妊娠中の25の体験談!旦那(夫)の行動でストレス?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠中 には体調の変化や心の変化も沢山出てくることがあります。

妊娠中は旦那さんも奥さんの体の変化を感じることが多くなります。

ひどいつわりや浮腫に悩ませれているときに親身になって考えて動いてくれるとありがたいのですが、そんなに出来た人ばかりではないのが現実です。

今回は妊娠中に旦那さんに対して感じたストレス実体験25個集めてみましたので読んでみてくださいね。


スポンサーリンク

妊娠中の25の体験談!旦那(夫)の行動でストレス?

目次

つわりの時の体験談

つわりは男の人にはわかってもらえないことが多いですよね。

においが駄目な人、空腹が駄目な人、個人差も大きく症状が重い人には耐え難いこともあります。

そんな妊娠中のつわりの時の体験談を紹介します。

つわりで苦しいのに上の子の世話をしない旦那

一人目妊娠中はつわりが軽かったのですが、二人目を妊娠したら前とは違って毎日気持ちが悪くびっくりです。ほとんど家事をすることができず、家の中は汚い状態。それでも頑張って上の子のお世話をしています。

旦那が帰宅したら汚い部屋に文句を言われました。旦那には妊娠は病気じゃないと言われて辛いです。あまり物を食べることができず具合いが悪いので、上の子の面倒を見てほしいとお願いをしました。でも旦那は笑ってテレビを見て何もしてくれないのですごくイラっとします。

旦那は仕事をしているのだから、専業主婦の私が家事と育児をしっかりとするべきだという考えです。妻がつわりでぐったりしている状態なのに、スマホのゲームをして楽しんだりゴロゴロ寝ているなんて信じられないです。

旦那に少しは育児を手伝ってほしいと言うと、男はそういうことはしないと言います。お前の仕事だろうって言われるんです。ストレスでどうにかなりそうです。

つわりの時にこき使うのはやめて欲しい!

妊娠をすると、一番辛いこととしてつわりがあります。そのつわりの時には、動くと気分が悪くなるのでじっとしていたいのです。ところが、その事を知っているのか知らないのか、主人がこき使う事がありました。

一番辛いのは、食事を作ることですね。食事を作ることは、本当に辛いです。味見をすることが無理なのです。そして更に、その食事を作る時の匂いがダメです。そんなことはわかっていると思っていたのに、自分がなんともないので気づかないんですね。本当に無神経と感じます。

また主人にも、家事を手伝って欲しいです。洗濯物がたまっている、掃除をしていないなど、口ばかりで全く動きません。そんなところを見た時、本当に悲しくなります。妊娠をしているのはこの私ですけど、二人の子供なのです。そのことをもっと自覚をして、つわりの時の妻をいたわって欲しいです。

つわりで気持ち悪いのに料理を作らされた思い出

つわりの時は嗅覚が凄く敏感になるので、冷蔵庫を開ける事もできませんでしたし、炊飯器の湯気、そして料理を調理する時のニオイなど全ての匂いが不快で吐き気を催す程でした。出来るなら料理はしたくないというのが本音でしたが、夫はそんなことおかまい無しで帰宅したら料理が出来ていないと凄く不機嫌になるのです。

私がつわりで気持ちが悪いから料理が出来ないと言っても、妊娠は病気じゃないだろ?と冷たい返事しかしません。つわりがどれほどキツいのかを知ってもらいたくてもそのすべが無い事が本当に悔しかったです。

妊娠やつわりに対して全く理解をしようとしない夫に対して絶望感さえありました。結局、マスクをして料理の時に匂いをなるべく嗅がないで済むように防御策を施して、なんとか料理を作っていました。

今思い出しても酷い夫だなと思いますね。

食事できないつわり中に「簡単なものでいいからね」

私は第2子の妊娠初期につわりが酷く、一番酷い10週くらいのときは、ゼリーやヨーグルトなど口当たりの良いものしか口にできず、通常の食事ができない時期がありました。

そんな時でも当時3歳の子どものご飯はきちんと用意しなくてはいけないし、旦那のご飯もできるだけ用意しようと頑張っていました。

そんなある日の休日、その日はいつもに増して気持ちが悪かったため、休日だということで子どもは旦那に任せて寝ていました。お昼ご飯は買ってくるか食べてきてねとお願いし、旦那が休日でよかったと感謝さえしていたのです。

しばらくして旦那と子どもが帰ってきて、子どもはスーパーで自分で選んだお弁当を食べていました。しかし旦那は食べている気配がありません。

「あれ?食べないの?」と聞くとにっこりといかにも優しい旦那気取りで言った言葉に驚愕。

「俺はなにか簡単なものでいいからね」

食事できなくて寝込んでいる妻に向かって、簡単なものを作れと言うのです。

子どもの分だけ買ってきても全く意味がありません。

もちろんその発言にキレて、食事なんか用意せずにまた寝込んでやりましたが、旦那は反省するわけでもなく、おそらく怒られた意味もわからずに、へそを曲げているようでした。

第2子が生まれて3年経つ今もそのことを思い出すと腹が立ち度々チクチクと嫌味を言ってやります。妊娠中の恨み、ストレスは引きずるものなので世の男性方には注意してほしいです。

私がつわりになっても辛さを理解してくれない夫です

私がつわりになり、食事をしたくてもできず、気持ち悪くなるので吐くことも多いです。ですが、夫はなかなか理解してくれないので妊婦は栄養あるものを食べなきゃ!と言って、無理やり色々買ってきて食べさせようとするので、とてもストレスになりました。

つわりの時期はご飯の臭いも苦手になり、唯一食べることができたのが、マックのポテトといったジャンクなものだったので、夫はかなり怒って、ご飯を食べろ!と言い、ご飯を用意したものを無理やりでも食べさせようとするので、なかなか理解してくれない態度が次第に一緒に食事をしたくないと感じるようになったので、はっきり伝えることにしました。

夫は妊婦じゃないので何も理解してくれないし、あまり協力的でないので、毎日の生活を送るのも苦痛に感じることが多く、ストレスになっていた時期がありました。


出産準備の里帰りでの体験談

お腹も大きくなってきて体も思うように動かなくなってくると旦那さんにも迷惑をかけてしまいがちですね。

里帰りをするにあたって旦那にストレスを感じた事の体験談を紹介します。

ストレスが多くて結局早めに里帰りしました

営業職で妊娠したとは言っても普通に仕事をしていたせいで、切迫流産の危機に陥ってしまいました。産婦人科で診断書を書いてもらって会社へ提出し、自宅安静ということで早めに産休に入ったのに、それを聞いたダンナは一言、「じゃあ家事がちゃんと出来るようになるね」。

ずっと兼業だったので掃除や食事の準備を手抜きすることに自分でも罪悪感を持っており、それを考慮して「これからは好きなだけ気に入るように家事が出来るね」という意味での発言だったのでしょうけれど、あんた自宅安静の意味が判ってるのかと殴りたくなりました。トイレ以外は動くなってことよ、と説明すると、今度は困り顔で「俺のご飯はどうしたらいいの?」。私や赤ちゃんの体の心配はないのか!と怒り心頭で余計に具合が悪くなりました。

結局ストレスが貯まって早めに里帰りすることにして、ダンナは放置しました。

里帰り出産で寂しい中、旦那は一人で楽しんでいました

妊娠後期になってから、里帰り出産するために実家へ帰省することになりました。夫は寂しい中で生活しているのかな?と心配になり、電話してみると自宅は不在で電話に出ず、携帯にメールしても返信がないので、どうしているのかなと様子を聞いてみると職場の同僚と連日飲みに行ってるようで、妻が不在の里帰り出産の時期を満喫しているようなので、寂しいと感じているのか心配した自分が馬鹿らしく感じました。

会社が終わった後は、同僚と一緒に飲みに行っているようですし、食事も外食中心でけっこうお金を使って楽しんでいる旦那に一応、出産後のことも考えて行動してね!と伝えていますが、全く考慮もなく好きなように過ごしているので、何を言っても効果がないし、かなりストレスが貯まりました。

同僚と一緒に飲みに行くのは、最近全くなかったので楽しいかもしれませんが私にはストレスでした。

里帰り中に旦那の浮気がわかりショックです

もうすぐ出産予定なので里帰りをしているのですが、なんと旦那が浮気をしていることがわかりました。妊娠中に旦那が浮気をするという話はよく聞きますが、まさか自分の旦那が浮気をしていたなんてショックで眠れません。

何故わかったかというと、旦那が実家に来て泊まった日にスマホを見てしまったんです。寂しがり屋の旦那が一人で家にいるのに浮かれている感じだったので、もしかして何かあるのではと思ってラインを見たら、会社の独身女性とホテルへ行ったことがわかりました。

旦那は遊びだと言って謝ってきましたが、心の中はぐちゃぐちゃです。今は子供をしっかり産むことだけを考えようと思っていますが、信じていた旦那に裏切られて穏かな気持ちになれません。命がけで出産しようとしている妻がいるのに、どうしてそんなことができるのかって思い腹が立ちます。

里帰り出産の時についてくるのは意味がない!

出産が近づくと、誰もが里帰り出産を希望することが多いです。それはなんといっても、助けてもらうことができるからです。自分の両親のそばにいることで、安心することができますね。出産後は、とても大変です。そんな時、気兼ねをすることなく依頼できるのは、やっぱり両親です。そのため私も、里帰り出産をしました。

すると、その時に一人目の出産時に主人がついてくると行ったのです。それは、本当に邪魔としか言いようがありませんでした。里帰り出産をする意味をそもそもわかっているのかと思ったのです。気持ちを穏やかにして休養するために、里帰りをしているのです。そのことを理解して欲しいです。

結局、主人の世話を私の両親がすることになり、両親はクタクタになってしました。主人は楽ですよね。何もしなくてもいいので、それはこちらにいる方がいいのでしょう。しかし、本当に迷惑でした。


妊娠中でも姑問題

嫁姑問題は結婚をしたら体験する人が多いと思います。

それは妊娠中でもお構いなし。

出産を控えて不安やストレスがあるのにそんなの関係なし。

そんな体験談を読んでみてくださいね。

口うるさい姑が毎日来る!姑に強く言えない旦那にイライラ

姑はうちから歩いて10分のところに住んでいるのですが、私が妊娠してからは毎日家に来るようになりました。

私がつわりが辛くて寝ている時にやってきて、掃除をきちんとしないとだめだと怒られました。つわりは病気じゃないから、もっときちんと家事をするようにときつく言われたんです。

姑はつわりが軽かったようなんですよね。だから私の気持ちがわからないんだと思います。旦那に体調が良くないのであまり姑に来てほしくないと言ったら、すごく怒られました。私を助けるために来ているんだから甘えれば良いと・・。

全然わかってくれない旦那にイライラです。姑が旦那の好きな料理を作ってくれるので、旦那は嬉しかったんでしょう。私はニオイに敏感になり、今までのように食事を毎日作ってあげることができなかったんですよね。

旦那がきちんと姑に来ないように言ってくれれば良かったのに、姑には強く言えない旦那にイライラしっぱなしでした。

マザコン夫にイライラ

妊娠中は特に精神的に不安定になるので、普段からマザコン気味の夫にも常にイライラさせられていました。夫がマザコンというのは結婚してから初めて気づいたのですが、なんと1日に一度は母親にLINEを送っているみたいなんです。

妊娠中もマザコンぶりは発揮していて、私の定期検診があるごとにお義母さんに夫がその日の報告を直接電話している姿には正直どん引いてしまいました。もちろん義母と夫が仲が良いというのは決して悪いことではありませんが、あまりにも頻繁に連絡を取り合い過ぎているというところは、ちょっと異様だなと考えてしまいました。

私は産後も里帰りする予定がなくて自宅で夫婦で産後を乗り切るつもりだったのですがその時にもマザコン夫は、お義母さんにも手伝いに来てと頼んでいたようです。もちろん私はとんでもないと丁重に断りました。

【関連記事】

姑と同居!嫁のストレス体験談25話!


何もしない旦那にストレス

「仕事で疲れてるから」「お前はいつも家にいるんだから」

どんなにしんどくても理解してくれない旦那さんに「少しは自分でしてよ」と思うことも沢山あるでしょう。

出産前から大きな子供がいると大変です。

そんな体験談を読んでみてくださいね。

家事をまったくしない旦那に嫌気がさしています

2人で子供が欲しいねと話しあって妊娠したのに、家事をしない旦那にストレスがたまります。妊娠するとだんだんお腹が大きくなり、いつもみたいにテキパキと動くことができなくなりました。

あまり調子が良くないので色々と手伝ってほしいのですが、旦那は会社から帰ってきたら疲れたといってゴロンと横になります。腰が痛いので食事が作れず、コンビニで買ったお弁当を出すとすごく不満そうな顔をしています。

少しは料理ができる旦那なので、こういう時こそ食事を作ってほしいのですがまったくやってくれません。洗濯物がたまっているのを見て、ブツブツと文句を言っている姿を見てさらに嫌な気持ちになります。

妊娠すると女だけが損だなと思ってしまいます。もちろん家事を手伝ってくれる優しい旦那さんも世の中にいると思うのですが、うちの旦那はそうではありません。こんな協力的ではない旦那を見ているともう子供は作れないなと思います。

初めての妊娠、仕事で疲れていても主人は「メシは?」

初めての妊娠でつわりの体験も初めてです。自分の体でも体調がどんな風に変化していくのか予想も付きません。「無理するなよ。大丈夫か・・」と口では言うものの、テレビに夢中になっている主人の心ない言葉にムカッときます。

テレビを見ながら「メシまだ?」「お茶、頂戴」「風呂、沸いた?」私がつわりに苦しんでいてもお構いなしに次から次へと発する主人の言葉にイライラしてきます。「

無理するなよ。大丈夫かというあの言葉は何なのよ?」と胸ぐらを掴んで怒鳴りたい気分にもなってしまいます。

 仕事で疲れて帰宅をしても家事から解放されることはなく、悲しい気持ちにもなってきます。「どうして私だけがこんなに苦しい思いをしなければならないのよ」と叫びたくもなりますが、時より見せてくれる主人の愛情についつい許してしまいます。

「男の人には理解しがたい苦しみ」と諦めながら、ジレンマとストレスは当分続くと溜息を付いています。

妊娠中で動けないのにゲームばかりで手伝ってくれない夫

妊娠中は、つわりがあったり流産になりかかったり、前置胎盤になったりとトラブルに随分悩まされました。そんなトラブルに見舞われたせいで自宅で安静にしていなければいけない時も多かったのです。しかし旦那ときたら自宅にいる時はゲームばかりして私のことを気遣うこともしてくれませんでした。

私のことよりもゲームが大事なの??と何度も口喧嘩になりましたが、その直後にはちょっとだけしおらしく適当に食器を洗ったりしてくれるのですが、次の瞬間みたら、もうゲームに集中しているのです。

旦那だって日頃仕事をしていて疲れているのはわかりますし、ゲームでストレス解消したいのも理解できます。でも私が妊娠トラブルで大変な時ぐらい、ゲームをやめてしっかりサポートしてくれてもいいと思うんです。

妊娠中のイライラは赤ちゃんにも良くないですから、私もそんな旦那にイライラを募らせないように努力するしかありませんでした。


無関心、無責任な行動に

妊娠中の体の変化や私にまで無関心な態度をとる、そんな旦那さんには、ほとほと困ってしまいますよね。

二人の子供なのになぜ?母親だけが苦しい思いをしなければならないの?父親は自由でいいよねって思ってしまう事も。

無関心な旦那にストレスを感じた体験談を読んでみて下さいね。

妊娠中に急に増えた旦那の怪しい「残業」と「休日出勤」

私は妊娠初期にとてもつわりが酷くて食事の準備が出来なくなってしまい、実母に手伝いにきてもらっていました。中期になりつわりが良くなったと思いきや、今度は切迫早産気味になってしまい自宅安静で本当に妊娠中ずっと実母にはお世話になりっぱなしでした。

当時狭い2DKに住んでいたため、実母に来てもらうとどうしても旦那とは鼻を突き合わすことになります。妻の母が家に居て気詰まりなのはわかるのですが、それは妊娠トラブルで動けないから手伝いにきてくれているのであって感謝すべきことです。

しかし旦那はだんだん怪しい「残業」だの「休日出勤」だのが増えていきました。しかもそんなときは必ずタバコのにおいをぷんぷんさせて帰ってくるのです。またカバンの中には駄菓子のようなお菓子がいっぱい。趣味のパチンコに勤しんでいることが丸わかりです。もちろんバレているよと嫌味を言っても、適当に誤魔化す旦那は子どもが生まれてからも態度は変わらず。

子どもは可愛がりますが、表面上だけで面倒を見るという気持ちはなく、もはや関係は冷め切っています。

妊娠中からため続けたストレスはその後も増すばかりで、子どもが小さいうちはATMとして働いてもらい、タイミングを見て三行半(離婚届)を突きつけようと企んでいます。

妊娠中に頻繁に一人で飲みにいく夫に腹が立った

初めての子供を妊娠した時に、最初の5月ぐらいまでは本当につわりが酷くて食事もまともに作れない程辛かったです。そんな時期に私が食事を作れないという事を理由に夫は週末の夜なども一人で飲みにいったりする事がありました。

妊娠中はただでさえ妊婦は大変なのに、一人でのんびり飲みにでかけるなんて思いやりの無さにめちゃくちゃ腹が立ちました。男は妊娠中のつわりのしんどさも、苦しさも何も感じる事が無いわけですから、私の苦しみにはおかまい無しです。

仕事が休みの週末ぐらい私に食事を作ってくれても良いはずです。他のマタニティ仲間のご主人なんか、つわりで大変な時もかいがいしく家事をしてくれたりしていたという話を聞くたびに、うちの夫のふがいなさを思い知らされました。

結局、出産後も子育てに積極的に参加してくれない役立たずの夫になっています。

たびたび夜飲みにでる行動にブチ切れそうになった

私が妊娠をしている時、なんとなく主人としては体を休めることが十分にできないと思っているらしいです。しかし私としては、つわりがあったり、体が重たいので気持ちの上でも手伝って欲しいことが多いのです。

そんな時、夜飲みにでるということが多い時には最初は我慢をしていましたが我慢をすることができなくなったことがありました。それは酔いすぎて、玄関で寝ていたことです。私としては、自分のことでせいっぱいなのです。それなのに、そんな迷惑なことをするなんて信じらません。

普通は、妊娠をしている妻のことを心配して家に行くことが多くなるのではないかと思うのです。その時、たびたび飲みにでるのは、ストレスがたまっているからでしょうか。その気持ちもわかりますが、そんなこともできない私の気持ちもわかって欲しいです。

妊娠中は、特に神経が敏感なのでそのことがたまりませんでした。

悲しい・・生まれてくる我が子に無関心の夫

産婦人科へ行くとエコー写真を毎回もらってくるので、それが楽しみなんです。我が子がどれほど成長したのか、異常はないかなと不安な気持ちで産婦人科へ行きますが、エコー写真を見るとほっとするんですよね。

お腹が大きくなりぽこぽこと動ている我が子を見て、とても幸せな気持ちになります。ですが夫はまったく無関心です。エコー写真を見てと言って渡しても、無言ですぐに私に返してきます。可愛いと思えないのかなと思います。

赤ちゃんの服やベビーベッドなどを買ってきて見せても、あまり興味がないようです。私は一緒に生まれてくる我が子のことを楽しみにしたり、写真を見て可愛いねと言ってほしいだけなのですが・・。夫は自分の身体に変化がないので父になるとう実感がわかないようです。

もともと子供が好きだという人ではないので不安になります。夫の態度を見ていつもストレスを感じています。

きちんとこちらの話を聞かない旦那にストレス

妊娠中は、ホルモンバランスの影響か食べ物の好みが変わったり、つわりがあったり急激な体重の増加があったりと体に様々な変化が起こります。

肉体的な変化よりもやっかいだったのが、精神的な変化です。

妊娠前は、くよくよ悩むタイプではなかったのですが、出産のことへの不安やつわりの辛さ、夜なかなか眠れないときに不安な気持ちでたまらなくなる時がありました。

そんな時は、旦那に話を聞いてもらいたいのですが、旦那は仕事で疲れているといって会社から帰ってからは、全然こちらの話を聞かないため、寂しさを感じていました。

しばらくは我慢していたのですが、不安な気持ちや寂しい気持ち、孤独感やこれからのことなど考えると頭の中がごちゃごちゃになって、一度旦那にすべてをぶつけてみたことがありました。

その時旦那は、私がこんなに思いつめていたことをはじめて知ったようで、それからは前よりも話を聞いてくれるようになり、私の気持ちも少し軽くなりました。

妊娠したのに私に興味なしなの!?

今振り返れば、男だし初めての子供だし、分からないことだらけだからしょうがないな、と思えるのですが、妊娠したとたんに態度が冷たくなって私や子供のことに興味なし、な態度をとられたこと。おそらく、びっくりしてどうしていいのか分からなかったんだと思います。でも、当時私自身は悪阻もひどかったので、色んな相談やサポートして欲しかったのですが、、。

例えば,家事を手伝うとか出産に必要なものを一緒に考えて買いに出かけるとか、辛いときは健診につきそってくれるとか、、、。

結婚しているのにまるで一人で子供を産む準備をしているかのようでした。極めつけは、一度もお腹を触ってくれなかったこと。多分、大きくなったお腹を直視したことも無いと思います。でも、いざ生まれてみると、凄く可愛がってくれています。ベタベタくっついて離れない位です。とりあえずは、許すことにしていますが。


旦那さんがあたえる妊娠中のストレスいろいろ

妊娠中は日常の様々な場面でストレスを敏感に感じることがあります。

男性は女性のように妊娠することが無いので妊娠中も子育てをしていると言う実感は無いようです。

女性が日々どのようなストレスに接しているのかもっと知って欲しいものですね。

これまで紹介してきた物の他にもまだあるので是非読んでみてください。

妊娠中女性の影には落胆

妊娠しますとスタイルが崩れます。

つわりもあって本当にしんどくて、表情も険しくなってお化粧も乱れてしまいがちなのです。

そんなときに、美しい女性の影を追いかける主人を垣間見ますと、落胆とさらなるつわりという悪い事が起こります。

妊娠は素敵なことです。

しかし、太っていることがメタボと言ってタブー視されている世の中ではウエストが太いことがとても負担になるのです。

妊娠中は除外されている事を知っていますけれども、スタイリッシュな衣装が着られないことに憤りを感じます。しかも、妊婦はしんどいのです。

底冷えして毎日悪寒におびえて暮らし、臨月には暑さに苦しんで過ごすのです。

しかも、最近は麻酔を使う事をタブー視する傾向があります。

出産で麻酔を使いたいといいますと、「危険じゃないの?」と言われます。

じゃああんた、手術を麻酔なしでやってみや!と言ってやりたい気持ちになります。

妊娠後期は靴下はけないのを理解してくれない夫でした

妊娠後期になってからお腹がかなり出てきたので、しゃがんだりするのも大変になりました。特に靴下を履くときは、お腹が邪魔になるので、かなり一苦労することになります。

夫は私が靴下はけないことに、イライラするようで早く履いて!出かけるぞ!と言った感じで、妊婦の辛さを理解してくれようと全くしないし、お腹が大きいこともあまり考慮してくれないので、何だか自分で辛く感じるようになりました。

妊娠後期になってから足の浮腫みもあり、靴を履くのも一苦労ですし、今まで経験したことないような体の変化を体感するようになったので、色々と自分でも驚くようになりました。

夫は私が靴下はけない様子を見ても手伝おうとしないし、かなりストレスを日常的に感じるようになりました。夫と結婚して良かったのか、何だか不安を感じるようになりました。

妊婦の温泉旅行は大変なので旦那は理解してくれない

夫が急に温泉旅行へ行こうと言い出したけど、妊婦の温泉旅行はお腹も大きいし、かなり動くのも大変なので、とても辛く感じることがあります。夫は温泉に入りたいようですし、産後はなかなか旅行へ行けないので色々と企画してくれるのは嬉しいですが、私は妊娠後期になってから足の浮腫み、お腹が大きくなって動くのも辛くなってきたので、身軽に動けなくなってきたのは辛いなと感じる機会も多くなりました。

なので、その辺をきちんと夫にも話しましたが、あまり理解してもらえず温泉旅行に。

予約したようですし、かなりストレスを普段から感じるようになりました。

妊娠後期になってから活用範囲が狭くなり、普段から足の浮腫みなど今まで感じたことがないような体の変化を感じるようになったので、日常生活も大きく変化したのを感じるようになり、夫に理解してもらいたいです。

趣味優先する主人に呆れていました

私の主人は、魚釣りが趣味です。そのため、その趣味があることはとても良いことだと思ってしました。しかし妊娠をしてからは、少し控えるのかなとも思っていたのです。それは釣りに行く回数のことです。しかしそのことは、全く変わりませんでした。しかも、私がつわりで具合が悪い時等も関係なく、釣りに行くのです。

そのことは決まっているのでと言って、行っていました。

ほかの人たちが気にして、行くことを止めることもありましたが主人はそんな気持ちはないのです。関係なく出かけて行きました。

そして最も辛かったのは、その釣りをした魚をもって帰る時です。その時、つわりで気分が悪い時だったのでいい加減にして欲しいと思いました。生臭い匂いは、最悪です。

そして料理までさせられました。その時は、本当に信じられない人だと思った事でした。趣味優先にも、程があると感じています。

頼りない夫にイライラさせられていました

夫はとても優しく温和な性格なのですが、私が妊娠してからはちょっと私がお腹が痛いとか、つわりで吐き気が続くとかそういった問題が起きた時に、目が当てられないぐらいにおどおどしてしまってとても頼りないなと感じることが多かったです。

やはり男性なのだし夫なのだから、もっと頼れる存在でドンと構えていて欲しかったです。ただだえさえ妊娠中は心細いのに、そこへもってきて夫が頼りない存在だとますます不安が募ってしまうのです。

やっぱり男は男らしく守ってもらえないと不安です。

産気づいた時にも、私よりも取り乱している夫をみて、だめだこりゃって正直思ってしまいました。

子供が生まれたら、それこそ一家を支える大黒柱になってもらわなければいけない夫なのに、こんなに精神的にも支えにならない頼りない夫なのは将来的にも不安が大きいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存