お宮参りのレンタル事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

お宮参りのレンタル事情

omiyamairi

お宮参り はお子さんが生まれて初めての行事になるのではないでしょうか。

一般的には氏神様に家族そろって出かけ、お参りをしますが氏神様にお参りという事で参列者はそれなりに正装して行く事になります。

昔はお宮参りのために着物を誂えて着せたりしていたようですが今はなかなかそうする方も少ないようです。

そこで今日はお宮参りの着物、レンタル事情を見てみようと思います。


お宮参りとは

先ずは簡単にお宮参りとはどういう行事なのか見ていこうと思います。

お宮参りはお子さんが無事生まれてきたことをその土地の氏神様に報告し、その子の健やかな成長を見守ってくださるようお参りする行事です。

いつ頃行うかと言うと一般的には男の子は生後31,32日目、女の子は32,33日目が良いとされていますがあまりこだわる必要はなく生後30日頃の日柄の良い日を選んでお参りすればよいと思います。

場所はどこの神社でも構わないと言われますが個人的にはやはりこれから育っていく土地で成長を見守ってください。との意味も込めてお参りされるのが良いのかと思います。

お子さんには着物を着せ父方の祖母が抱っこするのが一般的です。

ですので父方の祖母や母親は紋付の礼服で参列するのが良いでしょう。

ただこれもあまりこだわる必要はなく家庭の事情で母方の祖母や父親が抱っこする場合もありますし、最近はベビードレスやケープでお参りする方も増えていますのでどちらの場合もお子さんの服装に合わせた服装であれば大丈夫でしょう。

お参りは普段通りお賽銭をあげてお参りするだけでも構いませんしおはらいを受けて祝詞をあげてもらう方もいらっしゃいます。


お子さんに着せる祝い着

本格的にお宮参りをしようと思った場合、男の子には鶴や鷹、鯉などの羽二重の紋付の着物、女の子には友禅模様や花柄のちりめんを使用した祝い着を着せます。

祝い着はお子さんを抱いている人の後ろで結ぶのでお子さんを抱く人と母親は紋付の礼服を身につけた方がバランスが良いでしょう。

またベビードレスをお子さんに着せた場合、付き添いはスーツやワンピースにしてお子さんとのバランスを取りましょう。


レンタル衣装という選択

本格的に祝い着を着せてお参りする方はいまは少なくなっているのかなとの印象です。

着物は作るのもお高いですし、作ってもその後の使い道を考えるとなかなか手を出せないのではないでしょうか。

そんなニーズを受け今はお宮参りの晴れ着のレンタル衣装がいろいろなところから出ています。

レンタル衣装屋さんはもちろんですが最近は写真館でレンタル衣装を借りられるところが増えて、衣装を着て写真を撮ってそのままお宮参りにまで着て出かけても良いサービスもあり重宝されています。

レンタル衣装の良いところはその後のメンテナンスが不要なこと。実際に購入すると何十万円もかかってしまうような高品質の着物を着せられること。

今はブランド着物やデザイナーズ着物もあって他の人とは違う、その子に似合った着物を沢山ある中から選んで着せられること。

また写真館でのレンタル衣装の場合記念写真も一緒に撮れますし、必要であるなら着付けまできちんとしてもらえるのが安心です。もちろんベビードレスのレンタルもあります。

他にはインターネットでレンタル出来る所もあります。

写真を見て着やドレスを選び、それが郵便や宅配で送られてきて期日までに返送するか宅配業者が引き取りに来てくれる形式です。

この場合着付けはしてもらえないですがお宮参りの場合お子さんの着物だけならふんわりとかけるだけですので着付けは必要ないですし、なによりリーズナブルにレンタルすることが出来るのが嬉しいです。

このネットレンタルにはご両親の礼服などもそろえられていました。着付けしてくださる方がいらっしゃったらぜひ利用したいサービスです。


レンタル衣装の注意点

先ずは使用する日時を明確にしましょう。

写真館でのレンタルでは写真撮影もありますので時間には気をつけゆとりを持って行動できるようにしましょう。

それでもご自身の身支度もありますので、こういう時ほどお父さんに協力をお願いして乗り切りましょう。

お子さんにとっては写真撮影をして、お宮参りして、と、ずいぶん慌ただしいスケジュールになりがちです、お子さんの様子をよく見て無理に大人に合わせることのないように気をつけましょう。

また、ネットレンタルの場合配送されてくる日にちなどがありますので余裕を持ってお願いするようにしましょう。

子どもの急な発熱や病気などで日程が変わった場合でも変更を受け付けてもらえるか。など事前に確認しておくと良いでしょう。

なおレンタル衣装の場合、汚してしまっても大抵の場合そのまま返却を受けてもらえるようですが、あまりにひどい汚れや破損があった場合は弁償が必要になる場合もあります。

こちらも事前に確認しておくと安心です。

大切なお子さんの晴れの日です。素敵な晴れ着でよい思い出を残せると良いですね。


まとめ

お宮参りのレンタル事情
お宮参りとは
お子さんに着せる祝い着
レンタル衣装という選択
レンタル衣装の注意点

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ