赤ちゃんは果汁をいつから与えて良い?作り方と使う道具は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ママが果物を食べていると、一緒に食べれたらな、なんて思うことがあります。でも、赤ちゃんにはまだ早いという時期、果汁 なら大丈夫という頃がありますね。

果物をいきなり与えるより、まずは果汁から慣らしていくのもありです。

赤ちゃんに果汁っていつからなら大丈夫?どうやって作るの?という疑問にお答えしたいと思います。


スポンサーリンク

赤ちゃんは果汁をいつから与えて良い?作り方と使う道具は

赤ちゃんに果汁って必要なの?

ベビーフードコーナーには、湯冷ましなどで薄めると簡単に果汁ができるベビーフードが売っています。

それを見ると、果汁って必要なものなのではないか、という気持ちになります。でも、絶対に与えなければならないものではありません。

他にビタミンなどの栄養や水分が取れていれば必要はありません。でも、果汁を与えたい、と思うママや、果汁であれば水分をよく取ってくれる、という場合には、積極的に活用してみてもいいかもしれません。


果汁はいつから?

果汁はいつから与えるのが良いでしょう?

まずは、赤ちゃんが母乳やミルクをしっかり飲んでいて、離乳食を順調にスタートできているか確認しましょう。

離乳食が早めにスタートできている赤ちゃんの場合、生後5,6か月頃から与えることができます。

あまり早い時期に始めると、赤ちゃんがミルクよりも甘い果汁の方を好んでしまって、ミルクを飲んでくれなくなったり、アレルギーにかかりやすくなったり、いろいろと問題が起きやすくなります。

昔は栄養不足などの問題から生後3か月頃から飲ませる家庭もあったようですが、現代には合いませんので、スタートする時期には気を付けましょう。


どんな果物を与えていいの?

まずは、定番のりんごです。りんごはカリウムを多く含み、食物繊維も豊富です。胃にも優しいので、赤ちゃんにも負担がありません。

また、みかんも良いです。柑橘系の果物には便秘解消の効果があります。ただ、酸味がありますので、与える時は様子を見ながら与えるようにしましょう。

いちごもお勧めです。ビタミンCやペクチン、キシリトールが含まれています。しかし、キシリトールとビタミンCに摂り過ぎると下痢になってしまう可能性があるため、お腹を下し気味の時は控えると良いでしょう。

その他、ぶどう、バナナ、すいか、メロン、桃、梨などがあります。その季節に出回る果物を上手に活用すると良いですね。


与えてはいけない果物

果物によって、赤ちゃんに与えると良くない果物があります。

柿、キウイフルーツ、パイナップル、パパイヤ、マンゴー、グレープフルーツなどです。

酸味や独特の風味があって、大人でも苦手な人がいる果物が多いように思います。

特にパイナップル、マンゴーは刺激が強いので、赤ちゃんには不向きです。


おすすめ果汁の作り方

果汁の作り方は果物によって違います。また、果汁のストレートは刺激が強いため、胃への負担があります。そのため、湯冷ましなどで2~3倍に薄めてから与えるようにしましょう。

りんごや梨

りんごや梨などの固い果物は、すってからこすようにしましょう。まずは、大根おろし器などの家にあるおろし器を使用してすります。すった後、果汁をこし器などでこして湯冷ましで薄めて与えます。

みかん

みかんなど柑橘系の果物は、絞ってからこします。みかんなどは農薬などが皮についているため、よく洗います。そして、皮をむかずに横半分に切ります。それから、レモン絞り器でよくしぼり、果汁を取り出します。そして最後に湯冷ましなどで薄めることを忘れずに。

ぶどう、いちご、すいか

これらの果物は、つぶしてこすのが良いです。果物をよく洗い、皮を厚めにむきます。それから、茶こしに果物を入れて、スプーンなどでよくつぶします。それから出てきた果汁と果肉をこし、果汁を薄めて出来上がりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存