お食い初め、こんな献立はいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

お食い初め、こんな献立はいかが?

okuizome-kondate

お食い初め というのは、お子さんが生まれて生後100日頃に行う儀式で、「お子さんが一生食べ物に困らないように」との願いを込めて行われます。

正式な形でお食い初めを行うのも大変なことです。

今日はそこまで形式にこだわらなくても立派にお食い初めの儀式が出来ますよ。という 献立 を紹介していこうと思います。


正式なお食い初めの献立

正式なお食い初めの献立は、ご飯(赤飯)・魚(尾頭付きやエビ)・汁物(蛤や季節の野菜の浮き)・焚き物(季節の野菜)・香の物(土地の名産や梅干し、お漬物)・歯固め石。紅白餅を用意することもあります。こんなところでしょうか。

儀式としては、参列者の中で一番の年長者(男の子は男性、女の子は女性)の膝に座らせ、その方が箸を持ってお子さんに食べさせる真似をします。

年長者が抱くのは長生きしますようにとの意味があります。

食べさせる順番も決まっていて、飯・魚・飯・汁物・飯・焚き物…といった感じに3回以上食べさせる真似をし、その時に一口でもいいので準備された料理をお子さんが食べると縁起が良いという事でお米一粒をお子さんの口に実際に入れて食べさせます。

歯固め石は近所の神社で小石を拾ってきて使います。

お食い初めの最後に箸で歯固め石をつついてその箸先をお子さんの歯茎にそっとつけます。

これは生えてくる歯が石のように丈夫でありますように。との願いが込められています。使い終わった小石は元の神社に返納してください。

以上が正式なお食い初めの祝い膳です。

今回はこれに準じた献立を紹介していこうと思います。


ご飯

おめでたい時のご飯と言えば赤飯ですね。

赤飯の他に祝い膳としてお薦めなのは季節の炊き込みご飯です。

栗の時期には栗ご飯。松茸の時期には松茸ご飯、豆ごはん、あさりご飯なども良いでしょう。

魚料理

尾頭付きがお祝いの席には用意されることが多いですがこれはお魚が『献魚』として神様にお供えされていたところからきています。

切り分けたりせずに丸のままお供えすることから尾頭付きが縁起が良いと言われる所以です。

また鯛の尾頭付きがよく使われるのは『おめでたい』と語呂が良いからでもあります。

海老が使われるのは、漢字に『老』が入っていることから長生きの象徴として使われるようです。

魚料理も鯛の他にお薦めなのは尾頭付きで鮎、イナダあたりのお魚。金目鯛の煮つけなど。サンマやイワシはにおいが強い事から控えた方が良いとも言われます。

通常の料理の時はお腹に切れ目を入れますがお祝いの尾頭付きは切り目を入れないのが流儀です。

入れるなら見えない裏側にのみ入れるようにしましょう。

またその土地によって供する魚が決まっている所もありますので一度近所の年長者に聞いてみるといいかもしれません。


汁物

汁椀にはあまり決まりはないようですがお祝いごとの時は蛤がよく供されます。

汁椀は出汁をきかせ素材の味が活きるような汁であれば具材は何を入れてもおいしくいただけます。

お薦め具材は季節のお野菜で、筍、菜の花、松茸。またおめでたい雰囲気の手毬麩や湯葉、金箔をあしらったり桜の花の塩漬けをあしらうのも良いでしょう。


焚き物

炊き合わせにもこれといった決まりはないようです。

やはりこちらも季節のお野菜を素材の味を生かして調理すると良いでしょう。

お薦めの具材は筍、銀杏、菜の花、昆布(よろこぶの意)、里芋(海老芋なんていうものもあります)、梅型に切った人参などで華やかさを演出しましょう。


香の物

香の物といってもお漬物に限ったことではないようです。

その土地の名産品を一品並べて土地の神様にお供えするような意味もあるようです。

その他香の物の中でお薦めは紅白なます。紅白で縁起が良いからです。

また、梅干しも良く供されますがこれは(梅干しのように)しわが出来るまで長生き出来ますように。との意味があります。

その他

お食い初めの祝い膳について正式なものを踏まえておはなししてきましたが大切なのはその子が将来、食べ物に困らないようにとの願いです。

形式にこだわらず気持ちを大切に準備することをお薦めします。

また小さいお子さんを抱えてなれない祝い膳を準備するのも大変だと思います。今はインターネットで温めるだけで豪華な祝い膳になるセットが通販で売られていますし、ケータリングや仕出し弁当も豊富にあります。



また和食店に予約するのも手だと思います。

外食なら片付けの手間も省けますね。

そういったサービスを上手に使って思い出に残るお食い初めの儀式にしてください。

また、せっかくのご馳走とご家族、おじいちゃんおばあちゃんの笑顔があふれる日です。ぜひご馳走も一緒に記念撮影をして残しておくと良いでしょう。


まとめ

お食い初め、こんな献立はいかが?
正式なお食い初めの献立
ご飯
魚料理
汁物
焚き物
香の物
その他

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ