男性でも「乳汁漏出症候群」が原因で不妊になることも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

不妊の原因は、女性が原因だ…!」

じつは、こんな言葉を身近で聞いたことがあります。

こっちも望んでそうしているわけではないのに、何にも知らないで本当にひどい言葉を言う人もいます。

でも、知っていましたか!?

女性だけば不妊の原因ではないのです!

男性側にも不妊の原因はあるのです!!

その病気のひとつに「乳汁漏出症候群」というものがあります。

男性に「乳汁?」と聞くと、ちょっと疑問に思ってしまいますよね!?

この病気は、男性女性ともになるものなので注意が必要です!!

今回は、この「乳汁漏出症候群」についてご紹介いたします。

最後まで読んでいただき、参考までにしていただけたらと思いますm(_ _)m


スポンサーリンク

知っていましたか!?男性でも「乳汁漏出症候群」が原因で不妊になることも…

まずは「乳汁漏出症候群」について知ろう!!

「乳汁」だけ聞くと、男性には関係ないのでは?

と思いますよね。

じつは、男性はもちろん授乳期ではない女性にも起こり得る病気なのです!!

普通では起こりえないはずの乳汁ができてしまい、不妊症へと繋がってしまいます。

おっぱいが出てしまうなんてびっくりですよね!?

乳汁漏出症候群の1番多い原因が、下垂体の腫瘍によるものです。

とても小さな腫瘍のため、男性では発見が遅れてしまいます。そのため、発見された時にはすでに腫瘍が大きくなってしまっているといいます。

見つかりにくい病気なので、心配ですね…

日々自分の体調を把握して、少しの体の変化も見逃さないように気を配りましょう。


乳汁漏出症候群の症状とは!?

どんな病気にも、何かしらの症状は出ますよね?

乳汁漏出症候群の症状をいち早く発見して、治療しましょう。

女性の場合は、無月経になる。つまり、生理がこなくなる症状が起きます。

男性の場合は、性への関心が減り、勃起障害を起こします。

どちらの場合にも、不妊症へとつながります。

また女性の場合、膣内が乾燥してしまうため性行為が苦痛になると言われています。

「いつもと違うな?」と疑問に思ったら、すぐに病院へ行ってみましょう!!

症状が悪化すると、頭痛や視野欠損を引き起こしかねないので注意が必要です!気をつけましょう。


治療方法についてご紹介

ドパミンという分泌を促す薬を投与しながら直します。

女性の場合には、月経が戻り乳汁が止まることで不妊症を治すことができます。

ですが、これによって腫瘍をなくすことはできないので、薬物療法によって取り除きます。

場合よっては、手術というかたちにはなりますが、いきなり手術を行うことはほとんどありません!

治る病院なので、安心してくださいね♪

まずは、医師に相談してみましょう。

乳汁漏出症候群になったら、妊娠できないの?

じつは、そんなこともないのです!!

病気本体が小さいまたは、発見されないケースの場合には、無理に治療をすすめることはないそうです。

ですが、テストステロン値が低いと男性女性ともに、「骨粗しょう症」を引き起こすので気をつけましょう。


まとめ

いかがでしたでしょう?

男性は「乳汁」と聞いただけで、私には関係ないと目を逸らしがちですが、他人事ではないかもしれませんよ?

大きな病気ではないですが、子供を望むのであればもちろん治療が必要になってきます!

「なかなか赤ちゃんができないな…」

「なんだかいつもと体調が違うな…」

と思ったら、不妊検査を受けてみることをおすすめします。

もちろん、どちらかだけではなく夫婦そろって行くほうがいいですね♪

乳汁漏出症候群は、不妊だけではなく骨粗しょう症などの他の症状も引き起こしかねないので、心当たりがある方は是非病気へ受診しましょう!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存