お宮参りはレンタルで賢くしっかり済ませましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

torii

出産の日から始まった病院での入院生活も終わり、赤ちゃんとの暮らしが始まって一か月。

そろそろお宮参りを考える時期ですね。

名前は聞いたことがあっても、実際お宮参はいつ、どのようなことをするのでしょうか?

また お宮参り に赤ちゃんに着せるドレスや着物などはどのように準備するのでしょうか?

購入、レンタル どちらがお得なのでしょうか?

お宮参りのレンタル事情を調べてみました。


お宮参りはレンタルで賢くしっかり済ませましょう

お宮参りとはどのような行事なのでしょうか

赤ちゃんの誕生を祝う行事の一つとして行われるのがお宮参りです。

生後1ヵ月頃に、家族や出席者の都合の良い日を選んで氏神様(その土地に住む人たちを守る神様)である神社に参拝し、赤ちゃんの誕生を祝って健康と長寿を祈ります。

正式には男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とする地域が多いようですが、まずは赤ちゃんとママの体調が良いこと。

その後天候や家族みんなのスケジュールを合わせて都合の良い日を選ぶのが現在では一般的です。

お宮参りの参加者は、赤ちゃんとパパママだけでの参りだったり、両家の祖父母も同伴など、その家ごとに考えが違うので、臨機応変に対応していきましょう。

また神社で赤ちゃんを抱っこするのは、以前は父方の祖母が抱っこしていたのですが、パパママだけの場合にはママが抱っこしたり、父方の祖母が参加できない場合は母方の祖母が赤ちゃんを抱っこする等、特にこれといった決まりは無くなってきています。


お宮参りで着る祝い着とは

お宮参りで赤ちゃんは「祝い着」と呼ばれる晴着を着せます。

肌着やベビードレスを着た上から、晴着(掛け着)をかけ、抱っこする人(父方の祖母や母方の祖母や、母親自身)の首の後ろで紐を結びます。

これらの晴着を購入するかレンタルするか迷うところです。

将来仕立て直して七五三で着せるために購入と言う人もいるかもしれません。

しかし、保管が大変なことと、たいていの場合七五三で仕立て直しても、付属品として下着から小物までたくさんの購入をしなければならず、必要以上の出費がかかるため、もし七五三で購入を考えているのならば、お宮参りはレンタルにしたほうが良いでしょう。

そのほうがその時に気に入った柄の着物も着せることが出来て楽しめますよ。


レンタルの祝い着とは

男の子は紺や黒地に兜や鷲が描かれた凛々しいもの、女の子は赤やピンクの生地に花柄のかわいらしいデザインに人気が集まっています。

中に着せるベビードレスも一緒にレンタル出来るところもあるので便利ですね。

また、最近はスーツやワンピースなどでカジュアルな格好のお宮参りの方もいるとは思いますが、せっかく赤ちゃんが祝い着を着るならば、この晴れの日にママやおばあちゃんの訪問着の着物もレンタルしてみませんか?
着物レンタル365
レンタルなら小物もまとめてそろえることが出来て、自宅まで届けてくれるので一緒に頼んでおくと当日慌てることなくお宮参りの準備が進めそうですね。


その他お宮参りのためにレンタルすると便利なもの

お宮参り当日に赤ちゃんが着ているのは、肌着の上に真っ白なベビードレスです。

これもその日しか着る機会がないのなら、レンタルでレースや総刺繍など豪華なものを選んでおくと華やかでよいでしょう。

また、お参りの間中祝い着の下で抱っこをし続けるのは、おばあちゃんにもママにも大変なので、新生児用の抱っこひもなどもレンタルしておくととても役に立ちますよ。

またお宮参り用の晴着をレンタルすると、お宮参りの写真撮影が付いてくるサービスもあるので、記念に一枚撮ると良いですね。

ほかにもレンタル品には帽子やよだれかけなども含まれているので、赤ちゃんとママは安心してお宮参り当日に向けて体調を整えておいてくださいね。



まとめ

お宮参りはレンタルで賢くしっかり済ませましょう
お宮参りとはどのような行事なのでしょうか
お宮参りで着る祝い着とは
レンタルの祝い着とは
その他お宮参りのためにレンタルすると便利なもの

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ