣 にオススメな 神社 を紹介いたします。

今では、ご利益が高く、知名度のある神社に行かれる事の多い初詣ですが、江戸時代から続いている風習の初詣の発端は、地元の神社に一年無事に過されたことに感謝を込めて、又、新たな歳を迎える事に対する感謝の意を込められ、参拝をされていました。

家の御祭神(祖先神)をお迎えした後に、神社に参拝に行かれていましたが、今とは少し趣が変わられた事がありますが、感謝の意を込められ、参拝をすることには、違いはありません。

西日本の中心地として、大阪府は全国第三位の政令指定都市となります。

大阪に、数多くある神社のなかで、ご利益が沢山貰える初詣スポットを紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

大阪で初詣は縁のある神社に参拝を

1.太古の聖城 枚岡神社

一、 山嶺平夷の所に創建せられたるより平岡と称せし

一、 社地より南方は概ね平坦にして小高き岡なりしが故に称せりと呼ばれ、ひとひらの土地から”枚岡”の名前がついた説があり、一文字に御霊が沢山積もっているという説もあります。

御祭神は、天児屋根命を主祭神とし、比売御神、経津主命、武藍槌命が祀られています。

歴史は古く、神武天皇が大和の地に即位される3年前に造られたとのこと、時代を感じます。

一年を通して行われる祭事も由緒ある神社と言えるだけに、珍しいお祭りも行われます。

10月に行われる「枚岡神社秋郷祭」もその一つで、大小32基の太鼓台が各地を廻り、3基の地車が地域を曳行し、地域は、鐘と太古で鳴り響く2日間は、盛大なお祭りの中に荘厳、優雅さが漂わせています。

12月に行われる「注連縄掛神事」(お笑い神事)正しく、おなかの底から笑った事がありますか?

様々な出来事を笑って新たな歳をお迎えするお祭りとなります。

ちょっと行ってみたいですね・・

住所:大阪府東大阪市出雲井町7-16

アクセス:近鉄奈良線 枚岡駅 下車 徒歩すぐ

尚、神社の周りは梅園でも有名で、金剛生駒国定公園に指定されており、四季折々の風情を楽しめます。


2.少名彦神社 (神農さん)

大阪道修町は、豊臣時代から薬種の取引場所として、業者が集まるようになり、江戸時代の幕府が124軒の株仲間に薬品を売ることの特権を与え、1780年に神農炎帝と共に祀られました。

日本医薬総鎭守として健康成就の社としての神社となります。

日本医薬の祖神の空名彦命、中国医薬の祖神 神農炎帝命が御祭神になります。

毎年11月22/23日の二日間に渡り、大阪市無形文化財に指定されている「神農祭」が行われます。

神農祭とは、1822年に大阪でコレラが流行った時、病除けの薬として“虎頭殺鬼雄黄圓”という丸薬を作り、“神虎”(張子の虎)と一緒に神前祈願をしてから施与した事によって病が治ったとされ、家内安全、無病息災の神様として、五葉笹に張子の虎と少名彦神社のお札をつけた張子の虎をお守りとして授与しています。

住所:大阪府大阪市中央区道修町2-1-8

アクセス:地下鉄堺筋線 北浜駅6番出口下車 徒歩5分

尚、薬の町 として製薬会社の史料館など多くの薬に関する建物があり、薬の歴史が覗われます。

健康維持のためにも、参拝に・・・


3.今宮成神社 (えべっさん)

大阪西方の守護神として、聖徳太子が四天王寺を建立したときに建てられた神社となります。

御祭神は天照皇大神、事代主神、月読尊、稚日女尊、素戔嗚尊の5柱が祀られており、その中でも事代主神が特に信仰が深くされ、今の商売繁盛の神様、えびす様に結ばれてきています。

そのえびす様のお祭り“十日戒”が毎年1月9かから3日間にかけて行われます。

孟宗竹の笹に、神社から授与される子宝のこときっちょうとも呼ばれ、銭袋、末広、臼など縁起物を束ね、笹につけ、家に持ち帰りました。

えびす様を大事にすることから、今の商いの大阪と呼ばれるのでしょうか。

住所:大阪府大阪市浪速区恵比寿西1-6-10

アクセス:地下鉄御堂筋線 大国町駅3番出口 東方面へ徒歩5分

4.成田山不動尊

交通安全の神様として、全国に数多く存在する成田山、関西地方を一手に見守っています。

年間200万人以上の参拝客が訪れる事もあって、その壮大さは、感慨深いものでしょう。

弘法大師によって、昭和9年に建立されました。

3月と9月の交通安全の週間に合せて、3月15日から2ヶ月間、9月15日から2ヶ月間“交通安全祈願大祭り”を行われます。

住所:大阪府寝屋川市成田西町10-1

アクセス:地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅乗り換え京阪本線香里園駅 下車 徒歩15分

以上、大阪のお薦めの初詣スポットを幾つかご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

神農さんと呼ばれるお薬の神様や、えびす様の商売繁盛の神様、交通安全の神様など、神様も様々です。

御祭神とは、その神社に祀られている神様の事を表していますが、祀られている御祭神を知る事も歴史を感じることとなり、新たな気持ちの初詣となりましょう。

ちょっと思考を変えて、御祭神巡り をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存