おんぶ紐もっこって?おんぶの知育効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

最近話題の おんぶ紐もっこ」をご存知ですか?

「もっこ」は熊本の天草地方に伝わるおんぶ紐のことで、子育てママにとっても注目されているんです。

問い合わせや注文が殺到しているおんぶ紐「もっこ」についてご紹介します。


おんぶ紐もっこって?おんぶの知育効果!

おんぶ紐もっこって何?

もっこは熊本の天草地方に伝わるおんぶ紐のことです。

古くから受け継がれていて、地域の人たちの子育てにかかせないものでした。

熊本の天草地方は海辺の町。

潮の満ち引きで赤ちゃんが流されないよう、おんぶしながら海の仕事をしたり、農作業や家事をしたりするのにも重宝していたそうです。

寒くないように毛布をかけて仕事をしているうちに、おんぶ紐と布団をくっつけたのが「もっこ」の始まりだそうです。

そんなもっこを現代のママ目線でデザインや機能性を改良したのが、今注目されている「もっこ」なのです。

もっこの特徴は布に紐がついたシンプルな作り。

主流の抱っこ紐はバックルがついていて、大抵はママのサイズにあわせていますよね。

たまにパパが抱っこした後に使おうとするとバックルの位置を戻さないといけません。

いざ使いたい時にバックルを直すのは結構ストレスだったりします。

その点、もっこは金具がないため、誰でも使える手軽さが魅力です。

また、おんぶ紐として使うだけでなく様々な用途で使用できるのももっこの特徴。

もっこの魅力をご紹介します♪


もっこの魅力①手軽さ

首がすわってから14.9kgまで(4ヶ月ごろから30ヶ月頃まで)使えるもっこ。

長く使えるのも育児アイテムを買う際のポイントですよね。

先述したように、もっこには金具がありません。

そのため、どんな体型の人でも使えます。

使い方がわかればどんな人でも使えるため、パパと体格差があって使えない!なんてこともありません。

おんぶ紐特有の胸でばってんする姿が恥ずかしいなんてママもいると思いますが、このもっこは胸でばってんせずにおんぶすることが出来ます。

デザインもおしゃれで可愛い柄のものがあり、手軽・気軽におんぶを楽しめる工夫が施されているのも、もっこの魅力ですね。


もっこの魅力②多機能

もっこは1つで多くの用途に使うことが出来ます。

  1.      おんぶ
  2.      抱っこ
  3.      授乳ケープ
  4.      チェアベルト
  5.      お布団代わり
  6.      ベビーカーの上掛け

ざっと挙げただけでもこれだけの機能がある「もっこ」

1つ持っていれば他の荷物を減らせるので、荷物の多い子育てママには重宝すること間違いなしです!


もっこの魅力③家事がはかどる!

もっこに限らず、おんぶの最大の魅力は両手があくことですよね。

前抱っこも両手があきますが、家事は前屈みになることが多く、作業効率を考えれば抱っこよりおんぶの方が家事ははかどります。

ママの背中にぴったりと密着し、もっこで赤ちゃんがしっかり固定されているので、余計なストレスがなく家事をすることができます。

ママが家事をしている間に、赤ちゃんも心地よくなって寝てしまうなんてこともあります♪


もっこの魅力④スキンシップ・知育効果

もっこはママと赤ちゃんがしっかりと密着することで、安心感やぬくもりを共有することが出来ます。

赤ちゃんはママの背中から、ママの声や心臓の音、匂いを感じ、幸福感を得ることが出来ます。

幼少期より愛情を感じることで、ママとの絆を深めるだけでなく、大人に成長する過程での人格形成にも大きな影響を与えます。

ぴったりと寄り添えるおんぶは最高のスキンシップといえるでしょう。

また、もっこは他のおんぶ紐と違って、赤ちゃんを背負う位置が高めです。

高い位置でのおんぶは赤ちゃんの視界も開け、好奇心を刺激します。

ママと同じ目線で生活風景を見ることが出来るので、ママの行動を疑似体験出来ます。

疑似体験…脳科学ではミラーニューロンと言われ、他人が行っていることを見て、まるで自分がやっているかのように感じる力を指します。

赤ちゃんにとっては、ママの何気ない日常生活も赤ちゃんにとっては刺激的なことばかり!

家事や散歩、人とのおしゃべりを赤ちゃんが疑似体験することで、赤ちゃんの脳を刺激し、発達を促すことが出来ます。

自分とは違う人間の心に共感するという社会性を養えるとも言われています。

おんぶ紐もっこを広めるプロジェクトも発足し、いろいろなデザインのもっこが販売されるようになりました。

先日の熊本の地震では、被災地に無料で貸し出しが行われ、慣れない避難生活や復旧作業でストレスや不安を抱えていたママや子どもたちに非常に役立ったという声も。

おんぶ紐を検討されているママは、ぜひもっこをチェックしてみてください♪

こちらのサイトで販売してましたhttp://onbumocco.net/

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ