妊婦がペットを飼う時に気をつけたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ペットはとっても癒される存在ですよね。

一緒に暮らしているとどんどん大切な存在になり、家族同然になります。

しかし、妊婦 が ペット を飼うことで、ペットから人へ感染する病気になる可能性が高まるリスクもあります。

妊婦はお腹の赤ちゃんに影響が出ないよう投薬に制限があるため、出来れば事前に対策をし、感染を防ぎたいですよね。

ここでは、妊婦がペットを飼う時に気をつけたいことをご紹介します。


妊婦がペットを飼う時に気をつけたいこと

妊婦がペットを飼う時に気をつけたいこと

妊婦がペットを飼う時に気をつけたいことが病気の感染。

妊婦中に感染したことが原因で、赤ちゃんに何か影響が出ないか不安になりますよね。

今まで知らなかったような感染症が、実は身近なペットからうつるものだったりします。ペットからうつる感染症をご紹介します。


トキソプラズマ症

トキソプラズマ症は、猫やまれに犬にも宿っている「トキソプラズマ」と呼ばれる寄生虫が原因で感染します。

「トキソプラズマ」は猫のフンから感染することがほとんどです。

フンをしてから1日以上経たないと人には感染しないため、こまめに掃除をしていれば問題ありません。

大事を取って、妊婦の間は猫のトイレ掃除を家族の人に代わってもらうのもいいですね。

トキソプラズマ症は、通常の大人に感染した場合、軽い風邪の症状や何もない状態がほとんどです。

ですが、妊婦が初めて感染してしまうと、胎盤を通して赤ちゃんに感染し、先天性トキソプラズマ症になってしまう恐れもあります。

赤ちゃんへの影響は以下の通りです。

  • 低出生体重
  • 水頭症
  • 頭蓋内石灰化
  • 精神・運動機能障害

妊娠初期に初めてトキソプラズマ症にかかった場合は、赤ちゃんへの感染率は低いものの、重症化し、流産になってしまうこともあります。

すでに猫を飼っている妊婦の方は、トキソプラズマに抗体があるかどうか検査をしておきましょう。

産婦人科で数千円で抗体検査が出来ますので、心配な方はぜひ受けてください。


鳥クラミジア症

鳥から人に感染する病気のひとつに「鳥クラミジア症」というものがあります。

一般的に「オウム病」と呼ばれ、人間が感染すると1~2週間の潜伏期間を経て、急激な高熱とせき・たん、頭痛などインフルエンザのような症状が表れます。

ひどくなると肺炎や気管支炎などに発展する場合も。

最悪の場合、呼吸困難や意識障害、髄膜炎や心筋炎といった重篤になるケースもあるので注意が必要です。

鳥クラミジア症はインコやオウムなどの分泌物や乾燥して舞い上がったフンを吸いこんでしまうことで感染します。

必要以上に密接にならず、フンの処理をこまめに行い、ペットに触った後は手洗いをするなどで対策出来ます。

感染しても医師の診察を受け、抗生物質をきちんと投与することで完治します。


妊婦中のペットのお世話で気をつけること

犬や猫ならば、まずは健康診断を受け、ワクチン接種をしましょう。

また、ノミやダニ予防も忘れずに。

ブラッシングをこまめにし、トイレや部屋を綺麗に保ちましょう。

フンには寄生虫がいる可能性もあるため、出来れば他の人に処理をしてもらいましょう。

どのペットでも飼育場所は常に綺麗にしておき、ペットを触った後は必ず手洗いをします。

また、過度な接触を避けることで、感染症のリスクを減らすことが出来ます。

カーテンや布団などにはペットの毛が付着しやすいです。

ぜんそくや気管支炎の原因にもなりますので、こまめにお手入れしましょう。


突然の入院に備えて

臨月に入ると、いつ出産があるかそわそわしますよね。

出産だけでなく、急な体調変化で入院を余儀なくされる場合もあります。

そんな時のために、大事なペットを預ける場所やお世話してくれる人を考えておきましょう。

【関連記事】

赤ちゃんとペットが一緒に暮らすために気をつけたいこと

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ