お食い初めに使う歯固めの石ってどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お食い初めに使う歯固めの石ってどんなもの?

okuihajime

お食い初めの儀式 には祝い膳を用意しますが、ご馳走に並んで小石を供することがあります。

これは『歯固めの石』と呼ばれます。

今回はこの『歯固めの石』について詳しくお伝えできたらと思います。


お食い初めとは

お食い初めとはお子さんが生まれて100日前後に行う儀式の事です(地域によっては110日目、120日目に行うところもあるようですがだいたい3か月が過ぎた都合の良い日に行えばよいでしょう)。この儀式はお子さんが将来食べ物に困ることのないように。との願いを込めて行うものです。

儀式は祝い膳を用意し、儀式に参加する大人の中で一番の年長者の、男児なら男性の左ひざに、女児なら女性の右ひざに座らせて抱っこした大人が箸を持って食べさせる真似をして行います。

祝い膳の内容は、飯(赤飯)・魚(尾頭付きまたは海老)・汁物(季節の野菜、蛤など)・焚き物(昆布、里芋、筍、人参など)・香の物(土地の名産品や紅白なます、梅干しなど)を用意します。

また他に紅白餅や歯固めの石も用意します。

お赤飯はおめでたい席の定番ですし、豆が使われていることから『豆』に暮らせる。尾頭付きは『おめでたい』または『献魚』の意から。蛤は魔除けや厄除けになると言われていますし、女の子の貞操を守る。と言う意味もあるそうです。

焚き物の昆布は『喜ぶ』から、紅白なますはおめでたいから、梅干しは『しわが出来るまで長生きできますように』などと、それぞれの食材に意味があり昔からそうやってお食い初めの儀式を行ってお子さんの健やかな未来を祈願していました。

祝い膳には食べさせる順番もあります。飯、汁物、飯、魚、飯…の順に3回以上 食べさせる真似をします。

この時一口でも口にすると縁起が良いと言われていますのでお米一粒でもいいのでお子さんの口に入れてあげてください。

そのあと歯固めの石を使って儀式をしますがそれは次の項目で詳しくご説明します。

また、『お色直し式』も同日に行うことがあります。

『お色直し式』とはそれまで白の産着を着せていたお子さんに色のついた着物を着せる儀式です。

昔は実家から小袖が贈られるような事もあったようですが着物でなくても綺麗な色の洋服を着せてあげたら良いですね。

これにはお子さんが将来着るものに困らないように。との願いも込められているようです。


歯固めの石

歯固め石とも呼ばれます。

歯固め石は近所の神社に行って小石をお借りしてきます。

初宮参りの時にお祝いでくださる神社もあるそうですが、そうでない場合は人があまり通らなさそうな場所を選んで小石を1、2個拾ってきましょう。

それを煮沸消毒してお膳に並べます。一通り食べさせる真似が終わったらこの歯固めの石に箸先をちょんとつけその箸をお子さんの歯茎にちょんとつけるようにします。

小石を直接お子さんの口につけるのは誤飲の危険性がありますので絶対にやめましょう。

これはお子さんに石のように丈夫な歯が生えてきますように。

また、赤ちゃんの頭は柔らかいので、早く硬くなりますように(丈夫になりますように)との願いから行われる儀式です。

この小石はお食い初めが終わったらいただいてきた神社に返納します。

また、最近ではインターネット通販で祝い膳のセットを販売しています。

その中にも歯固めの石がセットされていることもありますし、歯固めの石のみの通販もあります。

この場合返納する場所がありませんのでへその緒などと一緒に記念に残しておくのも良いでしょう。


地域によっては…

京都では神社ではなく鴨川から青石を拾ってくるそうですし、大阪、兵庫、四国では石ではなくタコを使うそうです。

タコのように硬い物も食べられる丈夫な歯になりますように。また、『た』べる事に『こ』まらないように。とかタコと多幸(たこう)をかけているという言われもあります。

タコは吸わせるという方もいるようですが歯固めの石の場合と同様、箸でつついて歯茎にさわらせるだけで構わないと思います。

岩手はアワビを同じ意味で使うそうです。


他には

昔は紅白餅を同じ意味で(硬い物も食べられる丈夫な歯が生えますようにの意)使用していたとも言われます。餅は『日持ちが良い』『長持ち』と言うところから長寿を意味したようです。

また、栗の実を使うところもあります。栗の実は硬いのでやはり丈夫な歯が生えますようにと、また『勝ち栗』とも呼ばれ縁起が良いとされています。

他には碁石を使うところもあるようです。お祝いにお招きするおじいちゃんにお願いしてみるのも良いかもしれませんね。

お食い初めにはぜひおじいちゃんおばあちゃんをお招きして一緒にお祝いしていただきましょう。

豪華なご馳走とご家族の笑顔をぜひ一緒に写真に残してみてください。良い思い出になる事でしょう。


まとめ

お食い初めに使う歯固めの石ってどんなもの?
お食い初めとは
歯固めの石
地域によっては…
他には

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存