妊娠超初期におりものが変化する?生理前と違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠すると、身体に様々な変化が訪れます。

妊娠検査薬でも反応が出ない時期の 妊娠超初期 でも、身体に変化があることがあります。

生理前のおりものがいつもと違っていたら、もしかしたら妊娠しているかもしれませんよ。

ここでは、妊娠超初期で起こる おりもの の変化についてご紹介します。


妊娠超初期でおりものが変化?生理前との違いは?

おりものって何?

おりものは子宮や膣、汗腺など性器から出る分泌物が混じり合った液体のことです。

子宮内膜や子宮頸管の分泌物や、古い細胞が集まった粘液、皮脂腺・汗腺からの分泌液などで出来ています。


おりものの役割

おりものは女性特有の分泌物です。

大半の女性はおりものを不快に感じているようですが、人によって量や状態に個人差があります。

多くの方が不快と感じているおりものですが、おりものって女性の身体を守ってくれているってご存知ですか?

自浄作用

 膣内を酸性に保つ作用があり、細菌が膣から入ってくるのを防ぐ役割があります。

 また、細菌や病原体を外へ排出する機能もあります。

受精のサポート

 排卵期に酸性からアルカリ性に変化し、精子が子宮に辿り着けるように受精のサポートをします。


おりものの周期

おりものは、自浄作用と受精のサポートという2つの異なった役割を果たすため、生理周期によって量や状態が変化します。

段階ごとに変わっていくおりものについてご紹介します。

卵胞期(生理直後から排卵まで)

生理の直後はおりものは少し白っぽく、水のようにサラサラとした状態です。

これは体内への細菌などの侵入を防ぐためです。

この時期の子宮は、細菌の侵入を防ぐために酸性の状態が保たれています。

しかし、排卵期が近づいてくると精子を酸性から守るために粘り気を帯びてきます。

とろみが出てきて少しずつ量が増えていきます。

排卵期(排卵前後)

おりものの色は透明ですが、量がぐっと多くなります。

とろみがあり、精子が子宮内へ進みやすい状態になります。

酸性だった膣内がアルカリ性に傾き、受精しやすくなります。

黄体期(排卵後から生理前)

おりものの量は排卵後にピークになりますが、黄体期が後期に入り、生理が近づいてくる頃になると、段々減少していきます。

色は透明から白っぽく濁った色になり、サラサラとした水っぽい状態に変化します。

また、細菌の侵入を防ぐために膣内が酸性へと戻っていきます。

これは、生理前の排卵が終わり、受精のサポートをする役割を終えたためです。


妊娠超初期のおりものってどんなもの?

女性は、受精卵が着床すると体内のホルモンバランスが変化します。

その結果、おりものの量や色、状態が変わると考えられています。

もし、生理前のおりものにこんな変化があったら、それは妊娠超初期症状かも知れません!

おりものの量が増える

排卵が終わって生理になるまでの時期は、おりものの量は減っていくのが一般的です。

ですが、妊娠するとおりものの分泌が増えることがあります。

おりものが水っぽくなる

妊娠によるホルモンバランスの変化により、おりものが水っぽくなることがあります。

茶色っぽいおりものが出た

妊娠すると透明または白濁色のおりものが茶色っぽくなることがあります。

これは、妊娠の兆候の1つである「着床出血」がおりものと混じった可能性があります。


こんなおりものには注意

おりものの状態や臭いがいつもと明らかに違う場合は、感染症にかかっている恐れもあります。

その場合は病院で検査を受けましょう。

  • おりものの色が真っ黄色や緑いろ、黄緑色、灰白色
  • 魚が腐ったような臭いや嫌な臭いがする
  • おりものがカッテージチーズのような白くポロポロした状態
  • おりものが細かい泡状になっている

上記のような状態の場合、感染症の疑いがありますので、病院を受診しましょう。


普段からおりものの状態をチェック!

おりものは身体の状態を知らせてくれるサインです。

普段からおりものの状態を把握しておくことで、些細な変化に気付きやすくなり、それが妊娠を見つけやすくすることに繋がります。

妊娠超初期状態かも?と思って、あまりに早く妊娠検査薬を使用しても反応が出ないこともあります。

生理予定日から1~2週間経ってもまだ生理が来なかったら、妊娠検査薬を使用しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ