妊娠中にひかえた方がいい食べ物その理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊娠中にひかえた方がいい食べ物その理由とは?

ninnsinn-syokuji

妊娠中 の体は、普通の状態とは異なります。

妊娠前は普通に食べていた食材も、妊娠中はなるべく控えた方が良いとされるものがあります。

母体と赤ちゃんの健康を守るためにも、妊娠中には 注意すべき食べ物 をしっかり把握しておきましょう。


生の魚介類

刺身や寿司など生の魚介類を使った料理は、食中毒を起こす危険があるため、免疫力が低下する妊娠中はなるべく避けた方が賢明です。

特に牡蠣などの二枚貝は、ノロウィルスという強力なウィルスを持っている場合があるので危険です。

どうしても食べたい場合は、しっかりと火を通して食べるようにしましょう。

また、魚介類の中でも人気のマグロには、メチル水銀が含まれています。

通常、メチル水銀は便と一緒に少しずつ体外に排出されるので、大人が食べる分にはほとんど害はないとされていますが、妊娠中にメチル水銀を大量に摂取すると、胎児の神経系の発達に影響を及ぼす危険があるということが分かっています。

他にも、キンメダイやメカジキなど、魚の種類によっては摂取量に注意が必要なものもありますので、魚介類を食べる際には少し気にしていただければと思います。


生肉

豚肉や牛肉、鶏肉などをそのまま生で食べる人はあまりいないかとは思いますが、生肉にはO-157やトキソプラズマといったウィルスが付着している危険性があるため、妊娠中は特に避けるべきです。

中でもトキソプラズマは、豚や羊、鹿、ネコなどの糞にいる寄生虫で、免疫を持たない妊婦が感染すると、胎児に先天性トキソプラズマ症が残る可能性があるとされています。

飼い猫を触ったくらいで伝染ることはまれですが、トキソプラズマが付着した生肉をそのまま口にすれば、10%~70%の割合で感染するともいわれています。

患者本人にはほとんど症状が現れないため、胎児に異常が起こってから、初めてトキソプラズマへの感染に気づくケースも少なくありません。

大事な我が子に一生の障害を残してしまわないためにも、妊娠中の生肉は控えていただければと思います。


生卵

卵の殻には、食中毒の原因となるサルモネラ菌がついている場合があります。

卵かけご飯など、卵を生で食べる場合、知らず知らずの内にサルモネラ菌が混入し、嘔吐や腹痛、下痢、発熱などの中毒症状を引き起こす危険があります。

先にも挙げたように、免疫力が低下している妊娠中は、少しの菌であっても感染する可能性があるため、卵かけご飯のような生卵料理はできるだけ控えた方が安全でしょう。

生卵を扱う際には、新鮮で清潔な卵を購入する、卵に触れた手はこまめに洗う、殻にひびが入っていないかを確認する(ひびが入っていた場合は食べずに捨てる)などのポイントに気をつけていただければ、安全性をより高めることができます。


ヨウ素を含む食べ物

海藻類などに含まれるヨウ素を妊娠初期に過剰摂取すると、胎児に悪影響を及ぼすことが分かっています。

海藻類と聞くと、体に良い食べ物というイメージがありますが、妊娠中は食べ過ぎないように注意をした方が良いでしょう。

同じ理由で、ヨウ素が含まれるうがい薬なども、妊娠中はできるだけ使用をひかえた方が良いと考えられています。

他にも、コーヒーやカフェインの含まれる栄養ドリンク、アルコールなど、食べ物以外にも妊娠中にひかえた方が良いものは多々存在します。

カフェインの入っていないルイボスティーはオススメですよ。

ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ 3g×100個入

「これくらいなら大丈夫かな」と思って口にしてしまったものが、後々胎児に重大な影響を与える可能性も決してゼロではないため、妊娠中はできるだけ安全・安心な食材を選んで食べるようにしてください。


まとめ

妊娠中にひかえた方がいい食べ物その理由とは?
生の魚介類
生肉
生卵
ヨウ素を含む食べ物

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存