妊娠中のストレスあるある旦那編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠中 は、ホルモンの影響などで、普段に比べて情緒が不安定になってしまう方も多いものです。

中でも、妊娠中に感じる ストレス の原因で必ず上位に入るのが旦那の存在です。

今までは気にならなかったことが妙に気に障ったり、旦那 の心無い言動にイライラが溜まったり……。

そんな妊娠中のストレスあるあるをご紹介します。


スポンサーリンク

妊娠中のストレスあるある旦那編

妊娠中は情緒不安定になりやすい!?

「妊婦さん」と言うと、世間一般では「お腹に手を当てて優しげに微笑んでいる」というような、幸せオーラ全開のイメージがあるかと思います。

しかし、実際には、妊娠中は情緒不安定になりやすい時期と言えます。

妊娠すると、女性の体の中ではホルモンのバランスが大きく変わります。

このホルモンバランスの急激な変動が、妊娠中の情緒不安定の一因になっていると考えられています。

また、出産への不安、将来設計への不安、妊娠による生活上の制限(カフェインやアルコールの摂取制限、運動制限など)、退職・休職などによる社会との隔絶、生活環境の変化など、さまざまな要因が重なり合うことで、ストレスを溜め込んでしまう方も少なくありません。


旦那にイライラしてしまう理由とは?

もともと生理的にも情緒不安定になりやすい妊娠中ですが、本来は信頼すべきパートナーであるはずの旦那に対してイライラしてしまうのは何故なのでしょう?

妊娠経験のある女性たちに尋ねてみると、旦那にイライラする一番の理由は、妊娠や出産に対する男性と女性の感じ方・向き合い方の温度差にあるようです。

妊娠によるさまざまな体調の変化や、出産・育児への不安を「当事者」として背負っている女性に対して、男性はあくまでも「傍観者」の立場であるため、同じ温度で悩みや不安を共有しづらいというのが、妊娠中の女性が旦那にイライラしてしまう大きな原因と言えます。

「自分は体調も本調子でなく、自由に遊びに行くことも、ばりばり仕事をこなすこともできないのに、旦那はこれまでと変わらない生活を送っている」という不平等感が、妊娠中の女性たちをイラつかせてしまうのです。


妊娠中のストレスあるある旦那編

ここで、妊娠中の女性たちが旦那に対して感じやすいストレスあるあるをご紹介します。

家事や育児を手伝ってくれない

あるあるの中でもかなり上位にランクインするのが、旦那が家事や育児を手伝ってくれないことに対するストレスです。

つわりやさまざまなマイナートラブル、そして次第に大きくなるお腹によって、今まで通りに家事や育児をこなすのは大変という妊婦さんも少なくありません。

そんな時、自分は身重な体で一生懸命働いているのに、それを横目に旦那はソファに寝転んでテレビを見たりスマホを触っていたりしたら、当然のことながらイライラしてしまいますよね。

家事や育児に無関心な旦那は、妊娠中の女性にかなりのストレスを与える存在と言えるでしょう。

デリカシーのない発言をする

妊娠中はつわりなどで、日中も横にならざるを得ないことが珍しくありません。

つわりが辛くて休んでいるのに、「毎日ごろごろ寝てばかりいて楽そうだね」などとデリカシーのない発言をされてイライラしたという意見も多いようです。

また、妊娠中期や後期に差しかかると体重が増え、ふくよかな体型になる妊婦さんも多いですが、そういった妊娠に伴う外見上の変化に対して「太った?」「ブタみたい」などの心ない発言をされ、深く傷ついたという方もいるようです。

ただでさえデリケートになりやすい妊娠中なのですから、不用意な発言には十分に気をつけてもらいたいものです。

自分勝手な行動をする

妊娠によってさまざまな行動が制限される女性に対し、男性は肉体的には何の変化にも晒されません。

そのため、つい、妻が妊娠する前と同じような行動をとってしまい、顰蹙を買うというケースも良く耳にします。

自分がつわりで寝込んでいる時も趣味の集まりに出かけてしまった、目の前でお酒を美味しそうに飲む、一緒に外を歩く時こちらのペースに合わせてくれず一人ですたすた先に行ってしまうなど、妊娠中の女性に対して思いやりが感じられない自分勝手な行動が、女性たちにとってストレスの原因となっているようです。

ストレスが溜まった時の対処方法とは?

ストレスが溜まったときは、自分の中に溜め込まず、旦那にありのままの気持ちを伝えることが大切です。

育児や家事が辛いときは相手にも分担してもらう、デリカシーのない発言で傷ついていることを知ってもらう、親になる自覚を持ち自分勝手な行動は控えてもらうなど、1つずつでも気になる点を改善していきましょう。

また、妊娠中は自分自身も情緒不安定になりやすいということを前もって理解していれば、そうでない場合に比べて、ストレスを感じた時も「一時的なもの」と冷静に受け止められるはずです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存