お彼岸はいつからいつまで?お盆との違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

お盆と言えば夏ですが、お彼岸と言えばいつか分かりますか?

そう聞かれると、大体の方が「春と秋の二回」と答えると思います。

では、春と秋のいつなのかはご存知ですか?毎年何となく お彼岸 の時季が来ると、流されるままにお墓参りをしていませんか。

今回は、お彼岸についてお話ししましょう。


スポンサーリンク

お彼岸はいつからいつまで?お盆との違いは?

お彼岸って何?時季は?

「彼岸」とは仏教用語です。語源はサンスクリット語のパーラミターと言われています。

パーラミターの意味は「到彼岸」、つまり煩悩や悩み事などを乗り越えた先にある悟りの境地のことをさしています。

分かりやすく言えば「あの世」です。

この世のことは「此岸(しがん)」と言い、修行を積むと彼岸に行くことが出来ると言われています。

また、お彼岸を行うのは春分と秋分を中心にし、それぞれ前後各3日間を合わせた合計7日間です。

「彼岸入り」とは最初の日のことを、「彼岸明け」とは最後の日のことを言います。

そして、この期間に行う仏事のことを「彼岸会(ひがんえ)」と呼ぶのです。


お盆との違いは?

お彼岸とお盆の大きな違いは、ご先祖様が帰ってくるかどうかということでしょう。

お盆はご先祖様を家に迎え入れ、供養します。そして期間が終わる頃に送り出すのです。しかし、お彼岸は私たちがご先祖様の元へ行き供養をするのです。

また、お盆では迎え火や送り火を焚き、地域によっては灯籠流しをしたりもしますが、お彼岸では行いません。

そして、ナスやキュウリを乗り物に見立てて、ご先祖様の乗り物にしますが、お彼岸では野菜で乗り物を作ることはありません。

その代りにぼたもちやおはぎをお供えします。


お彼岸の歴史と由来

日本で最初に彼岸会が行われたのは、806年(大同元年)だと言われています。

早良親王(さわらしんのう)の為に、諸国の国分寺の僧侶に命令し「七日金剛般若経を読まわしむ」と、日本後紀に記述があります。

彼岸会法要は日本独自のものですが、彼岸に関する仏事は現在では浄土思想に結びつけられて考えられています。

この浄土思想が重要で、思想に出てくる極楽浄土(ごくらくじょうど)は遥か西にあると考えられていて、別名西方浄土とも言うのです。

春分と秋分は、真東から太陽が昇り真西に沈みます。

その為、この世(此岸・しがん)とあの世(彼岸・ひがん)が一年の間で一番近づく日とされているのです。

その為、お盆と違い私たちがご先祖様の元へ行き、供養をするのに最適と言われています。


 お彼岸にお供えする「おはぎ」と「ぼたもち」って何?

この二つの違いを知っていますか?どちらもお彼岸の時にお供えるす物です。実はこの二つ同じ物なのですが、何で呼称が二つあるのでしょう。

ぼたもちは春に咲く牡丹(ぼたん)、おはぎは秋に咲く萩(はぎ)に由来していると言われていますが、どちらも季節がお彼岸の頃に重なっているためです。

では、なぜおはぎやぼたもちをお供えするのでしょう。

この風習が定着したのは江戸時代と言われています。

お彼岸の期間は本来仏道修行に励むのですが、日本では祖霊崇拝(それいすうはい)の慣習がありますが、ぼたもちやおはぎを捧げることで、先祖を慰めて自分自身の功徳を積んでいたと言われています。

また、小豆はその赤い色は、古くから邪気を払う食べ物として信仰されていました。

災難が自身に降りかからないようにと、おまじないの効果があったと信じられていたのです。

それが、ご先祖様の供養に結びついたという説があります。


暑さ寒さも彼岸まで?

有名な慣用句ですが、残暑や残寒は彼岸の頃まで続き、その期間を過ぎれば気温が過ごしやすくなるということです。

先述の通りお彼岸は春分と秋分を中日にして行われるものなので、確かにその後では過ごしやすくなります。

ただ、お盆は旧暦の8月中旬頃に行っている地域が多いですが、現代では場所によって新暦7月15日に行っているところもありますので、一概に「暑さ寒さも彼岸まで」とは言えない地域もあるようです。


暦で見た彼岸は「雑節」

では次は仏教の面からではなく、暦で見てみましょう。

お彼岸は、雑節(ざっせつ)の一つです。

雑節とは二十四節気や五節句などの暦日(れきじつ)や、季節の変わり目をよりきちんと把握するために設けられている特別な暦日のことを言います。

お彼岸の他に8つの雑節があり、有名なところでは節分や八十八夜、土用などもこれに含まれているのです。

日本は古来より農業を生業としてきた農耕国家ですが、二十四節気(昔、中国で作られた暦)だけでは季節の移り変わりを十分に読み取ることが難しいために、その補助として考えられた日本独自の暦です。


最後にまとめ

いかがでしたか?お盆ほど行事が無く、お彼岸と言うとただお墓参りに行っていただけでしたが、その歴史や由来を調べるとその意味は深いものでした。

次回のお彼岸からは、心の隅に今回ご紹介したことを置いて供養をすると、また違ったものになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存