妊娠線予防にオススメのクリーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊婦さんならだれでも気になる妊娠線。

悩む前に、できることなら 妊娠線予防 をしていきたいものです。

妊娠線ってそもそも何?どういうもの?どうしたらできないようにするの?いつから?などの疑問はありませんか。

そういったことをまとめていきたいと思います。


スポンサーリンク

いつからどうする?妊娠線予防

妊娠線って何?

妊娠すると、お腹が徐々に大きくなっていきます。

特にお腹が急激に大きくなってくる頃から、皮膚が引っ張られることによって亀裂のような線が生じてしまうことがあります。

これを一般的に妊娠線といいます。

色は赤紫色だったり茶色だったり黒ずんだり、個人差や程度によって違います。

ひどくなると、外見からぼこぼこして見えることもあります。

時間の経過や産後、この筋状の線は白っぽく変化しますが、消えることはなく、一度できてしまうと元に戻ることはないとされています。


どのあたりにできやすい?

妊娠線の多くは、下腹部あたりにできやすいです。

お腹が大きくなっている時期だとちょうど見えにくい位置になるので鏡などでチェックすると良いでしょう。

また、人によっては太ももや乳房あたりにできることもあります。

太ももや乳房は放射線状にできることが多いようです。

自分の場合は、下腹部を中心にケアを行っていましたが、出産後、まさかの脇の下に妊娠線が出来ていることに気付いてショックだった経験があります。


妊娠線予防はいつから?

妊娠初期以降、つわりが終わってたくさん食べられるようになった妊娠4ヶ月あたりから妊娠線が出やすいと言われています。

そのため、そのあたりから妊娠線が出ないようにできることをしましょう。


妊娠線ができないために予防

妊娠線がもしもできると、かゆみが生じることがあります。

かゆいからといってむやみにかいたり、最低でもかきこわしてしたりしてしまうことがないようにしましょう。

これによって、症状が悪化することがあります。

妊娠線ができないためにまずすることは、「乳液やクリームなどでお肌を柔らかくすること」「太り過ぎないようにすること」「バランスの良い食事を心がけること」が大切です。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れて皮膚がかさついたりかゆくなったりしやすいので、皮膚をしっとりとさせて伸びやすい状態をキープすることが妊娠線予防の鍵になります。

また、体重も急激に増えると太ってそれだけ皮膚が引っ張られて妊娠線ができやすくなります。

体重の増加は7~12kgまでとされていますので、なるべくその範囲で抑えましょう。


お勧め妊娠線予防クリーム

妊娠線予防には、まずは保湿。

市販の乳液やクリームでも悪くはありませんが、できるだけお肌に負担のかからない無添加のものやオーガニックのものがお勧めです。

そして、妊娠線予防専用のクリームだと伸びも良く、お腹の赤ちゃんにも安心安全な成分が使われており、安心して使用できます。

もしも余っても、産後や赤ちゃんのスキンケアにも使えて一石二鳥です。

ここでは、たまごクラブや赤すぐなどの雑誌でも多数紹介されている、妊娠線ケアクリームを2つご紹介いたします。

スキンクリームマドンナプラス

スキンクリームマドンナプラス160g お徳用(妊娠線ケアクリーム)
「マドンナ 妊娠線」と検索すれば、ホームページを見ることができますし、そちらから購入も可能です。

詳しい成分や使用方法が書かれているので、参考になります。

こちらはオーガニックにこだわっており、90%がオーガニック成分だと書かれています。

市販のものでも、オーガニックをうたった製品はありますが、含有量が10%だった、ということもありますので、肌に優しい、オーガニックにこだわる方にはお勧めです。

サンプルもありますので、手軽に試すことができます。使用感は、とても肌に優しく、レモン系の優しい香りに癒されます。

伸びもとても良く、クリームというだけあって、とてもしっとりした感じがあります。

ナチュラルサイエンス ナチュラルマーククリーム

2本セット】ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム妊娠線対策120g×2セット/Natural MarkCream120G×2Set/妊娠纹预防2瓶套装
ナチュラルサイエンスというメーカーが出している、妊娠線予防専用のクリームです。

価格も手頃で無香料無添加、乳液のように伸びがとても良く、使用しやすいです。

こちらも無料サンプルがありますので、興味のある方は一度取り寄せてみるといいでしょう。

たっぷり使いたい方にはポンプタイプのお徳用も用意されています。

こちらもお腹だけでなく全身に使用できます。

カタログを取り寄せたり専用サイトを見たりすると、より詳しいことが載っていますので、参考になります。


まとめ

妊娠線はできてしまってからは遅いです。

妊娠線を作ってしまった人はよく、「もっと早くケアしておけば良かった」というコメントを寄せています。

妊娠中毒症予防も兼ねての体重管理、妊娠線ケアクリームで早めの予防を心掛けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存