お宮参りの時の初穂料とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お宮参りの時の初穂料とは

hatuhoryou-omiyamairi

お子さんが生まれて30日前後に、その子の誕生と健やかな成長を氏神様に報告、祈願する目的で行われるお宮参りですが、お宮参りの時に祝詞をあげてもらう場合そのお礼として初穂料というものを納めることになります。

今日はその初穂料について細かく見ていこうと思います。


お宮参りとは

お宮参りは一般的には男の子は生後31日、32日目に。

女の子は生後32日、33日目に行われる儀式です。

おなかに赤ちゃんが来てくれた時に安産を祈願してお参りした場合(お参りしていなくても)、お子さんが無事に生まれて来てくれたことを氏神様に報告し、その子の健やかな成長を願ってお参りします。

日程は生後30日程経っていれば参列者の都合に合わせ、また日の良い日を選んでお参りすればよいでしょう。

お産を穢れの物とする風習から、お参りするお子さんは父方の祖母が抱っこして、お子さんの晴れ着を抱っこした方の後ろで結びます。

その紐にお守りを下げる所もあります。

これもあまりこだわることはなくご家庭の都合により父親が抱いても母方の祖母が抱いてもかまわないと思います。

その後おはらいをしてもらい祝詞をあげていただきます。

おはらいや祝詞をあげてもらわずお賽銭だけで済まされる方もいらっしゃいます。

お宮参りの手順はだいたいこんなところです。


初穂料とは

初穂料とは、神社におはらいや祝詞をお願いした場合にお礼として渡すお金の事で、昔は神様に祈りをささげる時に農作物がお供えとして奉納されてきました。

中でもその年に取れたお米は縁起が良いとされ、このお供えのお米の代わりとしてお納めするお金という事で『初穂料』と呼ばれるようになりました。


初穂料の熨斗袋の書き方

神社でおはらいや祝詞をあげていただく場合、初穂料は赤白の蝶結びの熨斗袋に入れて用意します。

表書きは『御初穂料』『初穂料』とし、下の段にはお子さんの名前をフルネームで書き入れます。

熨斗袋には熨斗(封筒の右端に付ける赤い紙を折りたたんだ物)は付いていなくても大丈夫です。


初穂料の金額

神社でおはらいや祝詞をあげていただく場合、社務所に受け付け用紙が準備されています。(ないところもありますので事前に確認してください。申し込み方法は神社によって異なります。)

そこにお子さんの名前や生年月日、住所などを記入し初穂料を添えて申し込みをします。

事前に電話などでの受け付けの場合、当日社務所に「お宮参りをお願いしました〇〇です。本日はよろしくお願いいたします。」と一言添えて初穂料を渡します。

お宮参りの時の初穂料の相場は大抵5000円からですが地方によっては3000円のところもあります。

神社によってはお守りやお札などをいただく場合もありますのでそのような神社の場合もう少し上乗せする必要があります。事前に金額などは確認しておきましょう。


初穂料豆知識

お祝いやお年玉には新札を準備する事が多いですが初穂料に関しては新札でなくてはならないという事はないようです。ですが、初穂料の意味合いからしますと、その年に収穫された初めてのお米の代わり、という事ですから新札を準備して気持ちを込める。と言う方もいらっしゃいます。

また、神社や地域によっては、初穂料とは呼ばず玉串料(たまぐしりょう)と呼ばれるところもあります。

玉串とは神様にお供えする榊(さかき)に紙垂(かみしで)をつけたもののことで様々な神事に用いられます。

それをお供えする代わりのお金、ということで玉串料と呼ばれます。

神社や地域によってどちらが使われているかわかりませんのでお宮参りの受付の時に併せて聞いてみると良いでしょう。

初穂料を払うのはやはり祈祷をしてもらうお子さんの両親が用意して支払うのが一般的です。おはらいや祝詞のお礼の意味があるからです。

申し込む段になって、初穂料を準備するのを忘れてた!とならないように事前によく確認し準備するようにしましょう。


その他

お宮参りはお子さんが生まれて初めての行事になるかと思います。

きれいな晴れ着を着せ祖父母や親戚の方々に祝われて良い思い出になるでしょう。

家族写真を撮るのもおすすめです。

反面、大人にとっては何ということのない外出でも生後1か月ほどの子どもにとっては大変なお出かけです。

お子さんの様子をよく見て、むずかる、ぐずるなど、疲れていると感じたら早めに切り上げるなどお子さんに合わせたスケジュールで動くことを心がけましょう。


まとめ

お宮参りの時の初穂料とは
お宮参りとは
初穂料の熨斗袋の書き方
初穂料の金額
初穂料豆知識
その他

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存