足のむくみに悩まされる妊婦さんへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

つらいつわりから開放され、お腹がぽっこり目立ち始める頃の安定期に、マタニティライフを楽しもうと思ったら今度は 足のむくみ に悩まされるなんて、つらいですよね。

なんで 妊婦 はむくみやすいのでしょうか。

原因を探って見ると、思い当たることがあるかもしれませんよ。


なぜむくむの?原因は?

むくみとは、体中を流れる血液やリンパの流れが悪くなって、滞るために起きます。

現在はキャリアウーマンが増加し、デスクワーク、立ち仕事をされる女性が増えました。男性より血液を送り出す筋肉が少ない女性は、よりむくみやすいと言えますが、妊婦さんはその女性の中でも、さらにむくみやすいようです。

主な原因として、下記のようなことが考えられます。

運動不足

元々むくみやすい人は、運動不足だったり、冷え性だったりする人が多いのですが、妊婦さんも大きなお腹を抱えての行動になるので、ついつい運動不足になりがちです。ジムに通う必要はありませんが、血液を送り出す役目をしてくれる筋肉が衰えてしまうので、意識して動くようにしないと、出産時に困ることもあります。

塩分の取り過ぎ

ホルモンの影響で、体の水分や塩分(ナトリウム)が体の中に溜まりやすくなっていることも原因ですが、つわりなどの影響で、食事が偏ったり、ファーストフードなどの食べすぎなどが原因になることがあります。

妊娠中は「アレが食べたい!」と食べ物が頭に浮かぶことがあるので、気持ちは分かりますが、ほどほどに。

体の冷え

妊娠中は体温が普段より上昇するするため、暑がりになりやすいです。特に、夏の妊婦さんは大変。重たく、熱い体を抱えてふぅふぅされている方を見かけたことがありますが、お腹を出して、裸足にサンダルはむくみの原因にもなります。蚊に刺されることを予防する上からも、靴下を常に履かれることをおススメします。

むくみ予防に、体のナトリウムを排出してくれる効果がある、カリウムを多く含む食べ物を食べるのはむくみには効果的ですが、スイカやキュウリなどの夏野菜は、体の冷えもまねきますので、食べ過ぎにはご注意を。

衣服の締め付け

最近のマタニティウェアはとてもお洒落ですよね。後ろから見ると妊婦さんとはわかりません。

お腹の部分が腹巻のようになったジーンズなどもありますが、マタニティウェアだからといっても、多少の締め付けはあります。むくみもなく、締め付け感もなく快適という方は結構ですが、ワンピースの方が楽という方は、多少の締め付けが、体にとってストレスになっている場合があります。むくみがある場合、今着ているウェアよりもゆったりとしたものを選んで見ると、むくみが楽になる可能性もありますよ。

体重増加

赤ちゃんが大きくなっていき、子宮内部の羊水も増え、子宮はどんどん大きくなり、体重も増えていきます。

すると、足の付け根にある血管やリンパ節を圧迫することになり、下半身に血液やリンパ液がたまるので、足がむくみやすくなってしまいます。


怖い妊娠中毒症にならないためにも予防を

必要以上に体重を増やすことは、体への負担も大きく、妊娠中毒症という怖い症状を起こしやすくなってしまうので、こまめに体重を量ってチェックをすると、食べすぎ予防につながります。

第二の心臓と呼ばれる、ふくらはぎの筋肉がある方は、足のむくみが楽な傾向にあるようですので、軽いウォーキングを気分転換の散歩がてらにされると、運動不足解消となり、下半身に溜まった血液を上へと送り出しやすくなります。

外に出られなくても、立った状態でなるべく膝を上に上げて、その場で足踏みをするだけでも違います。

着圧ソックスを利用するのも手ですし、足のリンパの流れに沿ってのマッサージも効果的です。ただ、自分でマッサージしたり、靴下を履くのは体勢的に大変という方は、パートナーにお願いして。無理は禁物です。


まとめ

妊婦はむくみやすいものだから、と何もしないでいると、思わぬ症状が出てくることがあります。

カラダの訴えに耳を傾けて、ストレスを感じない程度に、改善方法を探してみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存