日本の神話から考える女の子の名前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

日本の 神話 の中で色々な神様の存在が語られています。

そんな日本の神話から 女の子 の 名前 を命名してみるのはどうでしょうか。

今まで日本の神話を知らなかった方も、確認してみると面白く感じる場合もあると思います。

恐らく、そんな日本の神話の中には魅力を感じる神様の存在もいるのではないでしょうか。

ひょっとして住んでいる地域も、日本の神話と縁のある場所かも知れません。

今回は、そんな日本の神話から考える女の子の名前を説明します。


スポンサーリンク

日本の神話から考える女の子の名前

木花咲耶姫から考える女の子の名前

木花咲耶姫は女神で、日本の神話に登場して来ます。この木花咲耶姫は、とても姿の麗しい神様だったとされています。

産まれる女の子に綺麗に育ってほしい場合に、この木花咲耶姫から名前を考えてみるのも良いかも知れません。

その木花咲耶姫から考える名前を説明します。

愛花<あいな>・亜花音<あかね>

鮮花<あざか>・厚花<あつか>

絢花<あやな>・杏海花<あみか>

一花<いつか>・初花<ういか>

笑花<えみか>・恵玲花<えれか>

円花<えんか>・花愛<かあい>

花楓<かえで>・花月<かつき>

花鳥<かとり>・花撫<かなで>

花乃葉<かのは>・花里<かり>

花林<かりん>・絹花<きぬか>

京花<きょうか>・清花<きよか>

小花<このか>・彩花<さいか>

咲花<さはな>・志花<しいか>

俊花<としか>・新花<にいか>

百花<ひゃっか>


天照大神から考える女の子の名前

天照大神(あまてらすおおかみ)は神話に強い関心のない人でも、名前だけは知っている場合もあるのではないでしょうか。

この天照大神が天岩戸に籠ってしまって、踊りで誘い出そうとした話は有名でしょう。

この天照大神から考える女の子の名前を説明します。

大空<おおぞら>・彩照<さてら>

大亜<だいあ>・大地<だいち>

照<てる>・照江<てるえ>

照子<てるこ>・照虎<てとら>

照乃<てらの>・照実<てるみ>

照美<てるみ>・照夜<てるよ>

美大<みだい>・明照<めいてる>

雄大<ゆうだい>


月読尊から考える女の子の名前

伊邪那岐命から生まれたのがこの月読尊です。

この月読尊は日本神話にも登場して来ます。

この月読尊から考える女の子の名前を説明します。

藍月<あつき>・伊月<いつき>

卯月<うつき>・絵月<えづき>

可月<かづき>・如月<きさらぎ>

彩月<さづき>・詩月<しづき>

世月<せつき>・月<つき>

月江<つきえ>・月可<つきか>

月緋<つきひ>・月与<つきよ>

七月<なつき>・乃月<のづき>

葉月<はつき>・羽月<はづき>

日月<ひつき>・文月<ふみづき>

保月<ほづき>・実月<みつき>

実月<みつき>・睦月<むつき>

桃月<ももな>・夕月<ゆうづき>

夜月<よづき>・羅月<らつき>

梨月<りつき>・澪月<れいる>


菊理姫から考える女の子の名前

黄泉国に伊邪那岐命が伊邪那美命を求めて行った神話があります。

日本書紀の一書で、この出来事に関して書かれている中で菊理姫は登場するのです。

ちなみに、結果的に伊邪那岐命は、伊邪那美命を黄泉国から連れて帰る事は出来ませんでした。

この菊理姫から考える女の子の名前を説明します。

菊<きく>・菊恵<きくえ>

菊枝<きくえ>・菊乃<きくの>

菊美<きくみ>・菊予<きくよ>

小菊<こぎく>・野菊<のぎく>

雛菊<ひなぎく>・蘭菊<らんぎく>


伊邪那美命から考える女の子の名前

伊邪那美命に関しては、菊理姫の所で名前が出てきましたね。

この伊邪那美命を祀る神社は複数あり、佐太神社・多賀神社などが挙げられます。

この伊邪那美命から考える女の子の名前を説明します。

亜伊子<あいこ>・伊緒<いお>

伊央奈<いおな>・伊久江<いくえ>

伊子<いさこ>・伊鈴<いすず>

伊千佳<いちか>・伊月<いつき>

伊鶴<いつる>・伊鶴<いづる>

伊奈子<いなこ>・伊乃<いの>

伊与<いよ>・伊理<いり>

伊羽<いわ>・紀伊<きの>

瀬伊<せい>・日伊奈<ひいな>

命<みこと>・芽伊<めい>

命花<めいか>・命子<めいこ>

命路<めいじ>・命乃<めいの>

命夢<めいむ>・由伊<ゆい>

優伊<ゆうい>・瑠伊<るい>

麗伊<れい>


豊玉姫から考える女の子の名前

この豊玉姫の関連の神社としては、益救神社・海神神社などが挙げられます。

この豊玉姫から考える女の子の名前を説明します。

亜美豊<あみほ>・玉亀<ぎょくき>

小玉<こだま>・玉<たま>

玉緒<たまお>・玉木<たまき>

玉子<たまこ>・玉実<たまみ>

玉代<たまよ>・豊恵<とよえ>

豊江<とよえ>・豊吉<とよきち>

豊奈<とよな>・豊乃<とよの>

葉玉<はた>・美豊子<みほこ>

豊<みのり>・豊可<ゆたか>

里豊<りほ>


まとめ

当たり前ですが日本以外にも神話はあります。

そうした日本以外の神話から名前を考えてみるのも良いかも知れません。

海外にも大勢の神々が伝えられているのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存