お食い初めの祝い膳、食べさせる順番は決まっているの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お食い初めの祝い膳、食べさせる順番は決まっているの?

okuizome-kondate

お食い初めの祝い膳は目にも鮮やかに漆器の器やお膳に盛りつけられて、しかも種類が多いのでちょっと戸惑ってしまいますね。

今日はそんなお食い初めの儀式の進め方と共に祝い膳の食べさせ方を紹介していこうと思います。


【お食い初めとは】

お食い初めの儀式はお子さんが生まれてちょうど100日目(地域によっては110日目、120日目に行うところもあります。ですが生後100日前後の都合の良い日に行えばよいでしょう)に行う儀式で、お子さんが「将来食べるものに困ることのないように」また「丈夫な歯が生えるように」「長生きするように」など様々な願いを込めて昔から行われてきました。


【お食い初めの儀式の進め方】

お食い初めは先にも述べましたがお子さんが将来食べるものに困ることがないように。と行う儀式ですので祝い膳を用意してそれを食べさせる(実際は真似をする)ことで神様に祈願する事にもなるのです。

祝い膳の食べさせ方については次の項目で詳しくお伝えします。儀式は祝い膳を食べさせ、その後『歯固めの儀』を行い『お色直し式』を行うところもあります。

歯固めの儀』は丈夫な歯が生えますように丈夫な歯で何でも食べてすくすくと健康に長生きしますように。との願いを込めて行うもので『歯固めの石

(歯固め石とも言う)に箸先をつけ、その箸先をお子さんの歯茎にそっとつけて行います。『歯固めの石』は地元の神社でいただいてきます。

初宮参りの時にお祝いとして歯固めの石をいただける神社もありますが、そうでない場合は境内の人通りの少ない場所を選んで小石を1、2個いただいてきます。

それを煮沸消毒してお膳に並べて使用します。

歯固めの石の代わりに地域によっては蛸や鮑、栗などを使うところもあります。

昔はお餅をこの儀式に使用していたそうです。

そのなごりから今も祝い膳のほかに紅白餅を準備するところもあるようです。

そして神社から小石をいただいて儀式を行った場合は感謝を込めて返納しに行きましょう。

また『お色直し式』はそれまで白の産着を着せていた赤ちゃんに色のついた着物を着せる儀式で、昔は実家から小袖が贈られたりもしたようですが現在はちょっとよそいきな綺麗な色の洋服を着せてあげたら良いと思います。

この儀式には『お子さんが着るものに困らないように』との願いも込められているそうです。

お食い初めの料理は自分で作るのはかなり大変です 銀座割烹からお届け【正直屋の宅配お食い初め】 等の宅配サービスを使うのも初めての時にはおすすめです。


【祝い膳の内容】

祝い膳は正式に行う場合漆塗りの高足のお膳に盛りつけます。

男の子の場合は内外ともに赤色の漆器を、女の子の場合は内側が赤で外側は黒の漆器を使います。ただ、漆器の膳はその後の利用に困りますので最近は長く使えるベビー食器などで代用する方が増えています。

その飯椀に赤飯(栗ご飯や白いご飯でも良いです)、汁椀に蛤や季節の野菜の汁物。

煮物椀に野菜や昆布の炊き合わせ、壺椀に紅白なますや土地の名産品。

高杯に歯固めの石や梅干しを鯛皿に尾頭付きの魚や海老を用意します。

食材には土地の物を使用することで氏神様へのお供えの意味も兼ねますのでなるべく土地の物も並べるようにします。

尾頭付きは鯛が有名ですが地域によってお食い初めの魚が決まっているところもありますのでお食い初めが近くなったら近所の方などに聞いてみると良いかもしれません。

他に紅白餅を用意することもあります。

とはいえ祝い膳を手作りするのは大変なことと思います。通販やケータリング、仕出しや料亭などを上手に利用しましょう。


【祝い膳の食べさせ方】

お食い初めの儀式は式に参列してくださった年長者、男の子なら男性の左ひざに、女の子なら女性の右ひざに座らせて抱っこしている大人が箸を持って儀式を進めていきます。

年長者にお願いするのはその子が長生きするようにと言う意味があるからです。

食べさせる順番は最初は飯椀から、お米を一粒取り実際にお子さんの口に入れてあげます。このころはまだ離乳食も始めていないころだと思いますが、儀式でお子さんが一口でも食べ物を口にすると縁起が良いと言われるのでぜひお口に入れてあげてください。

次に箸先を汁物につけます。その箸をお子さんの口元に持って行き食べさせる真似をします。

その次はもう一度飯椀。今度は食べさせる真似だけで構いません。

次にお魚、これも箸でさわりお子さんの口元へ、再び飯椀、煮物椀、飯椀、壺椀、飯椀と一通り真似をします。(実際は3回以上真似をしたら良いそうです)その後『歯固めの儀』を行います。

参列者全員が1回づつ食べさせてあげる。などと言うやり方も思い出に残って良いでしょう。一通り済んだら皆さんで会食します。会食が済んだら『お色直し式』を行います。

豪華な料理とせっかくの家族、おじいちゃんおばあちゃんの集まる機会です。かわいい洋服も着せることでしょうからぜひ料理も一緒に写真に残しておきましょう。良い思い出になると思います。


まとめ

お食い初めの祝い膳、食べさせる順番は決まっているの?
【お食い初めとは】
【お食い初めの儀式の進め方】
【祝い膳の内容】
【祝い膳の食べさせ方】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存