お食い初めの祝い膳のメニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お食い初めの祝い膳のメニュー

okuizome-kondate

お食い初め とはお子さんが生まれて100日目(地域によっては110日目、120日目)に行う行事で、お子さんが今後食べ物に困らないようにとの願いを込めて行う行事です。

また、丈夫な歯が生えますようにと「歯固めの儀式」を行ったり、いままで産着を着せていた赤ちゃんに色のついた衣類を着せる「お色直し式」を行う場合もあります。

今回はそのお食い初めで準備すると良いメニューを紹介していきたいと思います。


【祝い膳の構成】

一般的に祝い膳は『一汁三菜』で、用意します。

尾頭付きの魚。汁物。焚き物。香の物。赤飯などの飯類が基本です。

その他に地元の神社で小石を拾って来て「歯固め石」として用意することもあります。この小石は儀式が済んだら同じ神社に返納します。また、しわが出来るまで長生き出来るようにとの願いから梅干しを、おめでたい象徴として紅白のお餅を準備するところもあります。


【魚料理】

良く使われるのはやはり鯛の塩焼きです。めでたい。との語呂からも良いからですが鯛でなくてはいけないという事もありません。地域によっては金目鯛の煮つけを用意するところもありますし他の魚で代用してもかまいません。海老(海老は文字に老が入っていることから長寿を意味するので)を供するところもあるそうです。


【汁物】

吸う力が強くなりますように。との思いからお吸い物を準備します。

浮きは縁起物の蛤か、おめでたい雰囲気の手毬麩などが良く使われます。たけのこやマツタケなど季節の物でもいいでしょう。


【焚き物】

季節の野菜、蓮根、筍、おめでたい昆布や椎茸の煮しめを用意します。


【香の物】

地域のお漬物や名産品。また、しわが出来るまで長生き出来るように梅干しなどを用意します。


【飯物】

おめでたい席ですので赤飯が一般的ですが季節によっては豆ごはんやキノコご飯、栗ご飯などで代用しても大丈夫です。


【器】

正式に行うなら、男の子の場合朱塗りのお膳。女の子の場合外側は黒塗り、内側は朱塗りのお膳を用意します。

ですがそのような膳はその後の使い道がない事から最近では長く使える食器を用意することが多いようです。出産祝いなどでいただいたベビー食器をおろしても良いですしこれを機にお子さん用の食器を準備するのも良いでしょう。

昔は母方の祖父母が塗りの膳を贈る習わしもあったようです。


【祝い膳の準備】

祖父母や親戚一同が会して祝い膳の準備を手伝ってくれるようならいいのですが現在の核家族ですべての準備を賄うのは大変なことと思います。お子さんが生後100日という事はお母さんは産後100日という事です。まだまだ体力も戻りきらないどころか夜中の授乳などでへとへとかもしれません。そんな時は無理をせず祖父母にお願いしてしまうか、現在はデリバリーや仕出しなども豊富にありますしインターネット通販では温めるだけで豪華なお食い初めの祝い膳が出来るものも販売されています。また近所の和食店などに「お食い初めのお祝いをしたいのですが。」などと予約を入れれば対応していただけるお店もあるようです。外食なら片付けの心配もいりませんし、そういったものやお店を上手に活用して良いお食い初めの儀式にしましょう。

とは言え必ずお膳を用意しなくてはならない。という事もありませんのでご家族だけで新しい食器になるべく祝い膳に近いようなごちそうを準備してお子さんの健やかな成長をお祝いできればよいと思います。


【儀式の手順】

儀式は出席者の中で一番の年長者が、男の子なら男の年長者の方の左ひざに、女の子なら女性の年長者の方の右ひざに抱き、箸を持って儀式を進めます。

食べさせ方(実際はまねをするだけ)は飯、汁物、飯、魚、飯…の順番に少しずつお子さんの口元に箸で運んでやります。この時たとえ少しでも口に入れると縁起が良いと言うのでお米一粒でもお子さんの口に入れてあげるようにしましょう。

それが済んだら「歯固めの儀」を行います。箸先で用意した歯固め石をちょんちょんとつつき、その箸をお子さんの歯茎にそっと当てます。そうすることで石のように丈夫で頑丈な歯が生えてくると言われています。使い終わった小石はいただいてきた神社に返納しましょう。

その後「色直しの儀」としてそれまで着せていた白い産着から色のついた着物(洋服)に着替えさせる儀式を行うところもあります。


【その他】

お食い初めの儀式では家族と祖父母、親せきなどが集まる機会です。豪華なご馳走も並ぶのでぜひみなさんで記念撮影すると良いでしょう。ご馳走の写真も残すといいかもしれません。

お食い初めはその子が将来食べ物に困らないように、健やかで幸せになれますようにとの願いを込めて行う儀式です。あまり形式にこだわることなく心を込めてお祝いできれば良いと思います。

ぜひ良いお食い初めにしてください。


まとめ

お食い初めの祝い膳のメニュー
【祝い膳の構成】
【魚料理】
【汁物】
【焚き物】
【香の物】
【飯物】
【器】
【祝い膳の準備】
【儀式の手順】
【その他】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存