妊娠中に注意しなくてはいけない食べ物とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠中に注意しなくてはいけない食べ物とは?

vegetables

妊娠すると、食べ物にもちょっとした注意が必要になってきます。

赤ちゃんと母体の栄養になるものなので、食べ物に関しては気になるところ。

今回は、妊娠中に食べる前に注意しなくてはいけない食材についてまとめてみました。


「トキソプラズマ」に感染注意の食材

meat

ユッケや生ハム、レアステーキ、レバ刺し(馬刺しや鳥刺しなど)の加熱が不十分な肉は要注意!

トキソプラズマは、健康な人が感染しても全く問題ありませんが、妊婦が初めて感染してしまうと、胎盤を通して赤ちゃんも感染してしまう可能性があります。

その場合、赤ちゃんまで感染する確率は50%ほど。赤ちゃんが感染してしまうと、流産・死産に繋がるほか、脳や目などに障害をきたす水頭症が引き起こされることがあります。

妊婦さんが感染した際の症状としては、軽い風邪のようなもので気付きにくいのですが、血液検査で早期発見できれば、赤ちゃんに感染する前に治療が出来ます。

また、妊娠前に感染していれば抗体が作られていますから、心配はありません。不安ならば、検診の際に検査を受けると安心できますよ。

トキソプラズマとは

単細胞の寄生虫の一種。土の中にもいるごくありふれた生物で、家畜の肉や猫の糞などにいることがある。


「水銀」の過剰摂取注意の食材

sushi

本マグロやメバチマグロ、インドマグロ、マカジキ、メカジキ、クロカジキなどのマグロ類(加工食品も含む)のほか、金目鯛などの深海魚には要注意!

魚介類には良質なたんぱく質やDHAが含まれているので、ヘルシーな食材として認知されていますが、妊娠中には種類をよく吟味する必要があります。

ポイントは、自然界にある「メチル水銀」と呼ばれる成分の含有量。

大型の魚は、食物連鎖の影響でこの「メチル水銀」が多く含まれているのです。

水銀と言っても、普段摂取する程度には栄養価もあり、身体に取り込まれても徐々に排出されるものなのですが、お腹の中の赤ちゃんには、この排出機能がありません。

蓄積すると神経障害や発達障害を持つ危険がありますので、妊娠初期には特に注意して、魚料理は週に1~2回程度に抑えるようにしましょう。


子宮収縮作用注意の食材

spices

ウコン(ターメリック)、サフラン、バジル、パセリ、シナモンなどのスパイスには要注意!

つい辛いものを食べたくなる妊婦さんって、私の周りには結構いるのですが(私もそうでした)、香辛料やハーブには過剰摂取をすると流産や早産を引き起こすものがありますので、摂取量には注意しましょう。

シナモンなどは、スイーツのフレーバーとして多用されているので、含まれていないかどうか確認しましょう。

スパイスや香辛料は全くだめというわけではありません。

本場のインドカレーやキムチ鍋、パエリアなど、香辛料をふんだんに使った料理は少し避けておく、程度で構いません。

悪阻や胃のつかえ感などで、食欲が落ちているときなどは、適度な量をうまく使いましょう。ですが、「張り」があるときは避けるのが無難です。


最後に

妊娠中の食事では、紹介したほかにも、例えばヨウ素やビタミンAなどの栄養多過を避ける、生卵は避けるなど、たくさんの条件があります。

でも、正直100%完璧な食事なんて毎日摂るのはほぼ不可能!

大切なのは、食材が持っている利点・欠点を知って、賢く選び取ることです。

お母さんの栄養が赤ちゃんの栄養になりますから、不安になることもあるでしょうが、基本はバランスの良い食事です。

「摂取を避けるべき食品は避け、必要な栄養源は適量摂る」を念頭に置いて、頑張りすぎずにマタニティライフを楽しんでくださいね。


まとめ

妊娠中に注意しなくてはいけない食べ物とは?
「トキソプラズマ」に感染注意の食材
「水銀」の過剰摂取注意の食材
子宮収縮作用注意の食材
最後に

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ