妊娠中のヘアカラーって本当に大丈夫!?注意すべきこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

こんにちは^^

1歳の息子を育てている、1児のママです!

今まで何も考えずに普通にやってきた生活でも、妊婦さんになるとお腹の赤ちゃんへの影響を考えなければならなくなりますよね?

その中でも1度は悩んだことがある「妊婦中のヘアカラー」について今回はご紹介したいと思います!

妊娠中って今までどおりヘアカラーって、大丈夫?

ヘアカラーで注意すべきことは?

お腹の赤ちゃんへの影響ってあるの?

など、気になる疑問にお答えしていきます!!

参考にしていただければ幸いです(^ ^)


妊娠中のヘアカラーって本当に大丈夫!?注意すべきこととは?

妊娠中のヘアカラーは大丈夫!?

何と言っても、1番知りたいのはこのタイトルの答えですよね?

結論から言いますと…

「大丈夫!問題ないです!!」

医学的にヘアカラーの薬剤が頭皮に浸透して、お腹の赤ちゃんに影響するということは考えにくいことなのです。

その① ヘアカラーで注意すべきこととは!?

◇市販で売っているカラー剤の使用はやめましょう

市販のものは、美容院で使っているカラー剤よりも刺激が強いと言われています。

妊娠中で肌が敏感になっているので、何かしらの症状が起こる可能性があります。

刺激が弱い・妊婦さんに配慮したカラー剤を使用する

美容院によっては、刺激が弱いカラー剤を取り扱っているところもあります。予約時にカラー剤を取り扱っているか聞いてみてから行ってみましょう!

というように、妊娠中はホルモンバランスの影響で肌がとても敏感になっています。

それを考慮した上で、ヘアカラーを行ってくださいね♪

その② ヘアカラーで注意すべきこととは!?

ヘアカラーをするなら、美容院ですることをおすすめします!

もちろん美容院でも注意すべきことがあります。

妊娠中ということを事前に伝える

洋服を着ているとお腹が目立つに、妊娠しているか分からない場合もあります。

ですので、あらかじめスタイリストさんに妊娠していると伝えておくと配慮してくださるので、とてもいいですよ!

トイレを我慢しない

ヘアカラーって平気で2時間かかる時もあります。

妊娠中ってトイレが近くなりがちです。それを我慢してしまうとお腹の赤ちゃんに負担をかけてしまうので、遠慮しないでトイレには行きましょう!

時々体勢を変えさせてもらう

普段の時でもずっと同じ姿勢ってつらいですよね?

妊娠中はもっと大変なはずです…

血液の循環が悪くなってしまうので、赤ちゃんへの影響が少し心配になります。

おしりの位置を変えさせてもらったり、少し立ち上がったり歩いたりさせてもらっちゃいましょう!

症状が起こることも

ホルモンのバランスが影響して、かゆみ・頭皮の痛み・かぶれなどを起こす場合があります。少しでも異変を感じたら、伝えましょう。

また、カラー剤が入りにくいこともあります。事前に知っておくといいですね♪


美容院に行った時のプチ情報

◇座っている時に、足を上げ下げして血行を促しましょう

◇シャンプー台に乗ったら膝を立てると楽な場合も

◇心配する気持ちよりも、リラックスする気持ちを高めましょう

長時間になりますので、少しでも自分の体とお腹の赤ちゃんのことを考えて過ごしましょう♪

美容院に行くとは気分転換にもなりますよ(^ ^)


まとめ

いかがでしたでしょうか?

どうしてもヘアカラーをやりたいのであれば、つわりの時期を避けて、できるだけ体調がいい時に行きましょう♪

妊娠中だっておしゃれはしたいですよね(^ ^)

お腹の赤ちゃんに影響がないものの、妊婦さん自体に影響が出ることもありますのでそれだけは気をつけましょう!

私もお腹がとっても大きい時に美容院に行きましたが、妊娠中だと伝えるとスタイリストさんもとても気を使ってくださり安心して終えることができましたよ♪

子供が産まれるとなかなか自分の時間が取れないので、妊娠中に行くのも一つの手でもありますね☆

素敵なマタニティーライフをお過ごしください(^ ^)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ